Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
どうにかしようとしない
a0118928_09155237.jpg
先日、深刻なうつを体験したある方の体験談を聴いていました。
その方は、「自分なんか死んでしまえ」とか「苦しい苦しい苦しい」とずーっと思っていたのだそうです。
ですが、ある時、その、自分の頭の中で延々と続く思考を”放っておこう”と思ったのだそうです。
そして、その方は現在とってもイキイキとお仕事をされています。

私はそのお話を聴いた時、よく”放っておこう”なんて、そんな風な発想ができたな~!と、思いました。
というのも、苦しんでいるときは、そんな発想がまず出てこないのですね。
逆に、「何が何でも〇〇しなければ!」と、しがみつきが強くなっている状態の時に、非常に苦しいのです。

直面している”問題”自体は、何も解決していないにも関わらず、その人は苦しみから解放された。
その時何が変化したのか。
それは、問題や状況の方ではなく、その人の立ち位置です。
直面している情況を、「対処すべきもの」として扱わなくなってしまったのです。

問題を今までの延長線上で解決しようとするのではなく、捉える側の立ち位置を変える。
すべての問題の根本的解決とは、ここにあるのではないかと思います。
いえ、そもそも問題自体、私たちが作り出したものなので、そもそも問題の実態もなければ解決もないのですけれど。
つまり、フェーズが変わることによって、問題をもはや問題としてみなさなくなってしまうのです。

***

ヨーガでは起こってくることにたいして「観察する」とか「客観視する」ということを行いますが、これは、受け入れがたい出来事や感情であればあるほど、難しいことでもあります。
まず、前提としてこだわりがあるので、ありのままを観察する、ということができないのです。
その結果、拒否反応をしている意識状態のまま、起きてくることを観察する、ということが起きてしまう。
すると、心乱されるわけです。
ニュートラルであるはずの、観察する側の意識がすでに、好き嫌いや善悪の判断をしているのです。

その点、”放っておく”というのは、いいですね。
手放して、任せている感じが、なんとも^^



************


悪夢にうなされている人は、夢の中では走り、隠れ、闘い、叫び、崖を飛び降りる等多くのことができる。
しかし、この夢の中にある行動から他の行動へのどんな変化も、悪夢自体を止めることはできない。
したがって、我々はこの種の変化を「第一次変化」と呼ぼう。
この夢の外へ出る道の一つは、眠りから醒めるという変化を得ることである。
覚醒はもはや夢の一部ではない。
全く異なった状態への変化である。
従って今後はこの種の変化を「第二次変化」と呼ぶことにしよう。

我々自身を現実と呼ばれるルールに従うゲームのコマと考えるのか、我々自身がそれを作り、受け入れている限りの「現実的な」ルールに従ってゲームをやっているプレイヤーと考えるかの違いなのだ。
後者は従ってルールの改変はいつだって可能なのだ。

『変化の原理 問題の形成と解決』
P.ワッラウィック、J.ウィークランド、R.フィッシュ著



愛と感謝をこめて





[PR]
by ramram-yoga | 2018-05-04 13:03 | ことば・メッセージ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 思考からの解放 条件付けからの脱出 >>