Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
久しぶりの診療
一昨日、久しぶりに齋藤クリニックにお伺いしました。
普段はほとんど毎週通っているのですが、つわりでしばらく伺うことができず、数か月ぶりの受診となりました。

今日ブログを書くにあたり、先生のところにどのくらいの期間通っているのかを改めて調べてみましたが、まだ2年と少し。
自分の感覚では、もう4~5年ほど通っているつもりでいました。
特にこの約3年間は自分にとって大きな変革が起こった期間で、その間に結構キツい経験が何度か訪れました。
それをその都度、先生に抱えていただきながら乗り越えて今ここにいるような感覚もあります。

時々、なぜ私はこんなに先生のところに通っているのだろう?と考えてみるのですが、これにはもはや理由がないのです。
ただ、ふと先生のところに行きたいと思い、まるで引力に吸い寄せられるように行ってしまうのです。

久しぶりにお会いした先生は、まるで先週も同じようにお会いしたかのように、ごく自然体。
全く気負いのないひょうひょうとした様子で、診療がはじまります。
診療といっても、やっていただくことは外気功による手当てです。

診察室には氣が充満し、密度がとても高い。
五感ではそれは圧力や粒子の細かい光のように感じられ、しばし圧倒される中、手当てを受けます。
するとだんだんと圧迫感を感じるほどだった部屋の圧力が感じられなくなり、身体内部が明るくなっていきました。
つまり、私のからだもその場の氣のレベルに同調して微細になったのです。
しばらくすると、丹田から何かがスシュムナ―管を通って頭頂から抜け出ていき、からだ全体が通りの良い筒のように感じられました。
その感覚を感じた頃、先生から「どうです、今スッとしたでしょう」と言われる。
先生の治療は、そんな治療です。

久しぶりに治療を受け、改めてあぁやっぱりこの方はすごい人なのだと思いました。
誰かの真似をするとか何かの影響を受けるとか、そういう域をとうに超え、孤高にそびえ立ち、そして留まることなくものすごい勢いで進化をしている。

人間として、医療従事者として、大いに触発されながら、今年もまた通わせていただくことになりそうです。

a0118928_20454954.jpg
(写真は去年の夏、五山送り火をバックに先生と。)



愛と感謝をこめて



# by ramram-yoga | 2019-01-13 20:45 | 心身医学・統合医療 | Comments(0)
今ここ
a0118928_00560865.jpg

あけましておめでとうございます。

私の最近の関心事といえば、前々からちょくちょく記事にも書いていますが、もっぱら、存在の中心点について、です。
この、中心点を究めていくということが、こんなにも面白いとは。

では具体的に何をやっているのかというと、日々のごく普通にやっていることを極めていく、ということ。
例えば、さっき、飲み物を飲もうとしたときに、その飲み物を入れるコップを適当に選ばずに、「これで飲みたい!」と感じるコップを少し時間をかけて選びました。
そんなことです。
「これでいい」という感覚で選択するのをやめて、「これがいい!」を突き詰めていくのです。
それを、一つ一つの行動において、やっていきます。
朝、「今日はこれをしよう」と思っていたけれど、実際やる時になって、「今本当にこれをしたいのか?」ともう一度問いかけてみる。

こんなことを繰り返していると、惰性というものが無くなって、意識が今ここに集約されていきます。
なぜかと言うと、惰性からくる行為というのは、過去や未来にひきずられている意識状態によって生じるからです。
惰性から抜け出して、その瞬間瞬間を意識的に選択できるようになると、過去や未来がリアリティを持たなくなり、まさにリアリティとは今・ここでしかないという感覚が、充実した身体感覚とともに意識されるようになります。

すると、エネルギーが自分の中心にギューッと凝縮されて、中心点の密度が濃密になっていきます。
あくまで、これは私の感覚です。
この中心点というのは、3次元的なものではないのですが、でも確かにあると感じます。
そうすると、身体的には丹田が圧縮して、肚が決まる。

中心点が極まるとともに、他人との比較による劣等感や焦りもなくなっていきます。
ネガティブな感情が伴う比較とは、自分の中心点がブレた時に、ただ自分が映し出している幻影にすぎないからです。

自分が出会う人、触れる情報、出来事等は、実は自分が生み出していたのだなぁということを、しみじみ感じます。
例えていうなら、自分が選んだフィルムを映写機で映し出し、それを自分で観て体験している訳です。
受動的な要素がなく、主体的でしかあり得ません。

