「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
Who am I ?

a0118928_00114074.jpg
私は、誰?
ヨーガでは、aham asmi (私は…である)という自我意識を生じさせるのは ahamkara(我執)という内的心理器官であるとされています。
この ahamkara は自己の本質ではないのだと、ヨーガで学び、何度も確認して理解していたつもりでした。
なのに、これまでずっとずっと、自我意識本位で物事を見聞きしていた…。
数日前に、視点が突然ガラッと変わる体験をして、そのことに気付きました。
自分の心臓が鼓動する大元である chaitanya (純粋意識)に向けて、ひたすらマントラを唱えながら瞑想をしていた時のことでした。

私たちは、「私」という個人が他の生命と分離して存在しているということに、何の疑いも持たず暮らしています。
しかし、それが、自分の想念が作り上げた幻想だったとしたら?
常に欠乏感を持ち、到達したいと渇望しながら終わりのない探求を続け、個の意識を強め続けることにならないだろうか。

逆に、「こうありたい」「よりよく変化したい」という想いを手ばなし、個の意識を弱めていく先に広がる世界に、行ってみたい。
力を緩め、委ねて、任せきる。




あなたの源を探し求めなさい。
「私」という想念が湧き上がってくるところを発見しなさい。
どんなものをわれわれはより確かだと思うことができますか、
またわれわれの真我よりいっそう確かなものを知ることができますか。
これは直接的な経験であり、それ以上説明することができません。

もし今の「私」が消え去ると、
心はそれが神話に過ぎないということがわかります。
残っているものが純粋な真我です。
深い眠りの中では真我が身体や世界を知覚することなしに存在しており、
そして幸福が君臨しています。

『不滅の意識ーラマナ・マハルシとの会話―』より





[PR]
# by ramram-yoga | 2016-08-13 00:09 | 瞑想 | Comments(0)
山の日のヨーガ
a0118928_17482821.jpg
毎週木曜日に段上公民館で行っているヨーガクラス。

今日は祝日でしたが、通常通り行いました。

久しぶりに来てくださった方がいたり、知り合いが初体験に来てくれたり、嬉しいレッスンとなりました。

******

私たち人間は知的に非常に発達していますから、ともすれば思考の世界で生きてしまいます。

過去の嫌な出来事を思い出すと、それが今あたかも目の前で起こっているかのようにイメージする高度な想像力を、私たちは持っています。

そして、その時、体もその嫌な体験をしたときと同じような反応をしているのですよね。

息が浅くなり、体がこわばり、萎縮してしまいます。

未来に対する不安もしかり。

でも。

それは私たちの頭が作り出した幻想。

「今・ここ」には、ないのです。

そのことを、よーくよーく観察していく。

何度も、何度も、みていく。

そして、ただ起こっていることと、頭の中の幻想とを、はっきりと区別していく。

そうしていくことで、普段私たちの頭の中で延々と続く思考のおしゃべりや、移ろいゆく感情が、自分の本質ではないことが、少しずつ分かっていきます。

私たちの本質は、動き回り、移ろいゆくものの背後に在る、不変なるもの。

常にそこにあるもの。

静けさと、歓喜と共に。

そこに意識を合わせていくのが、ヨーガです。

焦らず、自分のペースで大丈夫。

「できない~!!」と焦っても、自責の念が増えるだけであまりいいことはないですよ(経験済みです・笑)

私自身も、年数を重ねるごとに少しずつ少しずつ、深まっていく感覚を持っています。

一緒に、やっていきましょう^^

*******

この段上公民館クラスのお月謝は3000円ですが、単発1500円でも受けていただけます(2回以上はお月謝制で3000円となります)。

お気軽に、お越しくださいね。

皆さまと一緒にヨーガをする時間は、私にとって本当に幸せな時間です。


(写真は、昨日仁川の清流にて、子どもと水遊びをした時のものです。)

[PR]
# by ramram-yoga | 2016-08-11 17:47 | YOGA | Comments(0)
1~7月の読書本
今年上半期に読んだ本を記録がてら記しておきます。

**************

1.『反省させると犯罪者になります』岡本茂樹著
2.『妊婦の』
3.『状況に埋め込まれた学習-正統的周辺参加』福島直人
4.『「気」で知る深層心理学』河野十全著
5.『人間の神秘 第1部 生命の神秘』河野十全著
6.『人間の神秘 第2部 「気」で生きる』河野十全著
7.『人間の神秘 第3部 生命を探る』河野十全著
8.『仏教思想のゼロポイントー「悟り」とは何か』魚川祐司著
9.『看護の力』川嶋みどり著
10.『看護のための精神医学』中井久夫、山口直彦著
11.『ゆるんだ人からうまくいく』ひすいこうたろう×植村紘治
12.『心的トラウマの理解とケア』金吉晴
13.『面白いほどよくわかるフロイトの精神分析』立木康介著
14.『臨床家のためのDSM‐5』森則夫、杉山登志郎、岩田康秀著
15.『ウニヒピリ』イハレアカラ・ヒューレン、KR女史、平良アイリーン著
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-07-31 15:12 | | Comments(0)
摂食障害の方へのカウンセリング・ヨーガ療法
この春大学院を卒業し、少しずつ臨床活動を増やしていっているところです。

