Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
5・6月の読書本
a0118928_19184365.jpg


(2018年1月からの通し番号です)

53.『宇宙の真理が変わるとき』川田薫、山内尚子著
54.『鏡の中の少女』レベンクロン著
55.『鏡の中の孤独』レベンクロン著
56.『アブダクション -仮説と発見の論理-』米盛裕二著
57.『不安こそ宝物』黒川順夫著
58.『沢庵 不動智神妙録』池田諭著
59.『語りかける身体 看護ケアの現象学』西村ユミ著
60.『姿勢のふしぎ しなやかな体と心が健康をつくる』成瀬悟策著
61.『リラクセーション 緊張を自分で弛める法』成瀬悟策著
62.『動作療法の展開 こころとからだの調和と活かし方』成瀬悟策著
63.『松果体革命』松久正著
64.『求道者(ぐどうしゃ) 愛と憎しみのインド』佐々井秀嶺著
65.『ヒマラヤ聖者の生活探求 第1巻』ベアード・T・スポールディング著
66.『ヒマラヤ聖者の生活探求 第2巻』ベアード・T・スポールディング著
67.『実践 イメージ療法入門 箱庭・描画・イメージ技法の実際』福留留美著
68.『心理臨床におけるからだ 心身一如からの視座』目幸黙僊、黒木賢一編著
69.『回想法とライフレビュー その理論と技法』野村豊子著
70.『音の世界の心理学』重野純著


***************************

地震、豪雨と災害が続きました。

皆様のご家族、お知り合いの方など、被害の無いことを、お祈りしています。
また、被害に遭われた方には、心よりのお見舞いと、一日も早い復旧をお祈りいたします。

地元岡山でも大きな被害が出ています。 倉敷にある私の実家は避難指示が出ただけで被害はありませんでしたが、近隣の真備町をはじめ各地で浸水・孤立が相次ぎました。 必要な場所に必要な物品が届きますように。

あの大雨の日々からうって代わり、強い日差しにセミの声。
いよいよ、夏本番ですね。

しばらく更新をお休みしていましたが、元気にやっています。
気まぐれ更新のこのブログですが、また少しずつ更新していきます。


愛と感謝をこめて
(写真は、先月の夏至に撮影した夕空です。)

[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-09 19:08 | | Comments(0)
研究会のご案内
a0118928_23115750.jpg
今日は、Ram-Ram's Roomで開催する研究会のご案内です。
大学院の恩師、冨永良喜先生をお招きして、東洋的心理療法である臨床動作法を学びます。
内容的には少し専門家(対人援助職)向けにはなっていますが、感情と身体との関連についてご興味のある方でしたら一般の方でも大いに関心を持っていただける内容になっています。
少人数制でじっくり学びを深める会にできればと思います。
もしご興味あれば、是非お越しください。
ご一緒できるのを楽しみにしています。


************



山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab (ラムラム・ラボ)” 研究会

『イメージ動作法~動作によって体験のあり方を変容させる東洋的心理療法~』

 山崎こころとからだ研究会は、臨床に役立つ知識と技術を少人数制で学ぶ会です。今回は、ストレスマネジメントや大規模災害後の心理的支援についての臨床・研究を長年にわたって実践されている冨永良喜先生をお招きし、“イメージ動作法”の理論と技法を学びます。みなさまと共に研鑽し合いながら、学びを深める場にしたいと思っています。

 臨床動作法は、内観療法、森田療法とともに、わが国で発祥し発展を遂げた東洋的心理療法です。今回は、臨床動作法から派生し体系化された“イメージ動作法”の理論と実技を学びます。
 まずは、このイメージ動作法を、ご自身で体験してみていただきたいと思います。からだと意識状態とが密接に関連していることを目の当たりにされ、驚かれるかもしれません。また、ネガティブな感情を低減させるために有用で、かつ即効性のある方法でもあります。感情と一体化した状態から脱却し、客観視する視座へと主体を移行させるプロセスを伴うからです。 講師の冨永良喜先生は、学校教育や、東北大震災やスマトラ島沖地震をはじめとした大規模災害後の心理的支援に積極的に携わっておられ、ストレスマネジメントやトラウマに特化した身体指向の心理的技法を豊富にお持ちです。今回は、まず米澤が臨床動作法・イメージ動作法の概論や臨床での適用について簡単に触れ、その後冨永先生より理論と技法を学びます。実技の時間を多く取り、体験的に落とし込む機会にしたいと思います。
 臨床技術を磨きたい方、ご自分自身についての理解を深めたい方、イメージ動作法を体験してみたい方、是非ご参加ください。みなさまとご一緒できるのを、心よりお待ちしています。



