Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
リセット、リセット
a0118928_2013918.jpg辛く苦しい体験をした後には、
この愛の世界に深く入って、
その力を汲み出すことができます。


大好きな、文学博士・鈴木秀子先生の言葉です。

辛く苦しいできごとにみまわれたとき私たちはよく
「質問語」を発しているのだそうです。

「どうして私にこんなひどいことが起きるのか」
「何も悪いことをしていないのに、なんでこんなひどいことが・・・」
「なんであの人は私にこんなひどいことをするのか」

など、苦しみの最中にあって自分に質問をしていることが多い。

そんな自分に気づいたときは、その質問を「キャンセル、キャンセル」と言って、頭の中で消してしまえばいいそうなんです。
そして、すぐ次のような言葉に置き換えます。

「このことにはどんな意味があるのだろう。
 今はわからないけれども、意味が見えてくるまで楽しみにまちましょう。
 これを乗り越えて、自分はどんなことを学んでいくためにこのチャンスが与えられたのか」

ということを、いつも自分に言い続けるのだそうです。


・・・・・・・・


上の言葉に出会った時、私は自分の10年来の友である摂食障害について、過去にさかのぼって考えていました。
「これさえなければ」と何度思ったかわからないくらい、怨んでいました。
食行動をコントロールできないフラストレーションから一時はうつ状態にもなりました。
まさに、過去一番私を苦しめてきたものです。

しかし、この長年自分をぼろぼろにし苦しめてきたものが、逆に私に何か与えてくれたものがあるか?
と、視点を変えて考えてみると、そこに全くちがった風景が見えたような気がしました。

苦しみを味わったおかげで、周りの人の苦しみや辛さを感じることが少しでもできる・・・。
傲慢な私は、その傲慢さにすら気がつかなかったかもしれない・・・。
こんなに自分を見つめていなかったかもしれない・・・。

いろいろなことを思いましたが、その中でも「受け入れる」ということを学ばせてもらった気がします。
自分の身体さえもコントロールできないということを何度も何度も突きつけられて、それまで自分の身体を、そして周りのいろんな事々を思い通りにコントロールしようとしていた自分の傲慢さを突きつけられ愕然とした瞬間を、思い出していました。

今このように書いていても、この苦しみが自分を成長させてくれたんだなぁ、と思いました。
こんなことでもなければ、本気で変わろうとはしなかったと思います。


鈴木秀子先生は、続けてこのようにおっしゃっています。

ですから苦しみを受け入れた人は他の人の痛みをも感じることができるといわれます。
私たちは苦しみを通り越えて、より大きな広い愛に向かって自分を鍛えていくのです。
それが生きる意味であり、この人生の修行だといわれています。



まだまだ私も、気がつけば「質問語」を心の中でいっぱい言っています^^;
でも1ミリずつでも、少しずつ前に進んでいきたいと思います。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-10-10 23:20 | ことば・メッセージ | Comments(4)
リンクを追加しました。
今日、友達がインドに向けて旅立ちました。
日本に帰ってくるのは、来年の3月です。

インド北西部のジャイプールという街から2時間のパレイという小さな村で、ホームステイをしながら仕事や制作活動を行うのだそうです。

インドは好きになる人とそうでない人がはっきり分かれるといいますが彼女は言うまでもなく前者で、インドにいる方が元気になる、というくらいインドが好きです。

そんなインド大好きな彼女がインドと関わる仕事がしたい!と夢を持ち続けて今回、その夢に近づく祝福すべき第一歩です。

今回は長期滞在ということで、現地でブログも更新するみたいです。

kacyuaのつぶやきINDIA

a0118928_205367.jpg彼女はもう、きっとインドに到着している頃。
今インドでは、どんな風が吹いているのでしょう?

時々ブログを覗くと、あなたの心にもインドの風がそよそよと吹きこんでくるかもしれません^^


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

(写真は前回インドに行ったときに見た、広大な大地に沈んでいく夕日です)
[PR]
# by ramram-yoga | 2009-10-05 19:59 | 最近のいろんなこと | Comments(1)
アスロン芦屋ジムにて、ヨーガセラピーのクラスが始まります
10月14日より、アスロンジュニアスポーツクラブ芦屋ジムにてヨーガセラピーのクラスがはじまります。

アスロンジュニアスポーツクラブは、もともとは児童に対してスポーツの家庭教師を行っているジムです。
しかし、このヨーガクラスは成人向けで、どなたにでも参加していただけます。

クラスでは、ヨーガセラピーと伝統のヨーガに基づいたやさしいヨーガで心身のより健やかな状態を目指します。
難しい内容はありませんので、ヨーガが初めての方や体が硬い方にも安心して参加いただけます。
自分自身に心地のいい時間をプレゼントするつもりで、クラスへもお気軽にお越し下さい。
ご興味のある方は、10月7日に無料体験会がありますので、是非どうぞ。
ご参加を心より、お待ちしています。



・・・・以下、チラシ内容を記載・・・・

体 験 会 : 10/7(水) 11:15~12:15
通常教室 : 10/14(水)から毎週水曜日 11:15~12:15
会   場 : アスロンジュニアスポーツクラブ 芦屋ジム
入 会 金 : 5,000円
         (10/7~10/13までに入会いただいた方は、入会金OFFキャンペーン!)
年 会 費 : 3,150円
月 会 費 : 6,300円

