「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
アーユルヴェーダ健康法
a0118928_09305575.jpg

『アーユルヴェーダ健康法』
ウパディヤ・カリンジェ・クリシュナ著


アーユルヴェーダを勉強してみたいと思った時、この本はとても分かりやすく書かれているので、初心者の方にもおすすめです。
私も今まで何度かアーユルヴェーダの講義を受けてきましたが、正直、分かるような分からないような印象を受け、アーユルヴェーダは難しいものだと、少し距離を感じていました。
しかし、この本はそのような距離感を感じさせませんでした。

しかも、決してやさしいだけでなく、アーユルヴェーダの根底を貫いている哲学等、本質的なところも外されていません。
著者は、日本のアーユルヴェーダ界ではとても有名なクリシュナ U.K. 先生です。

本は、このような出だしからはじまります。

 人生の目的は、義務(ダルマ Dharma)を遂行し、利益(アルタ Artha)を十分に手に入れ、さまざまな欲望(カーマ Karma)をかなえ、至福(モークシャ Moksa)とよばれる境地を体得することです。
 道徳や社会のルール、法律に従い、正当に利潤を得て、物質欲、名誉欲、知識欲、性欲など、さまざまな欲望を満たし、さらに、至高の幸福の境地へと至るのが人生の真の目的だというのです。
・・・・



このように、健康法について述べる本の初頭に、まず人生における目的について書かれているところは、アーユルヴェーダが単に心身の健康だけでなく、生命観や生き方をも範疇に入れる「生命の科学」である所以ですね。
真の健康とはどういうことかについて、アーユルヴェーダにははっきりとした見解があるわけです。


アーユルヴェーダを特徴づけているのは「トリ・ドーシャ説」です。
これは人間がヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(火)という3種類の生理機能を軸として生命の維持をしているととらえる考え方であり、これら3つの“ドーシャ(病素)”がバランスをとり、正常に機能している状態が健康であり、バランスを崩して異常をきたしてしまった状態が病気の状態であるということになります。

さらに、生まれつきの体質として、ヴァータ体質・ピッタ体質・カパ体質、またはそれらの混合の体質に分類され、それぞれの体質の身体的性格的特徴について詳細に記されている部分はとても面白いです。

ちなみに私の体質はピッタとカパの混合体質、つまり「ピッタ・カパ」です。
ですがもともとはカパの要素が多く、性質として安定感、ゆっくり、停滞といったものがあるようです。
骨格がしっかりしていて水分をため込みやすく、反応が鈍い、髪が黒くしっとりしている、目や鼻や耳が大きい、これらもカパの体質として特徴的です。
先日アーユルヴェーダを専門としているセラピストさんに状態を見てもらったところ、「ピッタが強くなっていますよ」と言われました。
元々はゆっくりしている性質なのに、ストレスフルになるとどんどん活動的になり、緊張が強まっていくのが私の体調を崩すパターンのようです。

このようにアーユルヴェーダの見方で自分を見てみると、本当にそうだなと思います。
特に大学院生活ではとても忙しく息をつく間もなくて、最後の方には少々燃え尽きのようになってしまっていたのですが、私にとっては許容範囲をオーバーしていたのでしょうね。
現在は仕事の他やることの量を減らし、体調も安定してきたのですが、自分自身とも周囲の人とも調和がとれるちょうどいいペースを少しずつ掴んでいきたいな、と思っているところです。
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-07-06 09:30 | | Comments(0)
段上公民館のクラスでいただいた感想
毎週木曜日の午前中に行っている段上公民館でのヨーガ・セラピーのクラス

よりよいクラスにするために、毎年、みなさんにアンケート調査のご協力をいただいています。

早いもので、この段上公民館クラスは6月で開始から丸7年となります。

開始当初からずっと通ってくださる方も何人かいらして、いつも大体15名ほどで、それぞれ無理せず自分のペースでヨーガを行っていただいています。

今回いただいた感想を、了承を得てご紹介いたします^^


***************

・身体を動かすことにより、血流がよくなっている気がします。
 (50代女性・クラスに通い始めて4年目)
 