以前、摂食障害の方へのヨーガ療法グループをヨーガスタジオで開催していましたが、現在は大阪府豊中市にある黒川内科で行っています。

黒川内科では、毎週月曜日の9:45~10:45に、摂食障害の方のためのヨーガ療法グループを行っています(私が担当しています)。
ポーズの完成度や「こうでなければ」という思い、自分へのジャッジ等から解放され、ただただ「今、ここ」に生じてくる身体感覚に意識を向けていきます。
身体感覚を通して自分に気付くこと。
私自身、なんどもなんども繰り返していますが、シンプルながら、やればやるほどその奥深さに驚かされます。
摂食障害からの回復とは、今まで自分の中の目を向けていなかった部分に優しく光を当てていく過程である、と思っています。

月曜日の11:30~17:00は、30分単位で個別に心理カウンセリングを行っています。
(心理カウンセリングは、摂食障害以外の方へも行っています。)
ヨーガが身体感覚を通して自己理解を深めていくものであるなら、言語によるカウンセリングはそれをもう少し理知的に行っていく作業になります。
過食や拒食を始めたきっかけ、どんな時に症状が激しくなるのか、なぜ何年も症状が続いているのか。
現在の生きづらさと症状が、どのように関連しているのか。
一緒に、探っていきます。
絡まってこんがらがってしまった糸を、少しずつ少しずつ解きほぐしていく、そんな感覚でしょうか。



どちらも予約制で、その前に医師の診察を受ける必要があります。
黒川内科の院長である黒川先生は、摂食障害がご専門でもあり、患者様のお話しをいつも丁寧に聴いてくださる優しい先生です。



*************

黒川内科 (心療内科・内科)

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1-6-41
電話 : 06-6853-1100 
URL : http://www1.odn.ne.jp/kurokawa/index.htm

*************

これを見てくださっているあなたが、最適なタイミングで、最適なサポートを受けられることを祈っています。

[PR]
# by ramram-yoga | 2016-07-26 17:21 | 摂食障害 | Comments(0)
心的トラウマの理解とケア
臨床心理士の資格試験に向けて、引き続き関連書物を読んでいます。

今日読み終わったのはこちら。

心的トラウマの理解とケア

金 吉晴 / じほう



PTSDという言葉が広く知れ渡るようになって久しいですが、このような病気の発症の原因となる心的トラウマ(外傷)を受けた方に対する専門化向けのガイドラインです。

心的トラウマと一言に言っても、今回の熊本地震のような自然災害や、地下鉄サリン事件などの集団毒物汚染事件、JR福知山線脱線事故のような過失災などの中~大規模なものから、虐待、性暴力被害、DV、いじめ等の個人レベルでのものまで多岐にわたり、それぞれに症状の出方の特徴や介入の仕方が少しずつ違ってきます。

そのあたりのことがよく分かると同時に、執筆された先生方の熱意が伝わってきて読み終わった後にある種の感慨が残りました。



心的トラウマを受け、外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する人にはいくつかの共通する特徴があります。

●侵入症状(再体験)
 その出来事が自分の意思とは関係なく繰り返し思い出される
 出来事についての苦痛な夢を繰り返し見る
 当時感じた強い心理的苦痛を反復して体験する

●回避・麻痺症状
 その出来事と関連した思考・感情および場所・活動・人物を避けようとする努力
 出来事の重要な場面を思い出すことができない
 生活における重要な活動への無関心
 感情が乏しくなる
 未来に希望が持てない

●過覚醒症状
 入眠できない、夜中に目が覚める
 怒りっぽくなる
 集中力の低下
 過度の警戒心を持ち、過度に驚いてしまう



心的トラウマを受けた後に生じるパニックや悲嘆反応は、“異常な事態に対する正常な反応”であり、おかしいことではありません。
しかし、上記のようなPTSD症状が出ている場合には、やはり何らかの形で専門家の助けを借りる必要が出てくることになります。
PTSDの治療体制は、わが国では地下鉄オウムサリン事件があった頃から少しずつ確立されてきているようです。
また、関西では阪神淡路大震災があった関係で、トラウマケアに関する専門家が多い地域でもあります。
私の通っていた兵庫教育大学大学院でも、児童虐待、大規模災害、大規模事故、DV被害など様々なトラウマに対して専門的に研究・実践されている先生方がおられ、トラウマ・ケアについて学ぶことができました。


心的トラウマを受けた人が、どの専門機関にアクセスするかはとても重要なことだと思います。
それぞれの医師の、言ってみれば得意・不得意がやはりどうしてもありますので、例えばあまりにトラウマに関する知識や治療経験のない医療機関にアクセスすると、なかなかニーズにあった治療を受けることができないのも、また事実だと思います。


兵庫県では、兵庫県こころのケアセンターでしたらトラウマ・ケアを専門とする先生方がいらっしゃいます。
こちらで実際に治療を受けるかどうかは別としても、相談することで何か有益な情報が得られるのではないかと思います。
心的トラウマを受けている人たちが、少しでも適切なケアを受けることができますように。
[PR]
# by ramram-yoga | 2016-07-26 01:12 | | Comments(0)