Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
すべてを手放し、委ねる
a0118928_16502489.jpg
昨日は、個人セッションを受けに、あるお方のところへ。
自分の立ち位置、そしてこれから進むべき道を、見出しました。

このお方のセッションを受ける度、いつも不思議な感覚に見舞われます。
もたらされるものが、ただの改善ではないし、ただの癒しでもない。
フェーズが変わってしまうのです。
誤解を恐れずに言えば、神の視点から”わたし”が観られている。
神のまなざしから発せられる光によって、抱えている問題が包まれ、昇華されていく。
それが感覚的なもので終わらず、実生活に根差し、地に足のついたものでもある。

セッションにいただいた言葉。

”すべてを手放し、委ねる。”


セッション後、とてつもなく大きな何かが、私をひきつけようとしているのを感じました。
とても精妙な次元の力であるため、意識が粗雑だと気づかない類の力。
何かに絶えず呼ばれているようにも感じられます。
意識を精妙にすると、それはそれは強力な力が、私に向かって働いていることに気づきます。

そう、何かが私を呼んでいるのです。
私だけではありません。
誰もが、絶えず呼ばれ続けている。
では、何に?
それを知りたい。
想像ではなく、明確に分かりたい。

もっともっと、センサーを研ぎ澄ませ、感性を研ぎ澄ませ、正確に分かりたい。
今、私に必要なのは、キャッチするのに不必要なものを、捨て去ることのようです。

a0118928_18124569.jpeg
Ram-Ram Room にエピクテトスの言葉を飾りました。
クリエイターの 小林真心 さんに、デザインを手掛けていただきました。
”R”のロゴは、Ram-Ram の頭文字です^^





愛と感謝をこめて

[PR]
by ramram-yoga | 2018-04-15 21:06 | ことば・メッセージ
3月の読書本 >>