Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
開脚セッションを始めます
水曜日は、来月から私もスタッフとして籍を置かせていただく鍼灸瑛にて、美構造メソッド開脚システムインストラクター養成講座を受講しました。

講師は、鍼灸瑛のスタッフで鍼灸師の渡邉先生、そしてpramanaというサロンを京都でされている畑田雅世先生。
お二人とも、身体の世界を深く追求されているとっても素晴らしい先生です。

この”美構造”という言葉、まだ聞きなれない方がほとんどと思います。
最近私が一番注目している、からだの使い方についてのメソッドです。
今までになんどかこのメソッドのセッションを受けているのですが、からだの使い方が変わると、本当に何もかも変わっていくのが実感として分かります。
まず、短時間で身体が劇的に変わります。
柔軟性が上がり、呼吸が深まり、地に足がしっかりつき、身体全体が気持ちよく引き締まって、目が大きくひらいて輝きを増し、身体全体からも内側からキラキラとなんとも綺麗な光を発し始めるのです。

独自に開発されたメソッドで体幹を圧縮することにより、身体の中心である丹田が充実して熱~くなっていきます。
日本に昔から伝わる言葉で”肚(はら)が決まる”という言葉がありますが、まさにこんな感覚なんだろうな、と感じました。
結果的に、ストレッチすることなく開脚前屈可動域が格段に広くなります。




今まであまり柔軟性を追求してこなかった私ですが、人生初、お腹がベタっと床につきました。
a0118928_12431714.jpg
個人的に一番魅力を感じたのが、このように丹田にぐわーっと気が充実して開脚前屈しているときの、意識状態です。

一言で表すと”無”なんです。
どこまでも静寂。
あの上の写真の態勢で、深い瞑想状態に入っています(笑)


こちらは、開脚をアシストしている様子。
a0118928_12432017.jpg
実は、アシストしている時も深い意識状態に入り、相手との境が感じられなくなっていくのです。
なんとも静かな一体感。


面白いですね。
瞑想を何年も練習してたどり着くのと同じか、それより深い意識状態に入っていくのです。
からだを作ることによって。
たくさんの可能性を感じました。


今回は、美構造メソッドを創始した藤原寛先生に直々に教えていただき(もう藤原先生は最近この講座の講師は他の人に任せられているようです)、本当に幸運でした。
藤原先生のブログはこちら↓

少し見ていただくと、身体について研究に研究を重ね、緻密に計算しつくされたメソッドだということがお分かりいただけると思います。
古武術や伝統的な礼法である小笠原流のエッセンスがふんだんに取り入れられた、とても奥深いメソッドです。

本当に、いろんなことが変わっていきそう。
私自身も、この場で変身宣言します!
変身したい方、一緒に変化しましょう。
どんな風に変化するかは、お楽しみ♪


もし、この開脚セッションを受けたい方は、こちら↓で詳細をご確認ください。




美構造開脚システム指導者養成講座を、2017年12月27日(水)に開催いたします。





10月にOPENするグループレッスン案内は、こちら。




これらのセッションはすべて、こちらで実施します。
”Ram-Ram's Room(ラムラム・ルーム) ~in the Green~"

a0118928_22120846.png


   









住所:大阪府三島郡島本町山崎
(プライベートスペースのため、詳しい地図はお申しこみいただいた方にお送りします。)


 愛と感謝をこめて








[PR]
by ramram-yoga | 2017-09-29 14:21 | 美構造メソッド | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新居地へ いのちを元気にする会 in京都 >>