Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
幸せな神様
a0118928_23122553.jpg

この土日は、上智大学で人体科学会第27回大会が行われ、参加・発表してきました。
この学会は尊敬する素敵な先生方がたくさん集まる大好きな学会で、今回も本当に収穫の大きな会でした。
台風が心配だったのでお昼すぎ早々に東京を出ましたが、京都まで帰ったちょうどその時に在来線が全線ストップ。
家族が駅に迎えに来てくれて、無事に帰宅することができました。


********

さて、今日は早く寝たいところですが、最近思っていることを言葉にしたくって、パソコンに向かっています。

この一週間余り、ほとんど動き回っていて息をつく間もなかったのですが、不思議としんどくなりません。
やる事が山積み、でもそれをする時間がない・・。
でも、憂鬱になったり、混乱したりはしないのです。
何が違うのかな…と考えましたが、思い当たるのはひとつ。
自分の心の状態です。

私は今、毎日が幸せで満ちたりています。
そして、1日1日と、その幸せ感が増していくのです。
人の思いやりに対する感度が、何十倍も上がったと思います。
それまで何気なく感じていた、例えばコンビニでスーパーで店員さんが丁寧に接客をしてくれた、エレベーターでドアを開けて待っていてくれた、等の人の親切を受ける度に、胸がいっぱいになります。
歩いているだけで、幸せがいっぱいになって、涙が出てくることもあります。

私は今まで、人の心は放っておくと、自然とネガティブな方向にいってしまうのだと思っていました。
だから、繰り返し繰り返し自分の心を客観視して、ネガティブな思考回路の軌道修正をしていかなければならない、と。
確かにそれも、一理あるでしょう。
でも、本当はそうではない。
むしろ、正反対です。
きっと、人というのは放っておくと、幸せにしかなりようがないのです。
そして、満たされているのです、すでに。
並大抵の満たされ具合では、ありません。
充満して満ち満ちて、溢れて止まらなくなるくらいの、満ち足り方です。
今、幸せでないとしたら、満ち足りていないとしたら、それは自分が閉ざしているからです。

もう一つ。
生きているということは、何かを失っていくことではない、ということ。
生まれた時から死に向かっていると憂いたり、大切な人やものを無くしたと絶望したりする必要もないのだと思います。
なぜなら、それは、人間の限定された理性で現象を捉え、そして、固定化した視点で物事を捉えているからです。
私自身は小さい頃からずっと、諸行無常のこの世界に対する”憂い”のような感情を持っていました。
今はそのような情感はありません。
ある時を境に、無くなってしまいました。
情感というのは、変化します。
ある現象に対してその人が付け加えた意味づけの世界に生じてくるものですから。
そして情感は主体ではありません、客体です。

失っていくという気がしないのです。
特に、死ぬことに対しての憂いの感情というのには、強烈なものがありました。
でも、もうそれも、あまり感じることはありません。
自分が無くなる、という気がしないのです。
もちろん、個としての”私”は、いずれ死ぬでしょう。
でも、そんなこと言うのなら、”私”はたった35年前にはいなかったではないですか。
そんなちっぽけな限定された”私”が、私の本質なのでしょうか。
それは、違うはずです。
むしろ、どんどん得て満たされていく…というか、私はいつもすでに満たされていて、完全なのだということを、思い出していく過程にいることに気づくのです。


そんな実感が深まっていくと共に、夫がとても神々しく思えてくるということがありました。
これらは、同時でした。
夫は、私がこんなに休みの日に家を空けまくっても、嫌な顔をたったの一度もしたことがありません。
いつも「いいよ」と機嫌よく送り出してくれ、子どもの面倒を見てくれ、家事もすべてやってくれます。
出会った頃、「一途にひとりの人を思い続けることと、思いやりを絶やさないことには自信があります」と言っていて、その時にはそんなに気にも留めず、へぇそんな人がいるんだなと思っていたのですが、本当にその通りのことをしてくれています。
夫があまりに私に対していろいろなことをしてくれることに、以前は「悪いなぁ」負い目を感じていました。
でも、今はその好意を存分に受け取って、喜んで、幸せでいることにしています。
遠慮するよりそうした方が、お互いがとっても幸せなのです。
そしてつくづく、あぁ、夫って、私の神様だなぁと思いました。
そんなことをはっきりと意識した今日、6歳の息子が突然、私にびっくりするようなことを言いだしました。



