Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
妥協しない
a0118928_23181781.jpg
昨日の記事の続きです。
自分の意識が、受け身から能動的・主体的なものへと変化すると、それから少し時差はありながらも、実際の現象もいろいろと変化してきています。
今日は、普段の持ち物の変化について。

最近、とある人に、私が仕事の時に持ち運んでいるリュックについて「一体中に何が入っているの?」と言われました。
いつもどうしてそんなに多くの荷物を持ち運んでいるのか?という率直な疑問をぶつけられた訳です。

言われた時は、あまりピンとこなかったのですが、よく考えるとその人の言う通り、自分はいつも多くの荷物を持って移動をしているということが分かってきました。
それも、ほとんど使わないものまで「あると安心だから」という理由で持ち歩いていたのです。

そこで、カバンの中のものを一度全部出して、その日その日で絶対に必要な物と、身に着けていてうきうきする物という基準で選んでみると、あら不思議。
びっくりするほど、荷物が軽くなりました(笑)

これがあった方が安心だから。
この人がいいと言ったから。こうした方が後々損しないから。
こういう想いが少しずつ少しずつ積み重なって、知らず知らずのうちに、心身ともにいろいろなものを抱え込み、ため込んでいたようです。

私の気質は、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダによると、カパ(水)の性質が多いのですが、心理面でも物理面でも、ため込むのはこのカパの特徴でもあります。
自分自身がもっと身軽に、そしてこだわりを無くしていくためには、この”ため込む”ことによって生じてくるエネルギーの滞りや浪費をできるだけ減らしていくことにひとつのポイントがありそうだ、と感じました。

そのためのキーワードは、妥協しないこと。
最近これを、かなり意識するようになりました。

今、これは本当に必要か?
それを私は本当に気に入って使っているのか?
惰性でとか人からもらったからとか、もったいないからという理由で身に着けていないか?

以上の、普段身の回りにある物との付き合い方は、そのまま人間関係における自分の在り方にも影響しています。
愛想笑いをしたり無理に人と合わせたりせず、淡々と接する(親切・丁寧は忘れずに)。
人に好感を持ってもらえるように、または人から批判されないようにすることにエネルギーを浪費しない。
本音を隠したり、オブラートに包んで伝えたりせず、率直に伝える。付き合いたいと思っていない人とは、無理に付き合わない。

こういうことを意識しはじめて、自分が今までいかに、余分なことにエネルギーを浪費していたかということを、ひしひしと感じています。本当に、莫大なエネルギーを、使っていたのでした。

自分が何にエネルギーを注ぎたいのか。
妥協せずに選び取るセンサーを、鋭くしていきたいと思います。


*********


小学校1年生の息子と買い物に行くと、時々そこで、直感を磨く楽しい練習タイムがはじまります。

この日はスナック菓子売り場で、どれがいいかと迷っていた息子。
これは高いし、あれはお母さんがダメって言うだろうし・・・。

そこで、「今一番食べたい!って幸せな気持ちになるものを選んでおいで」というと、走って和菓子コーナーへ。
頭でいろいろ考えてた時と、妥協せず直感で選んだ時と、まったく違うものをチョイスしたのでした。
a0118928_23190576.jpg
ちなみに甘党なのは、母譲りです(笑)


(上の写真は、現在お気に入りの持ち歩きアイテム。
 Laura ashleyのペンケース、Desiner Guildのスケジュール帳、そして今日新しく仲間入りしたsybillaのポーチ。)

愛と感謝をこめて

[PR]
by ramram-yoga | 2018-09-08 22:00 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 自分の価値を上げようとすること 揺さぶりがもたらした転換 >>