Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
”権力”という力
a0118928_11150870.jpg
日常で、対人関係において働く”力”のようなものを感じることがあります。
誰かからのプレッシャーを感じるとか、圧力をかけられるとか、権力や支配力を行使されるとか、特定の人に圧倒されるとか。

その現象を、よくよく観察してみる。
すると、あたかも権力という力が実在し、支配力が働いているようでいて、実はそうではなかったのだということに気づきます。
権力という力には、実体はなかった。
ただ、自分が作り出していた錯覚だった訳です。

人の言動から感じ取ったことを”権力”あるいは“圧力”と解釈し、そこに反応した人だけが、その力関係の中に組み込まれ、縛られていきます。
そして、支配する側ー支配される側という二者関係ができあがることになります。
でも、支配する側も、支配される側が存在しないと自分たちが成り立たないという点で、絶えず支配される側に依存しています。
支配する側も、支配される側も、ともに二極対立的な価値観の中に取り込まれているという点では、不自由です。

では、実際に、どんな感覚の時に、私たちは人の権力に支配されているのか。

それは、「~させられている」と感じる時です。
他にも「~された」、「誰々のせいでこうせざるをえなかった」と感じる時です。

このような感じは、自分が相手に対して”受け身”の時に生じる認知的反応です。
もう少しいえば、被害者的になっている時です。
もっと率直に言えば、今の自分の状態の責任を、相手にとらせようとしている時に出てくる言葉なのです。

被害者でいるということは、ある意味楽なのです。
自分が今不幸なのは、自分ではない誰かのせいなのですから。
でも、本当はとても苦しいのです。
だって、自分を自分で無力な存在として認め、貶めてしまっているからです。

では、その被害者から抜け出すには、すなわち権力から解放されるには、どうしたらいいのか。
それは、言葉のレベルでは、すべて能動的な言葉に置き換えていくというプロセスを伴います。

つまり「~させられている」を「~している」に、変えていきます。
「~された」のではなく、あくまで相手はただそのような言動をした。
それに対して、「~されることを許した」あるいは「された感を感じた」のは自分です。
すべての行動は、させられたのではなく、自分の決断の上でしたのだ、と、ひとつひとつ確認していくのです。

これは、受け身的な態度が身についている人にとっては、かなりヘビーな作業です。
今の自分のあり様の責任はすべて自分にあるのだ、ということを、徹底して突きつけられるからです。

今、たちまちできなくてもいいから、できるところから、やっていけばいいと思うのです。

ちなみに、やらないという選択は、あまりお勧めしません^^;
なぜなら、あなたはそんな無力な存在ではないからです。


感謝と愛をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-26 22:22 | | Comments(0)
花ひらく

a0118928_11150698.jpg
その方とはもう、長い付き合いになります。
先日その方のからだに手をあてていると、それまでずっと、ただただ静かで静寂だったところから何かがうごめき出そうとしているのを感じました。

何と表現したらいいのか、春に植物たちが一斉に芽吹き始める少し前のような、そんな感じです。
そしてそれから少し経ってまた彼女と会った時、花が開いていくようなイメージが繰り返し浮かんでくる。

「いのちの細胞が輝くことをしたい」

と言った、彼女の表情を眺めながら、あぁ、彼女にしか咲かせられない花を、これからひらいていくのだと思いました。
愚直なまでに真っ直ぐで、そして豊かな感受性と深い洞察力を持ちながら生き抜くその姿が、すでに人(私)にこんなにも影響を与えているのですけれどね^^

それにしても、”いのちの細胞が輝く”って、すごい言葉です。
それがどういうことが、分かっている人にしか、口にできない言葉だと思うのです。


**************


今日は、タテタカコさんの歌を。







愛と感謝をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-24 11:41 | music | Comments(0)
子どもの無条件の愛
a0118928_18252587.jpg