日 時:2018年7月21日(土)13:00~17:00
講 師:冨永 良喜  (兵庫県立大学 減災復興政策研究科 教授)
    米澤 紗智江 (黒川内科 臨床心理士・ヨーガ療法士)
参加費:3,000円 当日支払い
場 所:Ram-Ram’s Room ~in the Green~
    JR山崎駅より徒歩10分、阪急大山崎駅より徒歩13分


【講師紹介】
冨永 良喜 とみなが よしき
兵庫県立大学 減災復興政策研究科 教授
九州大学大学院在籍時、日本の心理系催眠の第一人者であり、臨床動作法の開発者でもある成瀬悟策に師事。のち に、臨床動作法とイメージ技法とを発展的に統合した“イメージ動作法”を開発する。 
現在は主に、災害後の被災者の心のケア・心のサポートに関する実践と研究、ストレス障害へのイメージ動作療法の開発と検証を行っている。
著書に『大災害と子どもの心 どう向き合い支えるか』岩波書店 等。

米澤 紗智江 よねざわ さちえ
黒川内科 臨床心理士・ヨーガ療法士
大学院に在籍時、冨永教授のゼミにて学校教育や大規模災害後におけるストレスマネジメントや心理療法を学び、大きな影響を受ける。
現在は心療内科において、心身症患者に対してカウンセリングを行う傍ら、ヨーガやイメージ動作法を用いてからだからのアプローチを実践・模索している。


【お申込み方法】
こちら のフォームより、「第3回研究会参加申し込み」と明記の上、お名前とご職業(あれば)をご連絡ください。
お申込みされた動機などを一緒にお伝えいただけると大変嬉しいです。


【アクセス】
プライベートサロン Ram-Ram’s Room ~in the Green~
JR山崎駅より徒歩10分、阪急大山崎駅より徒歩13分


*お申込みいただいた方には、住所と詳しい地図をお送りいたします。
*駐車場はありません。コインパーキングは駅近辺にはあります。


山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab”


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-06-25 13:56 | Ram-Ram's Lab | Comments(0)
感情とリアリティ
今朝の地震、皆様大丈夫でしたか?

私が在住している島本町は、震源地と近く、震度5強でした。
地震のあった時はちょうど、しゃがんで庭のお花の手入れをしていた時でした。
下から突き上げるような激しい揺れを感じ、立ち上がって、揺れが収まるのをじっと待っていました。
頭の中で、「この平穏な生活というのは、決して当たり前では無いのだな」と思いました。

自覚的な恐怖や混乱状態には、陥りませんでした。
意外と平常心だなぁ、と、自分で自分に対して思い、庭の手入れを再開するべく、花に手を伸ばしました。
すると、手が少し震えている。
震える手に気づいてはじめて、思っていたよりも心が乱れていたことに、気づきました。

そして数分後。
携帯の場面に、パッと文字が映りました。
「震度5 0秒後」
余震の予報です。
私の身体が大きく反応したのはこの時でした。
大きな揺れが再度来ることを予期することによって、注意がというより、全身が地面へグーっと指向していき、構えの態勢になりました。

結局その予報ははずれ、揺れは起こりませんでしたが、一度経験したストレスを再度経験するのではないかという予期が、こんなにも身体を硬直させ、緊張させるのかということを、実体験を通して学びました。


しばらくして家に入ってみてびっくり。
本棚から本が落ちていたり、棚からグラスが落ちて割れていましたが、でもこの程度で済みました。
a0118928_12145205.jpg
ライフラインも止まることなく、いつも通り何不自由無く生活できています。


*****


意識や認知のあり様によるからだの状態に、いつも興味をもっているからでしょうか。
自分が大きな心理的・身体的反応をした時に、慌てたり動揺したりする自分がいながらも、どこか冷静にそんな自分を面白がって観察しているもう一人の自分の存在が、どんどん大きくなってきているように感じます。

つい先週も、普段では考えられない、しかものっぴきならぬ大失態を犯してしまったことがありました。
そのことに気づいた時、血の気がサーっと引いていき、呼吸が浅くなっていく自分がいました。
でも、「やってしまった!」「ありえない~!」と思いながらも、もう一人の冷静な自分が、「へ~、この人って、こんなことでこんな風に反応するんだね」と、滑稽に動揺している私を眺めているのです。

