Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
7・8月の読書本
a0118928_23043231.jpg

71.『戦略的心理療法』J.ヘイリー著
72.『音楽療法の手引』松井紀和編著(再読)
73.『音楽療法の実際』松井紀和編著(再読)
74.『あなたの心配ごとを話しましょう ー響きあう対話の世界へー』トム・エーリク・アーンキル、エサ・エーリクソン著
75.『いのちの最後の授業』カンポン・トーンブンヌム著
76.『3歳からのアドラー式子育て術「パセージ」』清野雅子、岡山恵実著
77.『人間関係にあらわれる未知なるもの ー身体・夢・地球をつなぐ心理療法ー』アーノルド・ミンデル著
78.『ことばと身体』尼ヶ崎彬著
79.『言葉と無意識』丸山圭三郎著
80.『よくわかる最新医学 乳がん』山内英子著
81.『いのちの食卓』辰巳芳子著
82.『考えることの科学 推論の認知心理学への招待』市川伸一著
83.『霊性の時代 これからの精神のかたち』加藤清、鎌田東二著
84.『気の人間学』矢山利彦著
85.『続 気の人間学』矢山利彦著

****************


久しぶりの更新です。
ゆっくりとPCに向かってブログを書き、掘り下げていきたいことはたくさんあるのですが、なかなか時間が取れずにいました。

7・8月も、本との出会いが面白かったです。
特に、丸山圭三郎『言葉と無意識』からの、市川伸一『考えることの科学』。
本を読んでいるといろいろなレベルの文章に触れますが、中でも言葉と文章表現を巧みに使い分けながら、精緻さの極みの中で結論へと昇り詰めていくものに出会うと、あまりに鮮やかで唸ってしまうことがあります。
巻末の著者の略歴を見ると、大抵それを著した人は、私が出会った中ではなぜか東大の文学部出身であることが多い。
色川大吉著『我が聖地放浪 カイラスに死なず』、中村雄二郎の『共通感覚論』『臨床の知とは何か』なども、とても良かった。

そこで・・・

 鮮やかな文章の執筆者は、東大文学部出身である。
 この本の文章は鮮やかだ。
 従って、この本の著者は東大文学部出身である。

といった、少々短絡的な演繹的推論をするようになってしまいそうになっていた私ですが、そこに市川伸一著『考えることの科学』にグサっと釘をさされました。


 ・ある国を旅行して親切にされたので、「この国の人は皆親切だ」と思う。
 ・「趣味はゴルフです」というのを聞いて「裕福な人に違いない」と思う。
 ・前やった問題と似ているので、「同じ解き方で解けるのではないか」と思う。(本文より)


以上、これらはすべて推論です。
この3つの文章は、こうして改めて見ると、かなり極端な判断を元に成り立っています。
ですが、私たちは意外と、そのような極端な思考で日々出会う出来事を判断している可能性が、やはりあるのです。

日々の大量なインプット情報を、どのように処理していくかという問題に直面した時、人間の脳が、外有知識に関連付けながら、情報を構造化して蓄積する、という方法をとっています。
そしてそれには、”記憶の節約”でもあり、またつぎに同じような事態に直面した時に、結果を予測したりコントロールしたりすることができる、というメリットがあります。

一方で、この節約が、非常に偏りのあるものになってしまう場合も多々あることを、著者は指摘しています。
状況を、大きな考え違いを元に判断してしまうことにもつながってしまうからです。
実際に、社会心理学における研究でも、私たち人間が、基本的に自分の自尊感情を満たしたいと思っており、そこから推論も自分の正当性や自尊感情を守る方向に行きがちなのだそう。

例えば、災害心理学でよく言われている危険な心理に、以下のようなものがあります。
・「多数派同調バイアス」…他の人も逃げていないから、自分も逃げなくても安全だと思ってしまう
・「正常性バイアス」…危険な状況にも関わらず、落ち着いて、”自分だけは大丈夫”と思ってしまう
これは、災害が起こった時に、人々が陥りがちな推論であるというのです。

要するに、私たちはどこまで行っても、このニュートラルな世界を、自分の都合のいいように解釈しがちだ、ということです。
そして、それは、どこまでも意味づけの世界で生きているという事実をあらわしてもいる訳です。

苦しみもすべて、意味づけから生じます。
意味づけという迷妄に気づき、抜け出していく。
これは特に最近の、私のテマでもあります。

明日の台風、気を付けましょうね。


愛と感謝をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2018-09-03 23:48 | | Comments(0)
夏休み
a0118928_22354854.jpg
息子が小学生になって初めての夏休みが、終わろうとしています。
来週月曜日が、始業式です。
この頃は夏休みが終わるのが、早いのですね。

