Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
3・4月の読書本
a0118928_23234351.jpg
(2018年1月からの通し番号です)

44.『無の精神療法 薬によらない統合失調症の治し方』稲福薫著
45.『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』溝口徹著
46.『新訳 原因と結果の法則』ジェームズ・アレン著
47.『これから「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル著
48.『思うとおりに歩めばいいのよ』ターシャ・テューダー
49.『新生地球の歩き方』川田薫、はせくらみゆき、山内尚子著
50.『空の扉を開く聖なる鍵』Mana著
51.『カルマからの卒業』はせくらみゆき著
52.『あなたの世界の終わり 「目覚め」とその“あと”のプロセス』アジャシャンティ著


******

1月・2月の読書量に比べ、この落差(笑)
一時期、全く文字が入ってきませんでした。
また少しずつ読めるようになってから、少し出会う本の質が変わってきました。
出会う本は自分に対するメッセンジャーであるという意識が強くなり、内容もよりやさしく、よりダイレクトに、そしてよりストレートなものに変化してきています。

出会うものの変化は、自分の状態が変わったということが分かる客観的なデータとなります。
自分が変われば出会うものが驚くほど変わる。
このことを、もっともっと突き詰めてみたいと思っています。

“こうなるべき”みたいな理想像がある訳では、どうやらないのではないかと思います。
それよりもむしろ、世界は私に即時即応しているという真実があるのではないかと思うのです。
(それを実感した時の記事はこちら→ 同時に別の私が存在している
つまり、どうありたいかは、自分で決めればいいのです。
まず、自分で決めることができるのだという感覚を、もっと確かなものにしたいと思います。

植物や鉱物などには、それぞれ固有の振動数があります。
それに対して、人間は振動数の幅がとても広い。
非常に低級な考えや行動をとることもあれば、非常に高尚なものに心を向け、質の高い行為をすることもできます。

だから、いろんな”わたし”が経験ができる訳です。
自分の選択次第で、様々な振動数になり、その振動数と近い対象物と共鳴する。
こんなに自由な生き物って、いるでしょうか。
自由だからこその苦しみや行き詰まりもある。
でも、それも人間だからこそできる経験。

さて。
今日から、意識的に振動数を変えていくことにチャレンジしてみます。
具体的に変えることは、身体に入れるもの(正確には入れる時の意識)と、発する言葉(正確には振動)です。
どんな展開になるかは、お楽しみ。



感謝と愛をこめて


[PR]
by ramram-yoga | 2018-04-30 00:22 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< あなたの世界の終わり ベートーヴェンの第九 >>