Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
2017年 12月 31日 ( 1 )
12月の読書本
a0118928_20325237.jpg

130.『京都ぎらい』井上章一著
131.『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉格著
132.『人生を変える「声」の力』山崎広子著
133.『中動態の世界』國分功一郎著

*****************

今年一年間、ブログを見ていただいて、ありがとうございました。
今年ほど、ブログを書く意義を感じた年は、ありませんでした。

私にとって文章を書くということは、瞑想にも似た作業です。
書くことで自己内省し、意識化の範囲が拡大していき、時にそれが飛躍します。
今年は特に、幾度となく飛躍が訪れました。
書くことって、すごいなぁと思いました。
理性的な作業であるにもかかわらず、書くことは理性を超えていく力をも持ち合わせています。

あまり大勢の方に見ていただきたいとか、共感してもらいたいとは思っていません。
誰かに向けて書いているというより、独り言のように、自分の所感を書きたいように書いています。
でも、誰かが見てくれているという意識を持って、書いています。
その証拠に、誰も見ないところには、ここで綴っているようなことは書きません。

何らかのご縁でこのブログを見つけ、読んでくださっている方の存在が、私にとってとてもありがたいのです。
この”見る”という行為には、特別な意味があると感じています。
見る、あるいは意識を向ける、ということは、その対象に光が当たるということです。
あなたがこのブログを読んでくださっているということは、そのことで私の文章、ひいては思考の過程や意識状態に、光が当てられているということなのです。
その光を受けることで、私の認識は深まり、拡大していきました。

今年は、ブログを見てくださっている方がちらほら、ラムラムルームを訪れてくださいました。
患者さんの中にも、ブログを読んでくださっている方がいます。
そういう方との交流が、私にとってこの上ない宝物です。
私が一番率直に考えていることを表現できるブログに、共感してくださっている方々だからです。
ですから、余分な言葉や社交辞令が要りません。
たちどころに深いところでつながることができる感覚があります。
今年交流させていただいた方も、まだお会いできていない方も、来年、どこかでご一緒できますように。

来年は、たくさんの人の意識が大きく変革する年になると思います。
まず、本当に欲しいものは何かを、自分の心に訊いてみてください。
妥協せずに。
あなたが「こうなりたいな」と憧れる人や状況があるとするなら、実はそれは外側にあるのではありません。
それはあなたがすでに有している可能性です。
あなたは、あなた自身の可能性を、外側に見ているのです。
そして、現実にその状況を手に入れることが、可能なのです。
心ゆくまで、享受してください。
そのためには、受け取ることをまず、自分に許可してください。
一度しかない人生です。
本当に欲しいものをしっかりと見定めて、全力でそれを求めてみてください。

手に入らないことへの言い訳をやめて、心の底から本当に欲しいものを全身全霊で求めた時、それまで見たことの無かった新たな世界が拓けていきます。
今まで自分で作っていた限界を超えて、新たな世界を見てみませんか。
来年は、みなさんと共有できるいろいろな場を展開していきます。
どこかで、ご一緒できればうれしいです。

それでは、よいお年を。




※写真は今月のラムラムルーム。
 木の葉がすっかり落ちて、冬仕様です。
 冬でも陽がよく入り、ポカポカとあったかいです^^


  心から愛と感謝をこめて








[PR]
by ramram-yoga | 2017-12-31 04:13 | | Comments(0)