Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
今ここ
a0118928_00560865.jpg

あけましておめでとうございます。

私の最近の関心事といえば、前々からちょくちょく記事にも書いていますが、もっぱら、存在の中心点について、です。
この、中心点を究めていくということが、こんなにも面白いとは。

では具体的に何をやっているのかというと、日々のごく普通にやっていることを極めていく、ということ。
例えば、さっき、飲み物を飲もうとしたときに、その飲み物を入れるコップを適当に選ばずに、「これで飲みたい!」と感じるコップを少し時間をかけて選びました。
そんなことです。
「これでいい」という感覚で選択するのをやめて、「これがいい!」を突き詰めていくのです。
それを、一つ一つの行動において、やっていきます。
朝、「今日はこれをしよう」と思っていたけれど、実際やる時になって、「今本当にこれをしたいのか?」ともう一度問いかけてみる。

こんなことを繰り返していると、惰性というものが無くなって、意識が今ここに集約されていきます。
なぜかと言うと、惰性からくる行為というのは、過去や未来にひきずられている意識状態によって生じるからです。
惰性から抜け出して、その瞬間瞬間を意識的に選択できるようになると、過去や未来がリアリティを持たなくなり、まさにリアリティとは今・ここでしかないという感覚が、充実した身体感覚とともに意識されるようになります。

すると、エネルギーが自分の中心にギューッと凝縮されて、中心点の密度が濃密になっていきます。
あくまで、これは私の感覚です。
この中心点というのは、3次元的なものではないのですが、でも確かにあると感じます。
そうすると、身体的には丹田が圧縮して、肚が決まる。

中心点が極まるとともに、他人との比較による劣等感や焦りもなくなっていきます。
ネガティブな感情が伴う比較とは、自分の中心点がブレた時に、ただ自分が映し出している幻影にすぎないからです。

自分が出会う人、触れる情報、出来事等は、実は自分が生み出していたのだなぁということを、しみじみ感じます。
例えていうなら、自分が選んだフィルムを映写機で映し出し、それを自分で観て体験している訳です。
受動的な要素がなく、主体的でしかあり得ません。

あなたが今日出会った人、印象に残った言葉や、感じたこと。
それは、まさにあなたが自分にそう体験させているということです。
そのようにして、関係性の中で、周囲に自己を映し出すことによってはじめて、あなたに「私とは誰か」という問いが起こり、自己を自覚しようとする働きがはじまるのです。

さて、今年はどんな一年になるでしょうか。
というより、私は、そしてあなたは、今年どんな世界を生み出していくのでしょうか。
今この記事を読んでくださっているあなたと、どこかでご一緒できれば嬉しいです^^


愛と感謝をこめて






by ramram-yoga | 2019-01-08 00:33 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久しぶりの診療 存在の中心点を究める >>