昨日は勤務先クリニックで開催された、摂食障害の患者会に出席していました。
色々と思うことがありました。

摂食障害の子どもを持つ母親は、だんだんと、子どもを条件付けで評価することをやめ、子どものありのままを全て受け入れようという考えに変わった時、ただただ我が子が生きてくれていたらいい、と思うようになる。

もちろんそれは、そこに至るまでに、本当に沢山の試練を乗り越えてきたから。


でも。
そんな親ばかりではない。
むしろ、そんな親の方が少ないのかもしれない。


親が変わらないと悟った時、あなたは手放していかなければならないかもしれない。
親から愛されたいという思いを、手放す。
でもそれは、あきらめて、甘んじて不運を受け入れるのとは、少し違う。
不幸な親かもしれない、かわいそうな親かもしれないし、全く何にも分かってくれない親かもしれないけれど、そんな親は親として自分の人生をそれなりに生き抜いていくのだと、信頼し任せるというプロセスでもある。
あなたは、親という荷物を肩から降ろし、あなたの人生を歩んでいく。


そして、あなたは、誰の承認によっても、何の価値基準によっても決められることのない、絶対的な価値を自分の中に見出していくという段階に入っていく。
あなたは、ただあなたであるということが、何事にも代えがたく貴いのだから。

「わたしは、いまのままのわたしでいい」

絶対的な安心感の中で、心からそう思えるように。
本当はもとから、何もあなたを価値づけるものは何もなかったことに、気づき始める。

そして、そこはゴールではなく始まり。
あなたが、そこから花開いていく。



**************


時々、親よりも、子どもこそが親を無条件に愛していると感じることがあります。

ただただ、お母さんが好きで好きでしょうがない。
お母さんに笑顔でいてほしい。
お母さんを守りたい。


世の中のお母さん、気づいていますか?
あなたの子供が、どれだけあなたを愛しているのかを。



感謝と愛をこめて

(写真は、花壇のマリーゴールド。
 猛暑の中、可憐に花壇を彩ってくれています。)



[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-23 21:15 | 摂食障害 | Comments(0)
【Ram-Ram's Lab】第3回研究会を開催しました
昨日は、山崎こころとからだ研究会(ラムラム・ラボ)第3回研究会を開催いたしました。
a0118928_18145701.jpg


今回のテーマは、「イメージ動作法~動作によって体験の在り方を変容させる東洋的心理療法」。
イメージ動作法を開発された冨永良喜先生(兵庫県立大学防災復興政策研究科教授)をお招きし、理論と実践をみっちり行いました。
a0118928_18145868.jpg

12名の熱心なセラピストやボディワーカーの方々が、それぞれの思いと熱意をもって参加してくださいました。
a0118928_18150073.jpg

冨永先生の教示により、様々な課題動作を行い、心の変化を観察します。
私も今回、姿勢や動作によってこんなに意識状態が変化していくものなのかと、改めて衝撃を受けました。
a0118928_18150227.jpg


研究会後は、徒歩3分の場所にあるうどん屋さん「かぎ卯」へ。
a0118928_18150443.jpg

水無瀬神宮のご神水を使って作っているという美味しいうどんをいただきながら、話に花が咲きました。
a0118928_18362131.jpg


大学院時代の恩師の冨永先生と。
a0118928_18153447.jpg
今から4年前の2014年。
兵庫教育大学大学院に入学し、10人以上いる臨床心理学コースの先生のうち、どの先生のゼミに入ればいいのかと少々途方に暮れていた時、私がヨーガをやっていることを知った冨永先生が、「うちのゼミにおいで」と声をかけてくださいました。
そして、2年間の間、研究のみならず、たくさんの貴重な体験をさせていただきました。

先生のご専門のうちひとつは、学校教育におけるストレスマネジメントで、よくストレスマネジメントの授業をしに小学校・中学校・高校へ出向きました。
また、もう一つのご専門であるトラウマティックストレスや大規模災害後の心理支援の一環として、イメージ動作法を学びました。
ヨーガに深い理解と敬意を持ってくださる先生について大学院で学べたことは、私にとってはとても幸せなことでした。

