Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
美しさの背後に
a0118928_23414092.jpg今日は神戸のインド料理屋さんで、ヨーガ仲間との忘年会がありました。
楽しい時間のあと、みんなで近くの神戸ルミナリエへ。
美しいイルミネーションに、時間を忘れて見入っていました。

光にはきっと、人を魅了する特別な何かがあるんですね。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

その他にも、たとえば花を見たとき。
空を見上げたとき。
月を見たとき。
それらを美しいと感じさせているものは何なのだろう、と思います。


すこしでもよろこびのあるところにはかならず、
たとえもっとも官能的なものの中であっても、
そこには主おんみずからであるところの、
かの不滅の至福のひらめきがある


これは、最近読んだ本の中に書いてあった言葉で、とても素敵だなと思いました。

何かを美しいと感じたり、魅了されたりしたとき、私たちを実際に惹きつけているのは、ある形に配列された一にぎりの物質分子、なのではない。
それらの物質分子の背後にある、何か大いなる計らい、それに魅了されひきつけられているのである。

ある時、美しい花を見て思わず我を忘れ、その花とこのままひとつになってしまいたい、と思ったことがありました。
そのことを先生に話すと、先生は私に、その気持ちをしっかりと客観視するように、とアドバイスをくださいました。
そして「またひとつになっていくんだよ」と、にこにこしながらおっしゃいました。

すべての、この世の小さな利己的なしがみつきから、自分をおはなしなさい。
人間を、あなたのすべての人間的およびもっと高い関心事の中心、と見てはいけません。
一人の目撃者として、まなぶものとして立ち、自然の現象を観察なさい。
単に目撃者として、またまなぶ者としてそれのそとがわにいるときには、そこに、神が愛としてみずからをあらわしておられる数百万の通路を、見ることができるでしょう。


スワミ・ヴィヴェーカナンダ「バクティ・ヨーガ」より


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-12-12 00:45 | ことば・メッセージ | Comments(4)
心の集中
私が初めて今の先生からヨーガ修行の指導を受けた時、まだヨーガについてほとんど何も分かっていませんでしたが、ひとつだけはっきりと分かったことがありました。

それは、自分にはびっくりするほど集中力が無い、ということでした。

そして、ただただ先生の集中力に驚かされました。
瞑想では1時間微動だにせず座り続け、講話中に何か物音がしてもまるで聞こえていないかのように全くペースを乱されません。
話の内容も理路整然としていて、まさに「頭脳明晰」という言葉がぴったり、という感じでした。
先生の背後に、決してブレることのない不動の信念と、そこに向かっていくすさまじいまでの集中力を感じずにはいられませんでした。

そんな先生を目の前にして、その時、心底「集中力が欲しい」と思ったのを覚えています。
私も、自分が本当に求めているものに向かってわき目もふらず突き進んでいける集中力が欲しい、と強く思いました。

a0118928_20251119.jpg当時の私は、
「人生で大切なものはなんだろう」「何処に行っても変わらない真理を見出したい」と無辺なるものを熱望する一方で、
「あれが欲しい」「もっとこうしたい」といった、たくさんの欲望の虜にもなっていました。

また、あまりじっとしていられるタイプではなかったし、何かをやっている最中に全然違うことをぼんやり考えていたりなんて、しょっちゅうでした。

要するに、自分の本当に求めているものにうっすらとは気づきながらも、心は絶えずあっちこっちへさまよい続けていたのだと思います。


しかし、ヨーガの智慧を学び、アーサナ(ポーズ)や呼吸法や瞑想を行っていくうちに、少しずつでも確実に集中力がついていっているのを感じます。
もちろんまだまだ、私の中のぼんやりさん・うっかりさんは健在ですけれど(笑)。

でも、競争心や一時的な感覚の満足にひとしきり翻弄された後、急に夢から覚めたような感覚になり、「あれ、私が全精神をささげていたことってこの程度のことだったの?」と強烈な空虚感に襲われるようなことは無くなりました。
少なくとも、胸のうちで、自分が一番何を求めているかを自分自身に問いかけた時、毎日同じ答えが返ってくるようになりました。
それは、ヨーガ自体が人間の心を探求する科学であり、心のコントロール法を細やかに示しているおかげだと思います。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-12-07 19:36 | YOGA | Comments(0)
リンクを追加しました。
ラムラムのHPより、「ふうや内観研修所」のHPへのリンクを追加しました。
大阪市内に先月オープンした、内観療法の研修施設です。

