Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
意識的領域と無意識的領域の狭間
普段の覚醒水準を少し落として、意識的領域と無意識的領域の狭間を漂いたい時に聴く、ラヴェルの曲。
去年後半あたりからバッハに代わり、一番よく聴いています。

今宵はSokolovのピアノで。
ハッとするほど垢ぬけたタッチ、そして情緒的。

最近繰り返し聴いている曲はこちら。
Le Tombeau de Couperin (V. Menuet)


ラヴェルの曲、他にもいろいろ。
同じくSokolovのピアノ。


愛と感謝をこめて




[PR]
by ramram-yoga | 2018-03-23 01:14 | music
<< 同時に別の私が存在している 春分の日に >>