冨永先生、そしてご参加くださった方お一人お一人に、心から感謝いたします。


さて、今回はインプット中心で、実際に教示を出す練習ができませんでしたので、来月の研究会ではイメージ動作法の練習会をします。
体験するだけと、実際に相手を前にこちらがインストラクションを出す練習をするのとでは、自分の身になる質が違います。
なので、来月はみっちり練習をし、自分の身に落とし込んでいきましょう^^
今回ご参加なさった方も、今回は参加できなかったけれど興味がある方も、是非お越しください。
最初、前回の復習も兼ねて、やり方を丁寧にファシリテートいたします。


 第4回研究会 「イメージ動作法の練習会」
 日 時:8月11日(土・祝)13~17時
 内 容:イメージ動作法の練習
❶反復イメージ動作法(ネガティブな感情の低減)
❷解決イメージ動作法(自分の理想像を描き、近づく)
 会 費:1,000円


お申込は、こちら よりどうぞ。
ご一緒できるのを、心よりお待ちしております。


愛と感謝をこめて


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-22 19:01 | Ram-Ram's Lab | Comments(0)
命がけで相手と向き合う
facebookで、精神科医の稲福薫先生の記事を拝読しています。
いつもすごい記事ですが、今朝のは特に響きました。

命がけで相手と向き合う。
私が理想とする医療者の姿です。
それをどこまで極めていけるか。

さすがに、取っ組み合いの喧嘩まではしないと思いますが(笑)


以下、稲福先生の文章を、敬意をこめて転載させていただきます。
********


『ある青年と取っ組み合いの喧嘩をした。』

アルコール依存になっている青年が、
母親とやってきた。

わたしは、
「あなたは親に甘えている。それがすべての苦しみの原因だ。」
と言った。

すると、
青年は逆上して、
「なにをー!」
と、わたしに凄んで突っかかってきた。

わたしは売られた喧嘩は買う。
そして、必ず勝つ。
それがわたしの流儀。
なぜならば、
わたしは常に命がけで生きてきたから。
毎週の空手でもそれを稽古している。

相手が自分より体力が上でも、勝つ。
なぜなら、
わたしが命を賭けて相手に向かえばいいのだから。
それに対して、
ほとんどの人はただ外見だけ凄んで見せているだけだから。

青年と取っ組み合いをして、
首を絞めてやった。
なめんなよ。
このクソ野郎!
こちらは命を賭けて生きてんじゃ、こら!
このクソ野郎が!
と言いながら。

すると、
うちの職員の女性3、4人が
中に入って、
無理矢理に二人を引き離したが、
母親のほうは側で見ていて涙を流していた。

青年は
「チッ!」と
クリニックを飛び出して行った。

引き離されたわたしは息をゼーゼーさせながら、
(65歳の体ではさすがにきつい。)
「これも治療の一つです。」
とそばにいた母親に言った。

母親は
「わたしが口にできなかったことを言ってもらいました。」
と感謝していた。

親が命がけで子供に向かうことでしか、
子供の問題は解決しない。
親の代わりにわたしがやってあげただけである。

彼は二度とわたしの所にはやって来ないかもしれない。
でも、
一生忘れることができない「喝」が入ったはず。
それが彼を治すことになる。


**********


7月29日、沖縄在住の稲福先生が大阪で治療会をなさいます。
私も参加しますし、まだ若干空きがあるそうです。
先生によれば、私たちの正体とは「ぽっかり穴」という穴なのだそう(!)
もしそれが本当だとするなら、それを是非とも実体験しなければ。

先生のHPはこちら



愛と感謝をこめて


[PR]
# by ramram-yoga | 2018-07-18 22:30 | ことば・メッセージ | Comments(0)