この夏、いろいろとこなしたい事々があったのですが、夏休みに入ってそれらはほとんど実行されませんでした。
子どものいる夏休みというのはそういうものなのだ、ということに気づきました。
その代わり、プール、川遊び、そうめん流し、夏祭りなど、子どもと夏を満喫しました。

また、仕事でいろいろな場所に行くのですが、子どもにも同伴してもらっては各地の遊び場へも行きました。


こちらは、福井県立恐竜博物館。
a0118928_22381585.jpg


奈良公園では、鹿に餌やり。
a0118928_22381757.jpg

和歌山県の玉川峡へ(こちらはプライベートで)。
a0118928_22381911.jpg
**********


今日は、亀岡運動公園にあるプール、通称”かめプー”へ。

a0118928_22122710.jpg


水に触れると、フッと緩みます。
この安心感は、母親の羊水の中でくつろいでいた頃の記憶、あるいは太古に海中で生きていた頃の名残でしょうか。
退行とも言えるのでしょう、周りの大人たちの顔を見るとみんな緩んで少し子供っぽく、無邪気な表情をしています。

特に、お父さんたち。
普段の通勤電車でみるような、あの硬くて無表情で、疲れ切った顔とは全然違います。
そんな、なんともいい表情を横目に、そしてキャッキャと遊ぶピッチピチのからだの子供たちをほほえましく眺めながら、私も浮き輪にのってぷかぷかと流れるプールで流されながら過ごしました。


*******


今日、プールサイドで合間に読んでいたこの本。
面白かったです。
a0118928_22545641.jpg


感謝と愛をこめて


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-08-25 23:05 | 出産・子育て | Comments(0)
初秋のRam-Ram's Roomより
急に秋らしくなりましたね。
a0118928_08261233.jpg


暑さが少し和らいだころから、お庭に蝶々が遊びに来てくれるようになりました。
こちらのマリーゴールド、色に惹かれて植えました。
初夏から休むことなく次々と大きな花を咲かせてくれ、その様子は圧巻でした。
a0118928_08261415.jpg

*************

こちらは最近毎日楽しみに見ている、日々草の開花までの様子です。

昨日の昼頃緩んできたつぼみが、時計回りに旋回しながら開いていきます。
a0118928_08240138.jpg

夕方にはここまで開き、

a0118928_08240368.jpg
今朝には、大きく開いていました。
a0118928_08240547.jpg
あの花ひとつひとつに、渦ができている訳です。
一見、可憐な花ですが、なかなかすごいエネルギーです。
自分のつぼみのすぐ上に葉っぱが覆いかぶさって邪魔していようものなら、その葉を突き破って咲きますから^^

花は、咲き方を迷わない。
花だけでなく、自然には全く迷いが無い。
常に動的で、止まる事を知らない。

木は枝を切られても、そこで落ち込まない。
「ここからこう伸ばしていく予定だったのに!」とか、「どうしてこんなことになるのよ!」とか、思わない(笑)。
切られたら即時、次の手に出る。
新しい枝を、出せるところからどんどん伸ばしていく。

そして、出し惜しみというものを知らない。
常に今置かれた場所で、精いっぱい自分の生命を発揮している。

それは、植物は、脳もなければ人間のような情動反応システムもないから、当たり前なのかもしれないけれど。
でも、在り方について、植物から大いに学ぶことがある。
人間も、過去や未来といった幻想から離れ、比較や善悪といった評価や価値観から離れ、本当にいまここに生きる時、そのようになるんじゃないかな?


ほら、こちらの花も、まさに開かんとしています。
a0118928_08263666.jpg


愛と感謝をこめて






[PR]
# by ramram-yoga | 2018-08-20 09:01 | Ram-Ram's Room の四季 | Comments(0)
【Ram-Ram's Lab】11月研究会”ライフ・ポートフォリオ”
a0118928_00164565.png
今年5月にスタートした山崎こころとからだ研究会【Ram-Ram's Lab】では、研究会という枠にとらわれず、いろんなことに挑戦してみたいと思っています。
会の趣旨や内容にどこかしらピンと来て集まってくださった方々と場を共有すること、そしてその場に集まった人が、講師という位置づけにある人も含め、共に学びを深め合う関係性であるということ。
そんなことを大切にしながら、世話人をしていきたいと思います。

