Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
私に即時即応している世界

a0118928_21002439.jpg
昨日の気づきから一晩明け、まだ少し腑に落ちていなかったことが今朝腑に落ちていました。
世界は、自分の在り方に、即時即応的に対応して、今ここにある。
世界とは自分。
以前、”わたし”を観ている という記事で書いた時の気づきが、もう一段階深まった感覚です。
その時の感覚は、まだ受動的な要素が多かったように思います。
より主体的な感覚を伴って、世界とは自分なのだと思いました。

そうか。
真実というのは、繰り返し繰り返し立ち戻るたびに、こうして深まっていくのだな、と思いました。
だから、今回の深まりはまだ途中であって、これからまだまだ、深まっていく。
そういう意味では、悟りとは固定した状態ではなく、動的なものなのでしょう。


そして、そのような感覚を持つとき、物事を捉える基点が、眉間から後頭部になっているのです。
初めてそのような感覚になった時のブログ記事はこちら
これは不思議な感覚。


a0118928_21005107.jpg
今、しだれ桜が満開です。
色も大きさも可愛らしいけれど、可愛らしいだけでは到底終わらない、この圧巻の風景。
余すところなく生命力を噴き出し、そこには全く、出し惜しみというものがありません。

自然には迷いが無いですね。
そして、自己を体現する時期をわきまえ、時がくれば、全存在をかけてその生命を爆発させる。
私もこんな風に、生きていきたいです。


感謝と愛をこめて


[PR]
by ramram-yoga | 2018-03-25 08:06 | 死生観 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< すべてを手放し、委ねる 同時に別の私が存在している >>