・最近必ず全身のポーズや立位のポーズがあるので、固まっている筋肉が伸び、肩こりが以前より良い気がする。
 体幹を鍛えることで、バランスも良くなった。
 体全体の血行が良くなっていると、ヨーガをやった日には感
じる。
 (40代女性・クラスに通い始めて3年目)



・週1教室でやっている程度なのですが、レッスン後は気持ちよく、関節がスムーズになったような気がします。身体だけでなく、脳もすっきりしたような気がします。
 (50代女性・クラスに通い始めて7年目)



・忙しくしている毎日で、自分の身体の不調に気づかずに過ごしていることに、ヨーガをやることで実感できたりします。
 1時間半の短い時間ですが、リラックスできる事は、精神面においてとても良い効果だと思います。
 (50代女性・クラスに通い始めて7年目)


・ヨーガをしてリラックス効果を感じています。ぼんやり落ち着けます。
 (50代女性・クラスに通い始めて3年目)



・週一度でも体と気持ちがリフレッシュできる時間です。無理をしない、ゆ~っくりとした動きがとてもここちよいです。
 (50代女性・クラスに通い始めて4年目)


・1時間半という時間の中で、心身がゆっくりと開放されていく。週に1度リセットされていく大切な時間を過ごせることに感謝しています。向上心の高い先生にずーっとお世話になってついていけたらいいなと思っています。
 (60代女性・クラスに通い始めて7年目)


・体力がついてきている感じがする。焦る事とかあまり無くなって、のんきになってきた気がする。(年齢のせいかな^^)
 (50代女性・クラスに通い始めて7年目)


・今まで通り通い、授業での呼吸法の習得を目指します。ヨーガのポーズで、肩甲骨、腹筋、背筋、股関節を柔軟に、そして筋力の増量に努めたい。
 (70代男性・クラスに通い始めて1年目)


・家ではなかなかすべてのポーズもできませんし、継続的にすることによって効果があるのかなと思っています。
 (60代女性・クラスに通い始めて7年目)


・体調が良い状態を保てることができています。それまでよくぎっくり腰になっていたのですが、クラスに通い始めてまったくならなくなりました。
 (50代女性・クラスに通い始めて2年目)


・日々の生活の中でストレスを感じることも多々あるのですが、気持ちの切り替えがスムーズにできるようになったと思います。物事にはさまざまな面からの見方もありついつい一方通行になりがちな時にも冷静にブレーキをかけ見直しができるような余裕を持てるようになったと思います。
 まだまだ体は固いのですが、そのうち柔らかくなるだろうぐらいの気持ちでいます。シャバアサナの時の腰の違和感が無くなったように思います。
 (60代女性・クラスに通い始めて6年目)


・首、肩上腕など痛みが出なくなりありがたいです。身体も筋肉がついて柔軟になった気がします。就寝前に簡単なヨーガをすると熟睡できるので良いと思います。
 (70代女性・クラスに通い始めて7年目)


・週1回ヨーガに行くようになり、身体の変化に目を向けるようになり、身体面・精神面はお互いが影響しあい、どちらかが安定していると片方も安定してくる、とあらためて気づかされました。
 (60代女性・クラスに通い始めて3年目)


****************


皆さま、それぞれに効果を実感して通ってくださっています。

これからも、通ってくださっている方の心身の健康のために、しっかりサポートさせていただきたいと思います。

段上公民館クラスは随時、無料体験レッスンを受けつけています。

体験してみたい方は、こちらのページの下にフォームがありますので、そちらよりお問合せください。

お気軽にどうぞ^^♪
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-06-30 16:00 | YOGA | Comments(0)
〈身〉の医療研究会 第3回研究交流会
久しぶりの更新となってしまいました。
これからまた少しずつ、ブログでの更新もしていきたいと思います。

6月25(土)・26(日)は、関西医科大学にて〈身〉の医療研究会の第3回研究交流会が開催され、参加してきました。
この研究会は「〈身〉」という心身一如の身体観を共通基盤として、医療従事者やボディワーカー、セラピスト等多様な分野で活躍する専門家が終結し、ワークショップやディスカッションを行うというとてもユニークな研究会で、私も一昨年の第1回目の研究会から毎年参加しています。