さて、今回もとっておきの講師の方をお招きし、とっておきの内容の研究会を開催いたします。
今回の講師の山川先生は、実は私の大先輩のヨーガ療法士さんの旦那様です。
以前からとってもユニークな活動をされているな…と思っていたのですが、今回やっていただく”ライフ・ポートフォリオ”は、なんと山川先生自らが開発されたツールです。

以前から「核心」とか「本質」とか、そんなキーワードにピンとひっかかる私ですが、山川ご夫妻からライフ・ポートフォリオについて少し教えていただいたところ、そこにもそんなキーワードがちりばめられていて、「これ、やってみたい!」と思いました。
一番印象的だったのは、山川先生に「ライフ・ポートフォリオの目的は何ですか?」とお尋ねしたところ、すかさず「人生の意味を創る」と、それは端的に返答されたことです。
私もそこに心から共感し、今回の研究会のタイトルにしました。
そう、人生の意味は探すものでもなければ、ましてや誰かに教えてもらうものでもない。
まさに、自分自身で創っていくものだと思うのです。
そしてそのプロセスを、一人で出ていって体験するのではなく、みなさんで場を共有しながら深めたいなぁ、と。
山川先生に、研究会にお呼びしたい旨をお伝えすると、2つ返事でOKのお返事をくださり、今回開催の運びとなりました。

これは、面白いことになりそうです。
もし、ご興味ある方は、是非お早目にお申込くださいませ^^


****************


山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab (ラムラム・ラボ)” 11月研究会

『人生の意味を創る ~ライフ・ポートフォリオ~』

ライフ・ポートフォリオとは?
人生を振り返り,自分の核心を探求し,そこから今自分がやっていることを再評価し,今後の活動につなげるための新しいツールです.

今回は,教育現場において,対話やマインドフルネスなどの様々な試みを実践・研究されている山川修先生をお招きします.先生が独自に開発された,ライフ・ポートフォリオというツールを用いて,私たちのアイデンティティを扱う,コアな内容となります.
参加者に専門職であるなし,知識の有無は,問いません.初めての方も,歓迎いたします.きっと,今回この場に集まるお一人お一人が,必然性のもとに集まり,自分自身をじっくり深め合う2日間になると思います.“人生の意味を創る”場を皆さまと共有できることを,楽しみにしています.

日 時:2018年11月17(土)・18(日)
講 師:山川 修 先生 福井県立大学 学術教養センター 教授
参加費:10,000円 ※2日間通し参加の方のみ,受付いたします.
場 所:Ram-Ram’s Room ~in the Green~
    JR山崎駅より徒歩10分,阪急大山崎駅より徒歩13分
定 員:12名…定員になり次第、受付を終了いたします


a0118928_00261936.jpg
【講師の先生よりメッセ―ジ】
ライフ・ポートフォリオということばは私の造語なので,ネットで検索してもよくわからないと思います.
ライフ・ポートフォリオの目的は,自分の中心にあるものを掴むことです.
それが掴め,そこから生きることができると,人生の選択がやりやすくなり,新しい人生が展開するかもしれません.
この2日間は,真摯に自分と向き合う内への旅の始まりになると思います.




【講師プロフィール】
名古屋大学大学院理学研究科物理学専攻修了.理学博士.
もともと理系だが,昔から教育にも興味があり,現在,教育工学・学習科学の分野で活動し,
自律的学習者の育成を,非認知能力に着目してできないかに興味を持っている.

【日程・内容】
人生を振り返り,何がやりたかったのか,何を今までに達成できたかを俯瞰し,これからを考えます.
ライフ・ポートフォリオは人生の羅針盤です.
参加者同士が聞き役と語り役を交互に体験します.

第1回  傾聴に挑戦してみよう
 日時 11月17日(土)13時00分~15時00分
 内容 2回目以降で実施する,ピア・メンタリング(お互いに傾聴を行うこと)の練習をします.
第2回 求めているものの探究
 日時 11月17日(土)15時15分~17時15分
 内容 自分が現在行っている活動から,何のためにそれを行っているかをメンタリングにより探求し,求めているものを考えます.
第3回 人生の核心をつかむ
 日時 11月18日(日)10時00分~12時00分
 内容 前回行った求めているものの探究を続け,自分の人生の核心を発見するところまで進みます.
第4回 核心に沿った目標設定
 日時 11月18日(日)13時00分~15時00分
 内容 自分の人生の核心から見て,現在行っている活動を見直し,新たに取り組む活動を展望します.
第5回 ライフ・ポートフォリオのお披露目
 日時 11月18日(日)15時15分~17時15分
 内容 出来上がったライフ・ポートフォリオを他の参加者にお披露目します.
*1日目(11/17)講座終了後、講師の先生を囲んでの懇親会を予定しています(希望者のみ).