この時は、そんな私の他にもう一人、動揺している私を眺めていた人がいました。
小学校1年生の息子です。
息子は、動揺する私を眺めながらじっとしていました。
そして、私が落ち着くのを待って、一言「死ぬんじゃないから、ええやん」と、静かに言いました。
こんな時に冷静な人からの実際の一言は、なかなか威力がありますね。
「そうだよね」ということになり、一晩寝たら意外とケロッとしていたのでした^^;


***********


私の心理の師匠がよく言いますが、「あるものはある。ないものはない。」
何を考えても、事実は事実として今ここにあるので、どこまでいってもそれに対して淡々と対処するのみ。
ですが、感情的に反応する時というのは、事実以外にその人が固有のその事実に対する意味づけがある訳です。
その意味づけがリアリティを持っていればいるほど、感情にどっぷりとはまり込んでしまうことになります。

以前はリアルな意味を伴っていた現実が、その意味では少し変わりつつあるようです。



愛と感謝をこめて

[PR]
# by ramram-yoga | 2018-06-18 21:20 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
長いスパンでみるヨーガの効果
a0118928_01412515.jpg

今年~来年にかけて色々と10周年を迎えます。
新たにはじまるこれからの10年について思いを馳せるべく、10周年シリーズの記事をいくつかアップしてみようかと思います。

まずはじめに、先日結婚10周年記念日ということで、当時の結婚式の写真を久しぶりに見ていたのですが、「えっ、私、こんなにキツい顔をしていたの?!」と、驚いてしまいました。


10年前・2008年
a0118928_00371736.png

ギューっと眉間に力が入って、眉毛もキュッと吊り上がっています。
メイクのせいかと思い、この時期の他の写真も見てみましたが、同じく眉毛は吊り上がっていました・・・。


そして、これは、今年の写真。

現在・2018年
a0118928_00383344.jpg



表情が、大分緩んでいます。
物事のとらえ方も、当時と比べると大分おおらかになったと感じています。
自分自身の感覚としても、気負うことが減り、本当に楽になりました。

10年前というと、ちょうどヨーガの伝統に入門し、聖名をいただいた時期でもあります。
こうして振り返ってみると、ヨーガから受けた恩恵の大きさに改めて気づかされます。

さて、10年後の顔は、どうなっているでしょうか?
また10年後に、こんな風にして比べてみると面白いかもしれません。




********




これまで使用していたプロフィール写真が、5年以上も前のものだったので、今年2月に、プロフィール写真を撮影してもらいました。
上に載せた現在の写真がその写真なのですが、フォトグラファーさんに私服での撮影も提案していただき、大好きな椎尾神社の境内で撮っていただきました。



光の映える彼女の写真が好きで、お願いしました。


a0118928_00451560.jpg

a0118928_00451708.jpg



a0118928_00395442.jpg




愛と感謝をこめて





[PR]
# by ramram-yoga | 2018-06-15 20:06 | YOGA | Comments(0)
梅雨のRam-Ram's Roomより
最近はいつも、愛らしいドクダミの花が、Ram-Ram's Roomの入り口で来訪者のお出迎えの役を買って出てくれています。
a0118928_22281346.jpg

先日はRam-Ram’s Roomで専門家(心理士やヨーガ療法士をはじめとした対人援助職)向けの研究会を開催し、10人を超える大勢の方が来られました。
研究会の名称は、Ram-Ram's Lab(ラムラム・ラボ)、少人数制で臨床技術を学び、磨きをかけていく研究会です。
ご興味のある方、メーリングリストに加えさせていただきますので、ご連絡をくださいね^^




研究会時、色々なお花たちがとてもはりきって、出迎えてくれました。
”人に対する”というモードの時の植物は、プラーナ(気)の状態がピーンと外向きに放射するような感じが強くなっていきます。
植物も、動物と同じように、絶えず外界と交流をしながら臨機応変に自らの状態を変化させています。
a0118928_06513765.jpg



どんな花が咲くのかな?と、心待ちにしていた紫陽花。
淡いブルーの、素敵な花を咲かせてくれました。
a0118928_22285189.jpg





雨あがりのグリーン。
みずみずしくぴちぴちして、元気いっぱい。
a0118928_16081548.jpg






梅の木には、立派な梅の実が。
a0118928_22292647.jpg





2kgほど収穫。
こちらは酵素シロップにするべく、今日仕込みました。
水無瀬神宮の御神水で割り、来訪者のウェルカムドリンクとなる予定です。
a0118928_22292832.jpg



感謝と愛をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2018-06-10 23:00 | Ram-Ram's Room の四季 | Comments(0)