Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
研究会のご案内
a0118928_23115750.jpg
今日は、Ram-Ram's Roomで開催する研究会のご案内です。
大学院の恩師、冨永良喜先生をお招きして、東洋的心理療法である臨床動作法を学びます。
内容的には少し専門家(対人援助職)向けにはなっていますが、感情と身体との関連についてご興味のある方でしたら一般の方でも大いに関心を持っていただける内容になっています。
少人数制でじっくり学びを深める会にできればと思います。
もしご興味あれば、是非お越しください。
ご一緒できるのを楽しみにしています。


************



山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab (ラムラム・ラボ)” 研究会

『イメージ動作法~動作によって体験のあり方を変容させる東洋的心理療法~』

 山崎こころとからだ研究会は、臨床に役立つ知識と技術を少人数制で学ぶ会です。今回は、ストレスマネジメントや大規模災害後の心理的支援についての臨床・研究を長年にわたって実践されている冨永良喜先生をお招きし、“イメージ動作法”の理論と技法を学びます。みなさまと共に研鑽し合いながら、学びを深める場にしたいと思っています。

 臨床動作法は、内観療法、森田療法とともに、わが国で発祥し発展を遂げた東洋的心理療法です。今回は、臨床動作法から派生し体系化された“イメージ動作法”の理論と実技を学びます。
 まずは、このイメージ動作法を、ご自身で体験してみていただきたいと思います。からだと意識状態とが密接に関連していることを目の当たりにされ、驚かれるかもしれません。また、ネガティブな感情を低減させるために有用で、かつ即効性のある方法でもあります。感情と一体化した状態から脱却し、客観視する視座へと主体を移行させるプロセスを伴うからです。 講師の冨永良喜先生は、学校教育や、東北大震災やスマトラ島沖地震をはじめとした大規模災害後の心理的支援に積極的に携わっておられ、ストレスマネジメントやトラウマに特化した身体指向の心理的技法を豊富にお持ちです。今回は、まず米澤が臨床動作法・イメージ動作法の概論や臨床での適用について簡単に触れ、その後冨永先生より理論と技法を学びます。実技の時間を多く取り、体験的に落とし込む機会にしたいと思います。
 臨床技術を磨きたい方、ご自分自身についての理解を深めたい方、イメージ動作法を体験してみたい方、是非ご参加ください。みなさまとご一緒できるのを、心よりお待ちしています。



日 時:2018年7月21日(土)13:00~17:00
講 師:冨永 良喜  (兵庫県立大学 減災復興政策研究科 教授)
    米澤 紗智江 (黒川内科 臨床心理士・ヨーガ療法士)
参加費:3,000円 当日支払い
場 所:Ram-Ram’s Room ~in the Green~
    JR山崎駅より徒歩10分、阪急大山崎駅より徒歩13分


【講師紹介】
冨永 良喜 とみなが よしき
兵庫県立大学 減災復興政策研究科 教授
九州大学大学院在籍時、日本の心理系催眠の第一人者であり、臨床動作法の開発者でもある成瀬悟策に師事。のち に、臨床動作法とイメージ技法とを発展的に統合した“イメージ動作法”を開発する。 
現在は主に、災害後の被災者の心のケア・心のサポートに関する実践と研究、ストレス障害へのイメージ動作療法の開発と検証を行っている。
著書に『大災害と子どもの心 どう向き合い支えるか』岩波書店 等。

米澤 紗智江 よねざわ さちえ
黒川内科 臨床心理士・ヨーガ療法士
大学院に在籍時、冨永教授のゼミにて学校教育や大規模災害後におけるストレスマネジメントや心理療法を学び、大きな影響を受ける。
現在は心療内科において、心身症患者に対してカウンセリングを行う傍ら、ヨーガやイメージ動作法を用いてからだからのアプローチを実践・模索している。


【お申込み方法】
こちら のフォームより、「第3回研究会参加申し込み」と明記の上、お名前とご職業(あれば)をご連絡ください。
お申込みされた動機などを一緒にお伝えいただけると大変嬉しいです。


【アクセス】
プライベートサロン Ram-Ram’s Room ~in the Green~
JR山崎駅より徒歩10分、阪急大山崎駅より徒歩13分


*お申込みいただいた方には、住所と詳しい地図をお送りいたします。
*駐車場はありません。コインパーキングは駅近辺にはあります。


山崎こころとからだ研究会 “Ram-Ram’s Lab”


by ramram-yoga | 2018-06-25 13:56 | Ram-Ram's Lab | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 5・6月の読書本 感情とリアリティ >>