Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
行為の結果の放棄
一部のクラスにて10回コースで行ってきた瞑想コースも、残すところあと2回となりました。
毎回、参加者の皆様からは心の深いところから、貴重な体験をきかせていただき、私にとってもとても大切な時間となっています。

a0118928_22573856.jpgところで、脳科学者の茂木健一郎さんがおっしゃっていたのですが、自分の問題点というのは、脳はそれを理解すれば理解するほど勝手に克服しようと働くらしいのです。

ですから、たとえば自分の考え方を修正していこうと思うなら、まずは現在の自分を知らなければいけないということになります。

私も含めて、自分にとって都合の悪いことは見ないようにして、うやむやにごまかしてしまう癖のようなものがありますから、意外と自分で自分のことって、わかっているようで、わからない場合が多いように感じます。

そこでまずは、自分がどのような思考回路のパターンを持っているのかをしっかりと認識することが大切で、その認識をするためには、現代の心身医学においても言葉に出す「言語化」の作業がとても有効とされています。

今回の瞑想では、「自分は普段どのような動機で行為を行っているか」というテーマで自分を調べ、後で言語化していく作業を行いました。
このテーマは、カルマ・ヨーガ(行為のヨーガ)に基づいたもので、行為の結果の良し悪しに執着せず、目の前の自分のやるべきことに最善を尽くすこと、そしてそのことこそが最終的には自分を助けてくれるのだ、ということを教えてくれています。
私自身も今までこの教えにとても助けられてきました。

でも・・・自分自身、久しぶりにこの瞑想を行って気づいたのは、いかに自分が普段「結果」とか「見返り」に心を結びつけているかで、そういえば最近、求めてばかりの自分だなぁ、と、ちょっとガクっときてしまいました。
苦しいな、何か報われないな・・と感じたときは決まって、人の評価や見返りや損得など、「結果」を求めている私です。

スワミ・ヴィヴェーカナンダ著の「カルマ・ヨーガ」を久しぶりに読んだのですが、やはりこの本はとてもいいです。
最初に手にとったとき、感激しながら1ページ1ページ読み進めていったのを思い出します。
スワミ・ヴィヴェーカナンダの教えももちろんですが、日本語訳での表現がとてもきれいで感動的です。
特定の訳者は記載されていませんが、どんな素敵な方が訳したんだろう・・・と、想像がふくらみます。
最後に、その本の中から、好きな一説を。



**************


外から来る知識はありません。
それはすべて、内にあるものです。
われわれが、人が「知る」というものは、厳密に心理学的に表現するなら、彼が「発見する」もの、または「覆いを除く」ものであり、人が「学ぶ」というものは、実は彼が、無限の知識の鉱脈である自分の魂の覆いを取り除いて、そこに「発見する」ものなのであります。

われわれは、ニュートンが引力を発見した、と言います。
引力は、どこかのすみにいて彼を待っていたのでしょうか。
それは彼自身の心の中にあったのです。
時期が来て、彼がそれを発見したのです。

世界の獲得したすべての知識は、心から来ます。
宇宙という無限の書庫は、あなた自身の心中にあるのです。
外部世界は単に、あなたに自分の心を研究させる暗示であり、機会であるにすぎません。
あなたの研究の対象は、常にあなた自身の心です。


*************



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-02-25 22:58 | 瞑想 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 内観ワークショップin浜松 TUBAKI >>