あなたが今日出会った人、印象に残った言葉や、感じたこと。
それは、まさにあなたが自分にそう体験させているということです。
そのようにして、関係性の中で、周囲に自己を映し出すことによってはじめて、あなたに「私とは誰か」という問いが起こり、自己を自覚しようとする働きがはじまるのです。

さて、今年はどんな一年になるでしょうか。
というより、私は、そしてあなたは、今年どんな世界を生み出していくのでしょうか。
今この記事を読んでくださっているあなたと、どこかでご一緒できれば嬉しいです^^


愛と感謝をこめて






# by ramram-yoga | 2019-01-08 00:33 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
存在の中心点を究める
a0118928_21241871.jpg
またまた、しばらく更新できていませんでした。
今、お腹の中には新しい命が宿っています。
10月中旬からしばらく、つわりでなかなかパソコンに向かうことができませんでしたが、無事安定期を迎え、ここ一週間で大分楽に生活できるようになりました。
出産予定日は来年の6月中旬で、経過は順調です。
これからまた少しずつ、ブログも更新していこうと思っています。


******************


最近、自分の方向性がかなりはっきりしてきたように感じています。
以前までは、真実を悟りたい、あるいは今自分にないものを得てもっともっと向上していきたいと、常にどこかへ向かって走っていましたが、そのあたりの感覚が、全く違ってきました。
自分の立ち位置を、自己存在の中心に定め、その中心点をどんどん極めていく、という感覚です。
方向性の、外向きから内向きへの変化。
やってみると、これがものすごく面白い。
中心が定まった状態が固定せず、常に動的なのです。
どういうことかというと、中心が定まると、さらに深い中心点が視えてくる。

具体的にどういうことをやっているかというと、すごくシンプルです。
妥協しないということ。
本音と建前があるとするなら、建前をスパッとやめていく。
人に対しても、世間体に対しても、自分自身に対しても。

例えば、何かをやってみたい!と思った時。
その後に「でも…」という思考が出てきて、やりたいことにブレーキをかけるなら、これは妥協です。
逆に、本当はやりたくない、やめたい、しんどくて嫌、と思っていることがある時。
その後に「でも、やっておいた方が無難だから」とか「やらないとあの人にああ思われそうだから」とか、「この人にすすめられたから」などと言い訳をしてそれにしがみついているなら、それが妥協です。

それをやってみることの、あるいはやめることに対する、恐れ。
その恐れから目をそらすのではなく、愛と関心を持って、観察してあげる。
そして、手放してみる。
つまり、思い切ってやってみる、勇気を出してやめてみる。

すると、誰も、何も、自分に対して影響力を持つなんてことは、実はできなかったのだという真実が、ありありとあらわれてきます。
私以外の何も、私を支配することはできない。
私以外の誰も、私を苦しめることはできない。
もし、外側の何かに支配されているとか、苦しめられているという感覚を持つなら、それはただ、あなたが自分でその対象に力を与えていただけです。
力を与えることを、やめさえすればいいのです。
あなたがあなた自身を解放し、幸せにしていく力は、あなたがすでに持っているのだから。

そういう私も、まだまだ粗い。
大きなことをする必要はなくて、日常の一つ一つの小さな行動を、妥協せず行っていく。
今その一口は、本当に自分が食べたいものなのか?
その服は、本当に自分が着たいものなのか?
その情報は、本当に自分が欲しているものなのか?
妥協しないことを繰り返す度に、自分がしがみついていたものが手を離れていきます。
最初は怖いけど、やってみる。
すると、これまで建前ばかりで塗り固めていたために鈍り切っていた、本来のいのちそのものの感性が、生き生きと躍動しはじめます。

すると、自分の中心点が極まる。
そして、それは身体感覚にあらわれます。
丹田が充実し、肚が決まる。

今日もまたひとつ、あるものを手放しました。
手放して初めて、意外とそれから影響を受けていたのだと気づきました。
手放すと、それにずっと与えていた力が自分に戻ってきて、その後からの丹田の感覚がすごかった。
ドーンと、今までになく肚が決まり、身体感覚も今までになくリアリティを伴っています。

さて、綴りたいことはたくさんあるのですが、またのタイミングで書いてみたいと思います。
皆様、よい新年をお迎えください。
来年もどこかでご一緒できるのを、楽しみにしています^^


愛と感謝をこめて

# by ramram-yoga | 2018-12-31 03:11 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
世界は私の在り方に即時即応している
a0118928_12482605.jpg
一昨日のブログが2か月ぶりの更新となってしまっていました。
なかなか更新できない状況でしたが、またまた新たな発見の連続で、楽しみながら生活していました。