今回のテーマは「機能性身体症候群と〈身〉の医療」。
機能性身体症候群(Functional Somatic Syndrome: FSS)は、Wesselyにより1999年に提唱された新しい疾患概念です。
機能性身体症候群、”適切な診察や検査を行っても、器質的疾患(病理学的所見の認められる疾患)の存在を明確に説明できない病態”と定義されています。
つまり、検査をしても異常は認められないのに、疲労感や頭痛、関節痛、腹痛、動機、めまい、下痢などの症状が出てしまう状態のことです。

このような状態の方が受診は、最近増加傾向にあり、どうやらその背景に、心理社会的要因があるのではないかと考えられています。
そこでやはり、医療の現場においても「体や検査結果を見て薬を出したり手術をする医療」だけでなく、「相手の心の状態や生活様式、環境にまで視野に入れた幅広い視点での医療」が必要となってくるのですね。
今回も講演やシンポジウム等、非常に興味深かったです。
医師では、心療内科の先生が多かったのですが、よりより医療的アプローチを目指して真摯に取り組まれている姿勢に感動しました。

また、このような分野で最近注目されているキーワードとして、「内受容感覚(interoception)」があげられます。
これは、自分の体内の感覚、例えば内臓の感覚等のことを指します。
この内受容感覚は、最近様々なストレス関連疾患との関連も研究されていますが、やはり大まかな傾向としては、この内受容感覚への気づきが鈍い傾向にある人は、ストレス関連疾患にかかりやすいということもあるようです。
ヨーガ療法でも、身体感覚への気づきを大切にしていきますが、そうしていると、身体内部への気づきにも敏感になってくるように感じています。
それに加えリラクセーション効果もあることから、機能性身体症候群に対するヨーガ療法の可能性も、大いにあると感じました。


******


ワークショップでは、マインドフルネスをベースとして発展した心理療法「ハコミセラピー」を体験することができました。
ペアになって、セラピスト役がクライアントに触れ、その感覚を味わったり、マインドフルネスの心理状態で自分自身からふっと湧き上がってくる言葉を聴き取ったりしていくワークを行ったのですが、短時間で心の深いところまで到達した感じがしました。


2日間、とても有意義な学びをさせていただきました。
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-06-27 16:29 | 心身医学・統合医療 | Comments(0)
心理カウンセリングを始めました
今月より、ヨーガスタジオ・チャンドラで、心理カウンセリングを始めています。

今回、オープン記念として、7月末まで割引料金でカウンセリングを受けていただくことができます。
これまでカウンセリングに興味はあったけれど、受けたことが無かった方にも、1度是非体験してみていただきたいと思い、このような設定にしてみました。

自分に何が最善か、現在抱えている問題をどのように解決していけばいいのかと、悩んでしまっている時。
実は、その答えはすでに自分の中にあるのですよね。
そこに、一緒に光をあてて掘り起こしていく作業、それが心理カウンセリングの役割だと思っています。

追ってHPにも情報を掲載していく予定ですが、先立ってこちらでお知らせさせていただきます。
もし受けてみようかと思ってくださる方がいらっしゃれば、この機会にぜひどうぞ。
もしかして、ご自分の人生の新たな展開が始まる時期、なのかもしれません。
お待ちしていますね。


***** 心理カウンセリング ******

◆場所:ヨーガスタジオ・チャンドラ
     兵庫県西宮市高松町16-11
     (阪急西宮北口駅から徒歩5分)

◆時間: 毎週水曜日 10:00~18:00 (最終受付 17:00)

◆料金:1回50分4,000円
     → オープン記念につき、1回2,500円
       (お一人様1回限り、7月末まで)

◆ご予約
  予約専用サイト:https://reserva.be/prema
  または、こちらのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
 