※定員は12名。定員に達し次第締め切らせていただきます。
※専用マット無料貸出
※更衣室あり

講師
 米澤紗智江(ヨーガクラス"ラムラム"主宰)
 ・日本ヨーガ療法学会 認定ヨーガ療法士
 ・日本音楽療法学会 認定音楽療法士・日本統合医療学会 認定療法士(ヨーガ)

・・・・・・・・


アスロン芦屋ジム
a0118928_1739018.jpg〒659-0015
芦屋市楠町11-17

阪神打出駅より、徒歩5分程度

お問い合わせ・お申込み
【0797—25—1684】 
アスロン芦屋ジム



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-10-02 17:54 | Infomation | Comments(0)
好意的な世界の中に私たちは生きている
a0118928_22581919.jpg
この世のどんなものでも
有害なものは一つとしてありません。
あなた方は敵意に満ちた世界に
住んでいるわけではないのです。

実は、あなた方を完全なる存在へと成長させ、
助力してくれるためにこれらの物事は存在しており、
その真っただ中に、
あなたは存在せしめられているのです。 

   スワミ・チダナンダ著「真理への解放」より




大好きな文章です。

この世界観、素敵だと思いませんか。

私はこの文章を読んで、小学校低学年だった頃のことを思い出しました。
その日は学校に体操服を持っていかなければならなかったのに、学校についてから体操服を忘れていることに気づきました。
気づいた瞬間、下腹のあたりがドーンと重たくなり、足がすくんで、冷や汗が出てきました。
・・・忘れ物をしたときだけではなく、何か失敗をしてしまった時、いつもその体の感覚がやって来ました。
失敗を極度に恐れ、失敗しないように細心の注意を払っていた私。
しかしどうしてもなくならずたびたびしてしまう失敗によって、その都度自分が苦しめられ責められているように感じていました。
何もなくても、次にいつ悪いことが起きるのかといつもびくびくしていた、まさにその頃世界は私に対して敵意を持っているように感じられていました。

今思えば無知な、幼い世界観でした。
しかし、実際は大学生になり、社会人になっても、その幼い世界観を終わらせてはいませんでした。
いつも、また何か悪いことが起きるのではないかと、びくびくしていました。
そして失敗すると、あの幼い頃の冷や汗が出る感覚がよみがえってくるのです。
あぁ、やっぱりまた悪いことが起こった。
やっぱり、やっぱり・・・。
そんな風にして、失敗と自責を結びつけ繰り返し繰り返し自分に刷り込んでいきました。
例えばどこかで頭を打つと、どこからともなく声が聞こえてくるような気がしていました。
「調子に乗ってんじゃないよ」って。
今思うと、自分自身が自分に暗示をかけるようにして言ってたんですね。

今なら、よくわかります。
自分のコンプレックスや劣等感によって、見る世界をずいぶん歪めていたことが。
今ではどこかで頭を打っても、もう以前のように声は聞こえてきません。

チダナンダ大師様は、次のように続けておられます。

 こうして万物はあなた方を助けんと欲しており、
 あらゆる物事はあなた方の成長のための一部にもなっているのです。
 
 ですからもし私たちがこの事実を見て取ることができさえすれば、
 私たちが朝から夜寝るまでに出会う、
 私たちの成長を助ける個々のものすべての役立て方を考えてゆくことが、
 本当にワクワクするような生涯にわたる学習となるはずなのです。
 こうした役立て方の探求には、
 決して終わりということがありません。・・・



こんな物事の捉え方ができるようになるために、
無知や傲慢さを少しでも解放していくことができますように・・・。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-09-29 21:50 | ことば・メッセージ | Comments(0)
目に映るものは・・・
新婚(?)旅行から無事帰ってきました。

ドイツ・チェコ・オーストリアと巡り、建造物や食事、音楽など満喫してきました。

中でも数々の歴史的な建造物は圧巻でした。
写真は一番印象に残ったプラハ城内にある「聖ヴィート教会」です。

a0118928_0411921.jpg
内部に入ると、そのスケールの大きさに圧倒され、もう言葉が出ません。

とにかく、ステンドグラスが美しかった。

ふと、人間をここまで美しさに駆り立てるものは何だろう、と思いました。

ここまで美しいと感じさせたのは、単に外見だけではなく、そこに祈りがあったからだと思います。

当時の人々の宗教的な高みに達しようとする祈りに触れたような気がして、涙が止まらなくなりました。

a0118928_041352.jpg


もうひとつ。
旅行中読んでいた、ヘッセ“デミアン”の一節より。


  わたしたちの見る事物はね-・・・
  わたしたちが心のなかにもっているのと、
  同じものなんだよ。
  わたしたちが心のなかにもっているのよりほ
  かには、現実なんてありはしないのさ。



読んでいると、登場人物がヨーガの哲学で言われていることとそっくりなことをよく言っているので、不思議に思って後で調べてみると、ヘッセは東洋的な思想にも親しんでいたのだそうです。

毎日生きている世界はいかにも現実のようでも、実は心の合わせ鏡のようなものであって、外に見る世界は自分の心の投影である・・・

というのは、ギャーナ・ヨーガ(知識のヨーガ)で言われていることです。

a0118928_1355099.jpgこちらはドイツの野原に沈む夕日。

綺麗なものを見て感動したとき、
「自分の中に綺麗と思える心があるからこそ感動できるんだな」
と思います。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by ramram-yoga | 2009-09-28 01:36 | ことば・メッセージ | Comments(8)