 息子「ねぇねぇ、僕が神様だって、知ってる?」

 私「?!」


突然の発言に少し驚きながらも、本当にそうだなと思ったので同意しました。



 私「うん。知ってるよ。」

 息子「神様がもう一人いるって、知ってる?それはねお父さんなんだよ。」

 私「うん、そうだね。知ってるよ。」

 息子「この家にもう一人神様がいるよ。それはね、お母さんだよ。」

 私「そうだね。この家には、神様が3人いるね。」

 息子「うん、そうだよ。」



…そうか。
人の内に神性を見出すということは、そういうことなのか。
で、思いました。

ちょっと、まてよ。
神様って、本当は一体、何者⁈
”わたし”って一体、誰?

このような死生観やアイデンティティに関する問いには直接の回答はありません。
なぜなら、問いに答える術がないのです。
問いというのは、分離や限定を前提にした世界からしか、出てこないのですから。
でも、求めている人には、問いへの直接の答えがもたらされない代わりに、世界観の広がりがもたらされます。
視点が変わり、価値観が変わります。
そして、問いそのものが変容していきます。
終着点があるとするなら、そこにはきっと問いへの回答はありません。
問いそのものが生じないのです、きっと。
そこは完全に満ちたりているのですから。


***************


今晩は、京都駅まで雨の中迎えに来てくれた夫と息子と3人で、回転寿司へ。
写真は最後にチョコレートケーキを幸せそうにほおばる小さな神様です^^
a0118928_23122806.jpg




愛と感謝をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2017-10-23 00:41 | 最近のいろんなこと
初級ダルシャナ自主研修会@福井
今日は、特急サンダーバードに乗って、福井へ。

ヨーガ療法士向けの自主研修会のファシリテーターとして、お伺いしました。
富山や金沢からも、熱心なヨーガ療法士の方が、参加してくださいました。

a0118928_19494390.jpg

この研修会では、ひたすら練習を繰り返します。
相手が何を体験しているのか、そして何を伝えようとしているのか。
相手の関心に関心を向け、全身で聴くということはどういうことなのかを、実践を通して深めていきます。
3時間みっちり、練習しました。
a0118928_19494889.jpg
カウンセリングを学び始めた当初、私にはひとつの不安がありました。
ヘンに人の心を扱う術を知ってしまうと、相手のことを純粋に理解することから遠ざかってしまうのではないか、と。
でも、今、当時の心配は全く不要だったことが、分かります。
学べば学ぶほど、自分の価値観から離れ、相手の人をそのままみる、という感覚が強まってきています。

私の長らくのテーマは、「ひとつになる」ということです。
相手のことを、全く誤謬なく、純粋に”わかる”。
そして、自分と相手に全く隔たりが無くなる。
お互いに何の疑問も疑いも生じなくなり、完全に満ちたりる。
こういうことが、カウンセリングでできるようになれたら、この上なく幸せです。


*************



永平寺訪問と、
a0118928_19495637.jpg

美味しいお蕎麦という、感動的なおもてなしがセットになっていました。

a0118928_19500112.jpg
感謝と愛とこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2017-10-18 20:24 | 活動記録
Ram-Ram's Room で初めてのヨーガクラス
今日は、ラムラム・ルームで初めてのヨーガクラスを行いました。

a0118928_21380003.jpg
昨日はダスキンさんに床のお掃除に来ていただき、サラサラのカーペットに生まれ変わりました。
ヨーガマットの色は、ラベンダーローズをチョイス。