  ※お問い合わせフォームより予約される場合、ご希望の日時を第3希望くらいまでお伝えいただけると、スムーズです。
  ※水曜日以外の平日・土日・祝祭日でも可能な日程がありますので、お気軽にお問い合わせください。

◆担当カウンセラー : 米澤紗智江 プロフィールはこちら




♪ 心理カウンセリングについて ♪

 “カウンセリング”と聞くと、少し敷居が高いと感じるかもかもしれませんが、そんなことはありません。心の中に抱いていることを「言葉にして話す」ということ、それ自体がとても大きな力を持っています。カウンセリングではその言葉の力を利用しながら、今現在が抱えている問題の本質をはっきりとさせ、解決に向かっていくサポートをしていきます。
 
◆現状を変えたい方・達成したい目標がある方◆
 現状を変えていくには、現在の行動や思考のパターンを変えていく必要があります。カウンセリングでは、まずどのような自分になりたいか、具体的にイメージを描いていきます。そして、その目標に向かって強力な一歩を踏み出すために、現在の自分がどのようなアクションを起こすことができるかを一緒に考えていきます。

◆不安でお悩みの方◆
 不安は、人間にとって必要な感情ですが、大きくなりすぎると心身ともにバランスを崩してしまいます。不安の多くは、未来の漠然としたものに対して生じてきます。カウンセリングではまず、何に対して不安を感じているのか、具体的にしていきます。そして、どのように対処していくことができるのか一緒に考えながら、最適なアドバイスをさせていただきます。

◆妊娠中・子育て中の方◆
 妊娠・出産という経験は、女性にとって素晴らしい経験であると同時に、非常に大きなストレスにさらされ、心身ともに不安定になる時期でもあります。また、周囲から“妊娠・出産=幸せ”というイメージをもたれやすい分、自分のネガティブな感情に目を向けにくい一面もあります。ですが、ネガティブな感情は排除するのではなく、まずはありのまま感じてあげることが必要です。まずはじっくり、お話を聴かせていただき、赤ちゃんの月齢やお子さんの発達段階に合わせた心理面のアドバイスをさせていただきます。

◆自分と向き合いたい方◆
 日常生活の中で感じる「生きづらい」感覚は、どこから来るのだろう。どうして、この場面でいつも腹が立ってしまうのだろう。対人関係の中で、なぜかいつも同じパターンを繰り返してしまう・・・。自分のことは、一番自分が分かっているようで、実はもっとも冷静に把握するのが難しい対象でもあります。誰にでも、その人特有の“考え方のクセ”、“行動のパターン”があり、その奥に、自分では思ってもいない“心の声”が潜んでいることがあります。その“心の声”に、じっくり耳を傾けていく作業を一緒に行っていきます。

他にも、自分が考えていることを一度整理してみたい方、対処すべき問題に直面している方、ストレスが大きい方、人間関係に悩んでいる方、食べることに困難を抱えている方・そのご家族の方、感情のコントロールが難しいと感じている方。カウンセリングでそれらの問題に向き合い、対処していくお手伝いをいたします。

※ カウンセリングの頻度や回数については、1回~数回で終わる場合もありますし、じっくり問題と向き合っていきたい場合は長いスパンで継続する場合もあります。ご予算や日程のご都合なども含め、ご希望をお伺いしながら最適な頻度や回数をご提案させていただきます。

※ カウンセリングを受けるにあたり、ご不明な点、ご不安な点がある場合は、遠慮なくお問い合わせください。カウンセラーには、カウンセリング中に知りえた相談者のプライバシーを守る義務があります。カウンセリングを利用していることやその内容・個人にかかわるすべてについて、ご本人の許可無く第三者に伝わることは決してありませんので、安心してご相談ください。


[PR]
# by ramram-yoga | 2016-04-18 13:35 | Infomation | Comments(0)
あなたを愛しているという人が誰もいない日には
ゼミの指導教員である冨永良喜先生が紹介してくださったTEDの「荒れた学校を建て直すには」。


「あなたを愛しているという人が誰もいない日には、私が言うわ いつだって」

感動的でした。
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-02-26 16:49 | ことば・メッセージ | Comments(0)