【お申込み方法】
お申込みは こちらよりどうぞ。
メッセージ内容に「11月山崎からだとこころ研究会申込」と明記し,お名前,ご連絡先,ご職業(あれば)を明記の上,お申込みください.折り返し,ご入金の案内をお送り致します.
*返信を確認後,10日以内に参加費をご入金いただきますようお願いいたします.

【アクセス】
プライベートサロン Ram-Ram’s Room ~in the Green~
JR山崎駅より徒歩10分,阪急大山崎駅より徒歩13分

*お申込みいただいた方には,住所と詳しい地図をお送りいたします.
*駐車場はありません.コインパーキングは駅近辺にはあります.

山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab”


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-08-18 00:00 | Ram-Ram's Lab | Comments(0)
帰省
a0118928_11400972.jpg
12~16日の間、岡山県倉敷市にある実家に帰っていました。
実家に帰ると、普段は緩まない奥深い部分が緩んでいき、自分でも驚くほどよく寝ました。
また、周囲で耳に入る岡山弁の馴染みある響きによって、最近眠っていたからだの深層部分が目覚め、反応しているのが分かりました。
幼いころから親しんだ音の響きには、ものすごい威力があるものなのですね。
あぁ、記憶とはからだそのもの、もっと言えば細胞に刻み込まれているのだと感じました。

ちょうど帰省前、11日の研究会にて、イメージ動作法の踏みしめのポーズ(グラウンディング:心身ともに地に足をしっかりつける)の練習をしました。
そのポーズでは、身体的に地に足をつけことで心理的にも地に足をつけることを意図するのですが、帰省して家族と思い出話をして過去の自分を振り返ったり、お墓参りをして自分のルーツを再確認することで、どんどん身体の重心が下に降り、地に足がついていくのを感じました。
つまり、心理的なグラウンディングによって、身体的にグラウンディングしていったということですね。

もうひとつ、お墓参りをしていて気づいたことがあります。
お墓参りをしてご先祖様に思いを馳せ、手を合わせるという行為は、気(プラーナ)の流れのレベルで観ると、ご先祖様と自分との気の通りを良くするプロセスなのだということ。
お墓の前で手を合わせる度に、スゥーっと気が通っていくのを感じました。

もし、ご先祖や血縁関係での”うまくいかなさ”のようなものがある時、それは怨念というおどろおどろしいものというよりは、単に気のレベルで通りが滞っているのではないかと感じました。

それでは、どうやってご先祖との滞りを解消するのか。
それはもう、ただ受け取ることなのだと思います。
業績をあげたり名声を得たりして喜ばせたり、恩返しするといったような、いわゆるこちらが何かしてあげることなんて、何もないように思います。
また、許しを請ったり、償ったりする必要もありません。
ただ、その愛を受け取る。
見返りの一切ない愛というのは、私たちが普段の生活で体験する愛とちょっと次元が違います。
無条件で、価値のあるなしといった相対性の一切を超えた、絶対的な愛。

ただひたすら、その愛を受け取る。両親を通して、先祖を通して。
ここに生きているこのわたしにまで、こうして連綿といのちを繋がれてきたことに対して、ただただそのことを歓び、謳歌すればいいと思うのです。
そもそも、生きていること自体、どうしようもなく愛の大海原に抱かれているのですよね。

16日は、ヨーガニケタン関西支部で、先代の師匠への護摩供養(グル・プージャ)を行いました。
そこでもまた、ヨーガというアイデンティティにおけるルーツを感じ、先代の師匠とのしっかりとした絆を再確認しました。

そして、同日夜は、京都・嵐山へ。
初めて生でみる大文字焼き、そして渡月橋から見る灯篭流し。
a0118928_12035701.jpg
さて、今朝は雰囲気が一変して、秋らしいですね。
こころもからだも心機一転、新たな一歩を踏み出したいですね。



(上の写真は、子どもの頃よく遊びにいった”酒津のプール”。
 今は私が親の立場になり、プールで遊ぶ子どもを眺める側です。)

愛を感謝をこめて


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-08-17 12:33 | 最近のいろんなこと | Comments(0)