窓からの眺め。
a0118928_21380581.jpg
ここからの眺めが好き。
とにかく、ここが大好き・・・!^^

そして、改めて、ヨーガを教えることが大好きなのだということを、感じました。
ヨーガを教え始めて10年が経とうとしていますが、とにかくヨーガを教えるのが好き。
教えていると、この上なく幸せなのです。
毎回毎回、全く色あせることなく、至福を感じます。

a0118928_21380988.jpg

気が向いたら、ふらっとお越しくださいね。
心より、お待ちしています。




感謝と愛をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2017-10-16 21:52 | YOGA
カレンダー作成秘話
先日自費出版した日めくりカレンダー。
今朝も、メールでご注文いただきました。
こうして愛のメッセージがみなさんのお手元に届くことを、心から嬉しく思っています。
ありがとうございます。


さて、今日はカレンダーの作成秘話を。
日めくりカレンダーにしては、文章は多めです。
にもかかわらず、実際の作成期間は1週間ほどでした。
元々形になるべくして、できたカレンダーなのだろうな、と思います。

カレンダーの各ページに入れた写真は、以前から撮りためていたとっておきのを使いました。
これらの写真も、文章に合わせてピタッピタッと当てはまっていったのですね。

それに加え、カレンダー用に新たに撮影した写真もいくつかあります。
その一つが、こちらのお花。
a0118928_14145005.jpg
「あなたのカレンダーに私を載せて!」と言わんばかりに、アピールをしてきてくれたのです。
カメラを向けると、花びらをいっぱいに開いてポージングまでしてくれました。
なんとも可愛らしいです。


もう一枚は、この表紙の写真。
a0118928_14144596.jpg
最初は、違うお花の画像を表紙にしようとしていたのですが、最後の最後に、「やっぱりこれだ」と思ってこちらの写真にしました。
この蝶々さんは、カメラをうんと近づけているにもかかわらず、撮り終わるまでじっと待っていてくれました。
撮影した瞬間、飛び立っていきました。
20日目のページにも登場してくれます。

そんなことがあり、いろんなものに協力してもらってできたカレンダーです。

出来上がったカレンダーには、祈りと愛を込めています。
"このカレンダーを受け取った人に、目覚めが訪れますように” と。
ちょうど、普段から親しくしていて、そして私の尊敬する、気の達人級のお二人がいらしていたので、3人で出来上がったばかりのカレンダーを囲み、カレンダーに光を送りました。
積み上げられたカレンダーが、それはそれは眩しく輝いているように、私にははっきりと感じられました。



気の達人お二人の、遠目ショット。
a0118928_23224644.jpg



200部作製したカレンダーのうち、すでに50部ほどが人の手に渡りました。
これからも、必要な人に、ベストなタイミングで届くのでしょう。
カレンダーご希望の方は、下記サイトにご注文方法をご案内しています。




   感謝と愛とこめて






[PR]
# by ramram-yoga | 2017-10-15 14:39 | 日めくりカレンダー
原理原則セミナー
a0118928_19502785.jpg
今日は、鍼灸瑛で、美構造Ⓡメソッドの原理原則セミナーを受講しました。
写真で実習の相手をしてくださっているのは、美構造メソッド開発者の藤原寛先生です。

指導者側の意識状態、身体の使い方ひとつで、こんなに相手の体が変わるなんて…。
衝撃と感動で、目から鱗の連続でした。
”治療的自我”の原理に通じるところがありますね。
これから、また、普段の臨床でもしっかりアウトプットしていきたいと思います。

美構造(R)開脚システム養成講座を2017年12月27日(水)に開催します。
私と、鍼灸瑛 の渡邉先生とのW講師です。
詳細は、以下をご覧ください↓


************


さてさて、来週末は上智大学で開催される人体科学会に参加・発表してきます。
プログラムも、アップされています。

今回の発表タイトルは
「“気”の理解・体得がセルフケア能力の向上に寄与した一事例 ーその過程及び臨床的意義について ー」
人体科学会は、”気”という概念も俎上に上げてしっかり議論することのできる、とても懐の深い学会。
初代会長は『身体論』で有名な哲学者の湯浅泰雄先生です。

まだスライドができていません。
今日これから作ります。
徹夜かなぁ^^;
楽しんでいきましょう。



  愛と感謝をこめて

[PR]
# by ramram-yoga | 2017-10-13 19:54 | 美構造メソッド