Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
自分の価値を上げようとすること
エネルギーを浪費せず、使うべきところに出し惜しみをしない。
これを実践しようとするとき、何にエネルギーを浪費しがちなのかについても、考えてみる必要があると思います。
ひとつ、エネルギーを浪費しがちなものとして ”自分の価値を上げようとすること” があるように思います。

普段カウンセリングで、しんどい辛い思いをしている人の話を聴いていると、そこには例外なく”自分の価値”というキーワードが存在しているように思います。
要するに、自分にある条件を課して、その条件を満たすか満たさないかによって、自分自身の価値を決定づている訳です。
その条件とは、人によって色々です。

例えば
・ある特定の人(親や上司や配偶者)に認めてもらえるかどうか、気に入ってもらえるかどうか
・周りの人にとって歓迎されているか、役立っているか、一目置かれているか
・仕事や引き受けた役割を全うできているか、失敗したり迷惑をかけたりしていないか
・段取りよくスムーズに物事をこなしていくことができているかどうか
・自分の中で決めた ”これができればOK、できなければダメ” といったラインを満たしているかどうか
・世間的な風潮(恋人・配偶者・子どもがいる、勝ち組・負け組、学歴、職業)

これらがいろいろと絡み合って、その人はそれぞれの基準と照らし合わせ、自分がそれを満たしていればOKつまり価値があり、満たしていなければ価値がない、というような捉え方をする。
そして、それら自分が設定した”基準”を満たすため、もっともっと必死にがんばる。

何かを目指して頑張っている姿は、一見前向きで向上心があるように見えますが、よくよくその動機を観察していると、それが不安と恐怖からきているように思えることが、少なくありません。

何もしないのが怖い。
だらだらする自分が許せない。
頑張らない自分を想像できない。

もしそうだとすれば、一度、自分を条件付けで評価しているかどうかを、省みてみるといいかもしれません。
つまり、自分の価値がある・ないという、相対的な価値観の中で自分を評価していないかどうかということ。

そして、不安や恐怖から頑張る人というのは、基本的にそもそもの前提として”自分には価値が無い”と思っているのです。
自分がただそのまま在るだけでは価値が無いので、いろいろとプラスして評価を得たり業績を上げようとしている、ということです。

カウンセリングで、頑張りすぎる人に時々率直にそれを伝えることがあります。
本当は自分に価値がないと思っている、あるいは本当は自分に自信が全然ないから、がんばっているのでは?
満たされて安心している人が、今あなたがやっているやり方や考え方をすると思いますか?と。
すると、その方は”ウッ”と、図星のような顔をされます。

かくいう私も、ずっと、自分を条件付けで受け入れる・受け入れないをずっとやり、頑張り続けてきました。
でももう、少しずつ手放しつつあります。
それがいかに、無駄なことかということに、気づきつつあるからです。

だって、外側に自分の評価基準を求めている限り、どこまでいっても安心できませんからね。
本当は、手に入れたいのは”好かれている”とか、”評価される”とか、そういうこととはおよそ関係のないところにあるはずです。

そしてそれは、本当は手に入れるものではなく、気づくものだと思うのです。
すでに自分は安心の中にいて、大丈夫なのだということに、気づく。
すると、思考や行為が、恐怖や不安からではなく、安心から出てくるようになっていきます。

だんだんと苦しみから自分を解放し、安心していく人達に共通するのは、「ま、いっか」という言葉が増えていくということと、失敗や失態をおかしても深刻にならず笑い飛ばせるようになるということのように思います。
要するに、だんだんお気楽・お気軽に、”抜けた人”になっていくのですね。
そして、身軽で颯爽とし、本当に自分がやりたいことにドバッとエネルギーを投入し、そこで絶大な集中力を発揮していくのです。


自分には価値があることを周りに認めさせることにエネルギーを注ぐより、いっそのこと自分は誰からも期待されない役立たずと思ってしまうのはどうでしょう。

「クズがここにいるぜ~!」と、元気いっぱいの清志郎さんです^^




宮沢賢治の「アメニモマケズ」の中で”ミンナニデクノボウトヨバレ”という一節があり、小学時代からその意味がよく分からなかったのですが、最近やっと、少し分かり始めました。




愛と感謝をこめて


[PR]
by ramram-yoga | 2018-09-09 18:51 | music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< セラピストとしての原点が覆される 妥協しない >>