Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
ラージャ・ヨーガ集中修行会
あけましておめでとうございます。
a0118928_8542437.jpg

1月2~5日は、毎年恒例のラージャ・ヨーガ集中修行会に参加してきました。
年のはじめにヨーガを行じながら静かに自分の内面と向き合い、本当にいい時間でした。

昨年秋ごろからめまぐるしい毎日で、だんだんと意識が粗雑になっていくのを感じていながら、どうすることもできないでいました。
あげくの果てに体調を崩して気力が落ちてしまい、自分ではなかなか持ち直せなくなってしまった状態で参加した今回の集中行でした。
心身症というものがどのように形成されていくのか、身をもって体験することができました。

4日間の集中行で行った瞑想は8回。
最初の2~3回目までは粗雑だった意識状態が、回を重ねていくうちにだんだんと鎮まって精妙な状態へと入っていくことができるようになっていきました。
そして、その合間に行ったアーサナと呼吸法。
心身ともに整い、自分の本来の心身のリズムとバランスを取り戻していきました。
そして、気づきました。
不調になったのは、ただ忙しかったからではなかったことに。
そして、知らず知らずのうちに、だんだんと世俗的な事柄が心の中に占めるようになっていたことに。

人間って、忘れるのが早いですね。
少しの間やっていないと、すぐに感覚が鈍ってしまいます。
淡々と継続していくことの大切さを、改めて感じました。

そして、本当に大切なものは見失いやすい。
この世界には、あたかも大切でないものが大切であるかのようにすり替わってしまう巧妙なからくりがあるようです。
そこにいつも気づき、見失わないようにしたい。
見失ってさ迷う余裕があるほど、人生は長くはないのだから。

毎日自分の時間を持ち、心身ともに整え、心静かに自分の内面を見つめる時間がとても大切なんだと実感しました。
忙しくても。
いいえ、むしろ忙しいからこそ。
今年は、1日も休むことなく瞑想をすることを決心しました。

1年のはじめに本当にいい時間を過ごさせてもらいました。
ヨーガ仲間や先輩との嬉しい再会もありました。
快く送り出してくれた主人と母親、そして「お勉強がんばってね」と笑顔で言ってくれた息子に、心から感謝。
[PR]
by ramram-yoga | 2015-01-07 08:59 | YOGA | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 年のはじめに 12月の読書本 >>