Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
揺さぶりがもたらした転換
a0118928_23343444.jpg
今年は明けてから間もなく、大きな揺さぶりをかけられました。
私にとっては青天の霹靂ともいえるような出来事で、大いに動揺し、大いに迷いました。
それにやっと区切りがついたので、今こうやって書くことができています。

簡潔に言うと、ある身近な目上の人との関係が、悪くなったのです。
それまで数年間にわたって尊敬し、本当にたくさんのことを教えていただき、そして一緒に仕事をしてきた人です。
これからもずっと、この人とはかかわりながら色々な仕事をしていくだろうと思っていました。

考えてみれば、私がその人の言うことを素直に聞き入れようとしているときは、うまくいっていました。
しかし、相手の提案に対する疑問や違和感を感じはじめ、それを相手に言い出した頃から、関係がギクシャクし始めました。

そして、それが度々の言い合いにまで発展してしまうにまでになってしまいました。
私が怒ったことに相手も驚いたと思いますが、なにより人に声を荒げて怒る自分に、私自身がびっくりしました。
怒っている自分を、妙に面白がって観察している自分もいたりして(笑)
でも、怒るということは、それだけ大きな期待を相手にしていたのですね、きっと。

あぁ、これまで私が付き合っていたつもりでいたのは、私が勝手にその人に対して描いていたイメージであって、その人自体は私のイメージとは全然違う場所にいたんだなぁ‥!
ということに、気が付きました。

そして、その人から離れていく、ということに決めました。
そう決まれば、後はシンプルです。



********


何を隠そう、この決心に至るまでが正念場でした。
今まで思ってもいなかった、自分のある部分を突き付けられたからです。
その”ある部分”とは、人の価値観の中で生きている自分です。
自分がそんな、人の価値観の中で生きている人間だとは、思ってもいませんでした。
それほど、物心ついた頃から、誰かの、あるいは既存の価値観に合わせて行動することが、当たり前になっていたのだと思います。

「この人がこう言ったから」とか「世間的には」とか、そんな基準で、今の自分のやっていることを絶えず評価していたのです。
裏を返すと、既存の価値観において自分を評価していないと、不安だったということですね。

これまで既存の価値観や誰かからの評価によって自分のとる行動を決定してきた人にとって、”自分で決める”ことは怖いことです。
なぜなら、失敗した時に、人のせいにしたり、言い訳したりできないからです。
全責任を自分で負わなければならない。
でも、本当は、人のせいにしていても、自分の行為がもたらした結末は、いつでも自分が引き受けているのですよね。
この半年あまりの間、繰り返し繰り返し突きつけられたテーマでした。

人からの評価や既存の価値観の中で生きる人生から、自己決断と自己責任の中で生きる人生へ。
もう少し端的に言うと、受け身の人生から能動的・主体的な人生へ。
この転換が起こった時、「させられた」「された」と思っていたことが、全部「自分がした」に置き換わっていきました。

「縛られている」のではなく「自分で自分を縛っている」ことがわかりました。
「させられた」のではなく「相手がどうであれ、自己決断の上自分がした」のだということが分かりました。

この転換は、強烈なインパクトを伴いました。
まるで、世界が360度ひっくり返ってしまったような気分でいます。

この変化の過程で、実は今年の春から夏にかけて、3日断食を計6回しました。
すると、あら不思議。
持ち物や人間関係までもが、色々とすっきりしていくではないですか。
今まで必要と思っていたものが意外となくても大丈夫だということに気が付いたり。
どうやらいろいろと抱え込んでいたものがあったようです。
まだまだ、その変化の途上ですが、いろんなものが、シンプルに見えつつあります。


感謝をこめて





[PR]
by ramram-yoga | 2018-09-07 23:32 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 妥協しない 7・8月の読書本 >>