Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
世界はうつくしいと
a0118928_19554223.jpg
この6月で6歳になった息子。
最近、何を言っても、「なんで?」の嵐です。
説明しても、それに対して「なんで?」。
また説明しても、「なんで?」。

先日、食事中に、肘をつかないように注意をしたら…
出ました!
「なんで?」攻撃(笑)
お行儀が悪いからよ、とか、そういう決まりだから、と伝えても、「なんで?」と納得できません。
考えた末、「美しく食べよう。美しい姿勢ってどんな姿勢?」と言いました。
すると、「なんで?」がピタッと止まりました。
そして、「こうかな?」と言いながら、スッと肘を引き、背筋を伸ばしました。
おまけになんと、表情も引き締まった。

美しいという言葉、息子なりに何か感じることがあったのでしょうね^^


***************




「世界はうつくしいと」
長田弘

うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇りの日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。





[PR]
# by ramram-yoga | 2017-07-27 20:03 | ことば・メッセージ | Comments(0)
意識の受動仮説
これは、面白いです。

意思決定や行動は、「私」がやっていると思い込んでしまっていますが、実はそれは違うのだというお話。

意思決定し、行動を起こす主体は、意識的な私ではなく、無意識領域である…。



*****

今日は1日、文献の山に埋もれながら論文を書いていました。

いつもなら途中から頭が重~くなるところですが…

この受動仮説のように、「私がやるんじゃなくて、頭の中の小人さんがやってくれる」という考えでやると、とても効率よくはかどりました^^






[PR]
# by ramram-yoga | 2017-07-25 16:51 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
TFTアルゴリズム

a0118928_02133206.jpg
この三連休のうち16・17日の2日間は、今月2回目となる東京へ。
代々木のオリンピックセンターで、日本TFT協会主催のTFTアルゴリズム(初級)の専門家向けトレーニング・コースを受講してきました。
TFTとは、「思考場療法」という、心理療法の一つで、”エネルギー心理学”という分野に入ります。
前々から、心理の師匠に是非受講するようにと勧められていたのですが、今回やっと受講することができました。

TFTの方法はとってもユニーク。
ネガティブな感情にフォーカスをしながら、東洋医学でいうところの”ツボ”をトントンするのです。
すると、あら不思議。
それまで感じていた不安等のネガティブな感情が、スーッと低減していくのです。
パニック障害やトラウマの治療にも有効であるとのこと。

講師の森川綾女先生もとっても素敵で、懇親会時にはちゃっかりお隣の席に座らせてもらい、いろいろとお話をお伺いしました。
すっかり、ファンになってしまいました。

さて。
これからしっかり臨床でも使用していきたいと思います。
目の前の方に少しでも役立つことがお伝えできるような、新たな道が開けてくることは、とってもありがたく嬉しいことです。


たちまち今、不安や疲れなど感じている方。
こちらの動画で、試してみてくださいね。
結構、効果がありますよ^^





[PR]
# by ramram-yoga | 2017-07-17 20:09 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
放射する光
わが道をぐんぐん突き進むような推進力の強い人や、周囲の注目を浴び人が集まってくる人というのは、外側に向かって放射するような光を放っているように感じられます。
以下、そんな方々のイメージ図。


前も記事に載せたこのお方。
放射する力が強い人は、同時に吸引力も持ち合わせています。
a0118928_23192233.jpg



白い閃光を放つ人。
まばゆい光でその時いた広い部屋全体が真っ白になり、その人の姿も見えなくなってしまったように感じられました。

a0118928_23192131.jpg



こちらは、ある医療従事者の方。
強くはないのですが、一隅を照らすような、なんとも温かみのある光を感じました。
”愛”という言葉がぴったりでした。

a0118928_23192227.jpg



こちらは、ヨーガ療法士の先輩。
とても純粋で、何年も誠実な修行をしている方です。
ある時、その方が人前で話をしている姿を眺めていたのですが、胸のあたりから眩い光が噴き出し、あたり一面がキラキラと明るくなっていくように感じました。
a0118928_00052119.jpg

ヨーガを長年やっている人には、美しい光を発しているように感じられる人がたくさんいます。
私自身も、そんなヨーガの先輩方に憧れて、ヨーガに没頭していきました。

清らかな人の光は、それを見る人の心をも照らし出す。
純粋な人の心に触れると、それだけでこちらも浄化されるようです。






[PR]
# by ramram-yoga | 2017-07-13 00:06 | drawing | Comments(0)
社会的視点から身体感覚を捉える
a0118928_16021028.jpg
今年4月から出席させてもらっている、京都大学の「現代社会論演習」の授業も、今日で前期最終回でした。
講義というよりはゼミといった方が近い感覚のこの授業で、今まで出会ったこともないような分野の方々と交流し、今まで持ったこともなかったような視点を得られたことは、私にとって大きな収穫となりました。

前回と今回の授業では、出席者の一人一人が自分の関心ごとや、これからの方向性をまとめて授業の中で発表するという内容でした。
皆さんおひとりおひとりの発表に、また新鮮な刺激をたくさんいただきました。

私も今回の機会に改めて、自分の一番の関心ごとは何かと考えてみましたが、出てきたのは意外にもとってもシンプルなことでした。
それは、身体感覚。
ということで、「身体感覚に気づくことの臨床的意義」と題し、今の自分の考えをまとめて発表しました。

すると、なんと、それを頷きながら聴いていた広井先生が、上記のような図を黒板に描きながら、私の発表を社会的視点からまとめてくださいました。
個人と社会と自然という、重層的構造がある(三角形の図)ように、個人そのものの中にも重層的構造がある。
それは、個人(自我としての私)と、社会的関係性の中の私、そして身体/生命としての私。
現代の日本社会に生きる私たちは、社会的関係性(つまり世間体や他人からの評価)を重視しすぎるあまり、自分自身の身体/生命といったものに気づきにくい事態となってしまっている。
それに対し、身体感覚に意識を向け、そこに気づいていくこととは、まさに身体/生命に気づき、人間の本質的部分に立ち戻るきっかけとなるのではないか。
そのようなお話をしてくださいました。

なるほど!と、納得。
自分の考えを第三者の言葉で聴くと、また違った印象を受けるのが面白い。
いつも、目の前の人や事象など、ミクロレベルで物事を捉え、考える傾向のある私ですが、このように他者の視点で改めて自分のやっていることを眺めるというプロセスは、とても新鮮でした。

最近は、だんだんとアウトプットの機会が増えてきています。
このブログも、私にとっては貴重なアウトプットの機会です。
自分の体験したこと、感じたことをこんな風にアウトプットすることで、それがどんどん展開していくのですね。
10月から始まる後期の授業も、楽しみです。







[PR]
# by ramram-yoga | 2017-07-12 16:29 | 社会的視点 | Comments(0)