人気ブログランキング |
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2018年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
存在の中心点を究める
a0118928_21241871.jpg
またまた、しばらく更新できていませんでした。
今、お腹の中には新しい命が宿っています。
10月中旬からしばらく、つわりでなかなかパソコンに向かうことができませんでしたが、無事安定期を迎え、ここ一週間で大分楽に生活できるようになりました。
出産予定日は来年の6月中旬で、経過は順調です。
これからまた少しずつ、ブログも更新していこうと思っています。


******************


最近、自分の方向性がかなりはっきりしてきたように感じています。
以前までは、真実を悟りたい、あるいは今自分にないものを得てもっともっと向上していきたいと、常にどこかへ向かって走っていましたが、そのあたりの感覚が、全く違ってきました。
自分の立ち位置を、自己存在の中心に定め、その中心点をどんどん極めていく、という感覚です。
方向性の、外向きから内向きへの変化。
やってみると、これがものすごく面白い。
中心が定まった状態が固定せず、常に動的なのです。
どういうことかというと、中心が定まると、さらに深い中心点が視えてくる。

具体的にどういうことをやっているかというと、すごくシンプルです。
妥協しないということ。
本音と建前があるとするなら、建前をスパッとやめていく。
人に対しても、世間体に対しても、自分自身に対しても。

例えば、何かをやってみたい!と思った時。
その後に「でも…」という思考が出てきて、やりたいことにブレーキをかけるなら、これは妥協です。
逆に、本当はやりたくない、やめたい、しんどくて嫌、と思っていることがある時。
その後に「でも、やっておいた方が無難だから」とか「やらないとあの人にああ思われそうだから」とか、「この人にすすめられたから」などと言い訳をしてそれにしがみついているなら、それが妥協です。

それをやってみることの、あるいはやめることに対する、恐れ。
その恐れから目をそらすのではなく、愛と関心を持って、観察してあげる。
そして、手放してみる。
つまり、思い切ってやってみる、勇気を出してやめてみる。

すると、誰も、何も、自分に対して影響力を持つなんてことは、実はできなかったのだという真実が、ありありとあらわれてきます。
私以外の何も、私を支配することはできない。
私以外の誰も、私を苦しめることはできない。
もし、外側の何かに支配されているとか、苦しめられているという感覚を持つなら、それはただ、あなたが自分でその対象に力を与えていただけです。
力を与えることを、やめさえすればいいのです。
あなたがあなた自身を解放し、幸せにしていく力は、あなたがすでに持っているのだから。

そういう私も、まだまだ粗い。
大きなことをする必要はなくて、日常の一つ一つの小さな行動を、妥協せず行っていく。
今その一口は、本当に自分が食べたいものなのか?
その服は、本当に自分が着たいものなのか?
その情報は、本当に自分が欲しているものなのか?
妥協しないことを繰り返す度に、自分がしがみついていたものが手を離れていきます。
最初は怖いけど、やってみる。
すると、これまで建前ばかりで塗り固めていたために鈍り切っていた、本来のいのちそのものの感性が、生き生きと躍動しはじめます。

すると、自分の中心点が極まる。
そして、それは身体感覚にあらわれます。
丹田が充実し、肚が決まる。

今日もまたひとつ、あるものを手放しました。
手放して初めて、意外とそれから影響を受けていたのだと気づきました。
手放すと、それにずっと与えていた力が自分に戻ってきて、その後からの丹田の感覚がすごかった。
ドーンと、今までになく肚が決まり、身体感覚も今までになくリアリティを伴っています。

さて、綴りたいことはたくさんあるのですが、またのタイミングで書いてみたいと思います。
皆様、よい新年をお迎えください。
来年もどこかでご一緒できるのを、楽しみにしています^^


愛と感謝をこめて

by ramram-yoga | 2018-12-31 03:11 | 最近のいろんなこと