Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
巧妙に働く支配性への気づき
もう10年ほど前のこと。
日本統合医療学会の研究総会が東京大学で開催され、ヨーガ療法学会がデモンストレーションをすることになりました。
そのメンバーになぜか私も選ばれ、安田講堂の舞台でヨーガの実演を行いました(真ん中の青い服が私、左がcocoroyogaの中島朋子さん、右がカルマヨーガスタジオ の生熊恵理さん、その後ろの白い服の男性はチャンドラ・スクール・オブ・ヨーガの古市先生と、大阪幹事長の澤先生)。

a0118928_23105216.jpg
ヨーガ療法士としてまだ駆け出しで、ヨーガを熱心に勉強していた頃です。
自分がメンバーに選ばれたと知った時、私の心の中の何かの波形が振りきれたかのように、過剰に反応したのを覚えています。
つまりは、嬉しかったのです。
心から尊敬し慕っていた師匠が、多数のヨーガ療法士の中から私を選んでくれたことが。
その嬉しさといったら、少し度を超えていて、自分自身でも少し驚いたほどです。
それから、どんどんヨーガ療法の世界にのめりこんでいきました。

それからの私は、いろんな場面で、そのコミュニティの中で良しとされることを熱心にやり、注目され、ほめられ、期待に応え、貢献することを繰り返していました。
それをすること自体、全く苦ではなく、喜びでもありました。
感謝され、頼りにされるポジションは、自分にとってとても心地の良いものでした。
でも、それらがどのようにして生じてくるのかについて、あまりはっきりと自覚できていませんでした。
自分にとっては、あまりに当たり前のやり方だったからです。

しかし、だんだんと見えてきました。
それらの行動は、自分の居場所を確保するためだったということに。
周りから評価されることで、好意的に感じてもらうことで、また頼りにされることで、私は自分の価値を確認しようとしていたのだ、と。
そして、教育分析(自分自身がカウンセリングを受ける)によって見えてきたのは、その動機に”主導権”というキーワードが入っていたということです。
つまり、支配的な魂胆もあったのだ、ということです。

これは、一見、見えにくい構造ですが、人間関係で生じるコントロールという力は本当に巧妙です。
例えば、人が誰かを頼る時、そこには支配性が生じることがあります。
頼られる人が、頼る人に対してコントロールという力が働き始めるからです。
頼りない人と、頼れる人のどちらの言うことに耳を傾かるか?というと、やはり頼れる人ということになりますから。

私は実は、支配的な人間だったんだ。
これは本当に認めがたいことでした。
認めるまで、時間がかかりました。
ですが、心理の師匠から、そのことを幾度となく直面化させられ、認めざるを得なくなりました。

ですが、認めてしまったら意外と楽でした^^


長くなったので、続きは次の記事で。



愛と感謝をこめて





[PR]
by ramram-yoga | 2018-09-22 00:04 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 期待されなくても大丈夫 からだに訊く >>