人気ブログランキング |
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
心あたたまる贈りもの
明日は京都へ講演会に行く予定にしています。

先ほど知らない番号から電話がかかってきて「誰だろう?」と出てみると、その講演会を主催している女性の方からでした。

「どうやって会場に行くか、わかりますか?遠くからお越しなので・・」

と、申し込み時に書いた私の住所を見て、わざわざお電話をしてくださったのでした。

そして、チラシに地図とアクセス方法がちゃんと書いてあるにもかかわらず、丁寧に行き方を説明してくださいました。

道に迷って困らないように、と全く面識もない人にここまでしてくれたと思うと、胸が熱くなってしまいました。

本当に思いを込めて講演会を準備されているんだな。

そして講演会に来るひとりひとりの状況を、細やかに汲み取らないとあんなことはできないな。


私は普段、そんな風にできてるかな?

そんな風でありたいな。



a0118928_20351436.jpg写真は、今年インドの聖地であるチベット・カイラス巡礼に行ったお友達からもらったお土産です。

今日、お手紙と一緒に届きました。

ダライ・ラマ14世が亡命するまで3年間こもっていたというノルブリンカという離宮のおまもりだそうです。



今日は2つの心あたたまる贈り物をもらいました^^



sachie
# by ramram-yoga | 2009-07-03 20:36 | 最近のいろんなこと
新しい医療のかたち
昨日、日本統合医療学会の認定試験を受けてきました。

統合医療はその名のとおり、西洋医学を軸として東洋医学やその他相補・代替医療と呼ばれている様々なシステムや療法を積極的に取り入れて、統合的な治療とケアをしていこう、という医療のことを指しています。

統合医療について考えるとき、ある歯科医の方のエピソードを思い出します。
いくら痛み止めを使っても痛みの治まらない患者さんに、鍼灸師がたった一本針をさした、そのとたん長い間患者さんを苦しめていた痛みがうそのように治った、というのです。

思い返してみると私も病院で音楽療法士をしていた時、こんなことがありました。
お昼間に患者さんと歌を数曲楽しく歌ったら、その日の夜その患者さんは睡眠薬無しでもすぐに眠りにつくことができ、とてもよい睡眠ができたのだそうです。

このように、統合医療によって、さまざまな療法の見方・切り口からその人に合った医療を提供できるようなシステムを作ろうという流れができているのはとてもいいことだと思います。

治療法でも、治癒率が低い治療法をすべて切り捨てるのではなく、例えば100人のうちたった1人でも有効であるならば、統合医療の考えではその治療法を大切にするべきだ、としています。

まさに、一人ひとりの死生観や価値観を大切にする医療だと思います。
今回統合医療についていろいろ勉強できて視野が広がり、本当によかったと思います。

あっ、ちなみに、試験は結構難しかったので、合格かどうかはわかりません(汗)
落ちていたら・・内緒でまた受験します^^;


sachie
# by ramram-yoga | 2009-06-29 13:41 | 心身医学・統合医療
ラムラムのホームページができました
a0118928_17583276.jpgヨーガクラス・ラムラムのHPができました。
こちらです。
是非、遊びに来てください。
今後もこまごまとしたところで追加・変更など微調整する事項があると思いますが、ほとんどこれで完成です。

ラムラムのHPは、私の従妹がロゴからデザインまですべて手がけて作ってくれました。
そして、今まで私が撮りためていたお気に入りの写真も各ページにすごくいい感じで挿入してくれています。
私が描いていたラムラムのイメージどおり、いいえそれ以上の素敵なHPを作ってくれた従妹に感謝感謝です。

今後はヨーガクラスのお知らせなどはHPでしていきたいと思います。
このブログはHPからリンクを貼り、このままラムラムのブログとして残ります^^


(写真は一昨日の夕方の空です。とってもきれいだったので・・・^^)



sachie
# by ramram-yoga | 2009-06-25 00:08 | Infomation
記録する、ということ。

生きていれば毎日いろんなことに出合うだろう。

でもその時は強烈な印象を受けたとしても、人間は悲しいもので時間がたてば忘れてしまう。

どんな天才の記憶力も一行の記録には敵(かな)わない。

                                 見城慶和 月間雑誌「致知」より

a0118928_1223126.jpg
記録をとることで一日一日が単なる時間の経過ではなく、体験として積み重なっていく。

そうやって蓄積されたものは次のものを見る目となり、その目を通して見たものはより価値あるものになる。 

記録なしには成長はない、だからその日の出来事は必ずメモを取る。

夜間中学の教員であり、映画『学校』のモデルの一人となった見城先生は、このようなことを絶えず大切にして仕事に従事してきたのだそうです。


・・・

最近出会ったこの言葉が、深く印象に残りました。


記録とは、後から読み返すものでももちろんある。
でもその前に、今の立ち位置、現状をしっかりと把握することも記録の大きな意義なのだと思います。

今見ているものを「見ている」と確認すること。
今感じていることを「感じている」と確認すること。

ああなりたい、こうなりたい、と、外にばっかり気をとられてしまうときもあるけれど、このようにして今の自分の立ち位置をしっかりと踏みしめる。

良かった出来事だけではなくて、嫌な思いをした出来事も・・・
楽しさや嬉しさだけではなくて、惨めさや悲しさも・・・
しっかりと確認しながら、大切にしながら1日1日を過ごしていく。

そんな風でありたいなぁ、と思います。

この言葉に出会って、最近サボり気味だった10年日記の記録を再開しました。
ちなみに10年日記をつけ始めて、今年で9年目です。
空欄も多いですがあまり何も長続きしない私なので、よく続いたなと思います・笑。

そして、この感動を早速、ここにも記録しておきます^^


 sachie*
# by ramram-yoga | 2009-06-08 12:50 | ことば・メッセージ
リラックスの貯金
東大病院心療内科の医師であり、ストレス防御・心身医学を研究されている熊野宏昭先生が、ご自身の著書「ストレスに負けない生活」の中でとても興味深いことを書かれています。

それは、“リラックスの貯金”という考え方です。

a0118928_13593214.jpg
その考え方によると、ストレスが溜まるものであると同じように、リラックスも溜める(=貯金する)ことができ、それがストレスに対する抵抗力を増大することができるのです。

実際、普段からリラクゼーションをしている人はしていない人に比べて、ストレス状況に置かれたときの血圧の上昇が明らかに少ないという結果が得られています。

つまり、リラックスの貯金をしている人はストレスを受けても余裕で乗り切れる、私たちの心身には本来そういった能力が備わっている、というのです。


それでは、リラックスを貯金するのにはどうしたらいいのかというと、毎日10分でもいいからリラックスをする習慣を身に付けることなのだそうです。

それでは、リラックスするにはどうしたらいいのでしょうか?


そこで、簡単に手軽にリラックスをする方法として、ヨーガ・セラピーのリラクゼーション方法をひとつご紹介します。

 ①まず、床に仰向けになって両手両脚を少し広げ、両手の平を上に向けます。

 ②体の力を抜いてゆったりとし、呼吸とともに自然に膨らんだりへこんだりするお腹の動きに
   意識を向けます。

 ③そして、②の状態でリラックスしている自分の心と体を意識し続けます。

以上。お金も準備物も要らず、とっても簡単です。

この状態で2~3分もすれば、結構深いリラックス状態になれると思います。



・・・リラックスの貯金という概念は私にとってもとても新鮮なものでした。

私たちは自分の心や体のことを知っているようでまだまだ未知がたくさんある、それを少しずつでも知っていくことはとても面白いことだなぁと思います^^



sachie*
# by ramram-yoga | 2009-05-31 13:46 | YOGA