最近、今まで出会ったことの無い情報と触れる機会が出てきました。
それに伴って、現在の世界観がある短い文章に集約され、ことあるごとにその文章が繰り返し浮かんでいます。
それが以下の言葉。

 「世界はわたしの在り方に即時即応している。
  世界はわたしそのもの。」

自分の意識状態が変わると、目に映る風景が変化し、そして新たな展開が始まる。

突き詰めていく対象があるとすれば、それは外側ではなく、自己の中にある。
自己の在り方、意識状態を、もっともっと極めていくことしか、結局私にできることはないのではないのだし、それをこそこれからしていきたい。

そんなことを思う、今日この頃です。

また、少しずつ更新していきますね^^


愛と感謝をこめて

# by ramram-yoga | 2018-11-26 21:56 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
【Ram-Ram's Lab】ライフ・ポートフォリオ
11月17・18日、山崎からだとこころ研究会(Ram-Ram's Lab)を開催しました。
今回は、福井大学の山川修先生をお招きし、「人生の意味を創る」と題してライフ・ポートフォリオの講座を行いました。


<ライフ・ポートフォリオとは>
人生を振り返り、自分の核心を探求し、そこから今自分がやっていることを再評価し、今後の活動につなげるための新しいツールです。
(山川先生より)


対話やマインドフルネスなど、様々な手法を教育の現場でどう生かしていくかについての研究・実践を重ねていらっしゃる山川先生が独自に開発された、人生の核心を掴むためのプログラムです。

a0118928_14265661.jpg
関西以外からも、愛知・岐阜・広島といった遠方からご参加くださった方もいらっしゃり、定員いっぱいの12名+山川ご夫妻の総勢14名で、共に深め合う濃密な2日間となりました。



山川先生からのレクチャーが適宜入りながらも、メインは参加者同士の対話。
a0118928_14272332.jpg



これまでの活動を、分野ごとに具体的に書き出していく(チャンクダウン)、そして、具体的な事柄を俯瞰しながら、それらの意味合いや本質を掴んでいく(チャンクアップ)を様々な角度から繰り返していきます。
そして、これを一人での作業で終わらせるのではなく、その後の対話(メンタリング)によって深めていきます。

この対話で、一人では見えてこない新たな視界がひらけてくることが度々あり、対話の威力に驚きました。
そしてその過程で、意外な発見も多々ありました。
a0118928_14273412.jpg



終始穏やかな笑顔で丁寧に対応してくださった、山川先生と奥様の美保さん。
美保さんはヨーガ療法士の先輩です。
本当に、素敵なご夫妻です。
a0118928_14290421.jpg




参加者の方々も、すっかり打ち解けて和やかな雰囲気です。
2日目のお昼は、車座になって座談会。
a0118928_14274224.jpg



2日目の最後は、それぞれが、2日間かけて作り上げた自分の人生の縮図ともいえるライフ・ポートフォリオを、みんなの前で発表しました。
自分の言葉で、自分の人生の核心、そしてそれぞれこれからやっていきたい活動を言語化します。
a0118928_14281848.jpg



最後に記念撮影。
集まった14人が、初対面の方もいたにもかかわらず、それぞれの人生に触れ合い、本質的なことについて語り合った2日間でした。
必然的な、かけがえのないご縁を感じました。
a0118928_14282804.jpg

時々このようにして立ち止まり、じっくり時間を費やして自分の原点を再確認する時間は、大切だなぁと思いました。

「何を大切にしたいのか。
 では今、それを実際に大切にできているか?」

「何をやりたいのか。
 では今、それを実際にやっているか?、あるいは、それをやるために動き始めているか?」

「何にエネルギーを費やしたいのか。
 では今、私は実際にそこにエネルギーを費やしているか、そうでないことに費やしてはいないか?」

それを、絶えず問い続けられた2日間でした。
今やっていることが、純粋にやりたいと思ってやっているのか、それとも「~~するべき」と思ってやっているのかについての区別がつき、かなりすっきりと整理できたと思います。

やりたいことがはっきりしたなら、あとはやるのみ、ですね^^


**************


ライフ・ポートフォリオの講座は、来年もいろいろな場所で開催されるようです。
ご興味のある方は、Facebookで山川修先生(福井大学)を検索してみられると、情報が得られると思いますので、是非。

Ram-Ram's Labでも、これからもいろんな試みをワクワクしながらやっていきたいと思います。


愛と感謝をこめて


# by ramram-yoga | 2018-11-24 18:03 | Ram-Ram's Lab | Comments(0)