私も過去に2度、集中内観という7泊8日の研修を受けたことがありますが、かけがえの無い経験でした。
まさに、「価値観の転換」というものを体験しました。
内観療法のすごいところは、その価値観の転換は他の誰かによってではなく、自分自身の力によってもたらすことができることだと思います。

ふうや内観研修所の面接者である橋本さんは、内観療法が最初に確立された大和内観研修所にて4年間の内観面接者養成課程を修了され、今まで500人以上の内観臨床に携わってこられた方です。
また、ヨーガ療法学会の会員でもあり、現在ヨーガ療法士養成講座を受講中です。

a0118928_22182496.jpgそしてさすが文学部出身、文才があって文章がとっても面白いので、私個人としてはHPにあるブログの更新を楽しみにしています。
内観療法についても、HPの中でとても詳しく説明されています。
興味があったら是非、覗いてみてください^^




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-12-05 21:41 | Infomation | Comments(0)
師走を迎えて
a0118928_13161550.jpg今年も残すところ、あと1ヶ月弱となりました。

いくつかのヨーガのクラスでは今週、瞑想の中で、12月をどのように過ごすかという瞑想を行いました。

私自身も今年をあれこれ振り返っていましたが、そんなときにメールが届きました。


「今年起こったハッピーなことだけ記憶に留めて
 そうでないことはピンクの風船に詰めて
 空に飛ばしてさよならしましょ。」



ご年配の男性ヨーガ療法士さんからの、とってもチャーミングなメッセージでした。
私まで思わずにこにこしてしまいました。

a0118928_13163490.jpg今月もみなさまが、心穏やかに毎日を過ごすことができますように。


(写真は、先日嵐山に行ったときに見た紅葉です。)



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-12-03 13:33 | ことば・メッセージ | Comments(3)
心のコントロール法としての瞑想
今月より、元町クラス公民館クラスにて、最終週のクラスの最後に瞑想を行っています。

クラスで行うのは“シュラバナ(聴聞)瞑想”という、中でも初歩的な段階の瞑想法を行います。
“初歩的”と言っても、この瞑想法はすごいです。
定期的に行っていくと、かなり感情のコントロールができるようになる、と私自身実感しています。

普段、心のコントロールができないことは、誰にでもあるのではないかと思います。
「ああしよう」と思っていてもできなかったり、
逆に「絶対に怒らないでおこう」と思っても、ついカッとなってしまったり、
他にも誰かをうらやんだり、劣等感を持ったり、
ハイテンションを抑えることができなかったり、逆に落ち込んでしまったり・・・
自覚していても無自覚でも、心が感情に翻弄されてしまうことはよくあることだと思います。

ヨーガでは、心をコントロールできない原因を「自分自身に対する無知」としています。
瞑想を行うことで、普段無意識に行われている思考パターンを意識下に置き、自分の心の傾向を知っていきます。
少しずつ、少しずつ・・・。

今月の瞑想のテーマは、
歓(かん)と智(ち)は 心の中より来(きた)るもの
でした。

これは、歓(よろこ)びも智慧も、本来自分の心の中に宿っている、という智慧の言葉です。
私たちは「これがないと幸せになれない」とか「もっとこうだったら幸せなのに」などと、思ってしまいがちですが、どんな状況でも歓びを感じられる心はすでに自分の中にある、ということです。
また、本を読みあさったりしなくとも、いろんな人に意見を尋ね回らなくとも、答えはすでに自分の心の中にある、という教えです。

この教えに照らし合わせて、今の自分はどれだけ周囲の状況に心乱されず過ごすことができているか、瞑想の中で皆さんと一緒に自分の心を調べました。

a0118928_1521126.jpg

最後に、スワミ・ヴィヴェーカナンダ「カルマ・ヨーガ」の一説をご紹介して終わります。

世界が獲得したすべての知識は、心から来ます。
宇宙という無限の書庫は、あなた自身の心中にあるのです。
外部世界は単に、あなたに自分の心の中を研究させる暗示であり、機会であるにすぎません。
あなたの研究の対象は、常にあなた自身の心です。




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-11-28 15:21 | 瞑想 | Comments(0)