Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
曼荼羅
a0118928_06365485.jpg

a0118928_06365566.jpg

a0118928_06365631.jpg



曼荼羅は、人間が精妙な光を表象に落とし込む過程で、粗雑化したものなのではないかな?

というのが、最近の実感です。

粗雑化というには、あまりに美しく精巧なのですけれど^^


*************


10月に新たにOPENするヨーガクラスのご案内はこちらです↓
少しずつ、お問合せ&お申込みをいただいています^^


愛をこめて






[PR]
# by ramram-yoga | 2017-09-09 06:36 | drawing | Comments(0)
真理に心をひらく
a0118928_19482708.jpg

真理を悟りたくて、本当のことが知りたくて、幾度となく意識の奥深くに潜ろうとしてきました。
そして、そのたびに突き返されるような気がしていました。
何度も何度も突き返されては落胆して、の繰り返し。
でも、時折垣間見る、言葉には表しがたく崇高な世界に惹かれて、今までやってきたのだと思います。

今、目の前に立ちはだかっていた障害が、実は自分が作り上げていただけで、本当は無かったのではないかと思うようになりました。
真理とは、どこか別の場所にあるのではない。

真理があるなら、他のどこでもなく、今ここにある。
私たちが真理に到達していないと感じるとするなら、それは真理に対して心を閉ざしているだけなのではないでしょうか。
それに対して、自分の心を開きさえすれば、そこにある。
真理は今ここにある。

そう、感じています。


**************



今に 完全性を見出すこと
この たった今が 完璧なのです
どこかへ向かい 手に入れるのではありません

今 すべてがここにあります
今 この中に 完全性を見出してください
あなたはすでに 完全なのです

そのことに 気づくのです
ただ 思い出せばいいのです

目覚めなさい
この真実に 心をひらいてください
あなたの準備が整いさえすれば いつでも
この世界はあなたに本当の姿を明かします
あなたを待っています 今か 今かと
愛しいあなたへ
愛をこめて


光輝&慧眼『愛しいあなたへ』より







10月にOPENするヨーガクラスのお知らせは、こちらです↓





[PR]
# by ramram-yoga | 2017-09-04 20:08 | Comments(0)
瞑想と霊性の生活へ
a0118928_18132413.jpg
今日は、家族3人で大阪府三島郡の新居を見に行ってきました。
今年の春、他の用事でたまたまこの地を訪れた時、「ここに住みたい!」と、思いました。
その時は、それが現実になるとは、思ってもいませんでしたけれど。
その土地に身を置くと、とても静かな気持ちになるのです。

今住んでいる西宮は、とても気に入っていました。
日当たりが良く、落ち着いていて、窓を開けると上の写真の風景が広がり、向こうに見える六甲山からさわやかな風が吹き抜けていきます。
陰陽で言うと、陽を強く感じる土地でした。

しかし、これからの私にとっては、少し陽が強すぎる場所となったようです。
これから、前に前にと表立った活動をしていくことが、減っていくように感じています。
不思議ですが、そんな気がしています。

一昨日お話させていただいたイベント「常識のカベ」で、メインとなった内容は、役割について、でした。
自然界では、誰が一番ということは無く、それぞれがそれぞれの立場において、その存在にしかできないことをすることで、完全な調和と循環が成り立っています。
これは、人間界でも、同じことが言えるのではないでしょうか。
人間は一人一人分離しているように見えて、実は誰一人として独立して存在することはできません。
ある人が、ある意識状態にある時、それは必ず、周囲に影響を及ぼしています。
その意味で、人間は孤独な存在ではありえないのです。

今、私に起こっていることは、ひとつは思考がどんどん減って、とても静かである、ということです。
実際的な生産性は、減ってきているように感じています。
この、私の静けさの深まりは、他の誰かに影響し、その人の強力な活動力と推進力となって顕れているのだと思います。
そして、その人が強烈に活動すればするほど、私はますます静かになっていき、意識の奥底に沈殿していくような気がしています。



****************


誰の生涯にもやがては、霊的理想の呼びかけを感じるときが必ずやって来る。
こうした呼びかけが来たときには、耳を傾けずにはいられない。
そうなればこの世の何ものも、満足を与えてくれはしない。
その崇高な呼びかけの命令に従うまで、平安を見出すことはできない。
この内なる目覚めと、より高い理想に従おうとする止まれぬ衝動が、霊性の生活の始まりのしるしである。
それからは生涯を通じて、霊性の理想が彼を魅了し、絶えず心に去来する。
このように世俗の理想の追求から霊性に追求に変わることは、「回心」と呼ばれる。
霊性の生活はそこから始まる。
この回心はある人の場合には突然に起こり、またある人の場合には緩やかに展開する。

スワミ・ヤティシュワラーナンダ著『瞑想と霊性の生活1』より






愛と感謝をこめて






[PR]
# by ramram-yoga | 2017-09-03 18:45 | ことば・メッセージ | Comments(0)
新たにヨーガクラスがOPENします
2017年10月から、新たなヨーガクラスをOPENすることになりました^^

このブログのタイトルは”Ram-Ram's Room(ラムラム・ルーム)"なのですが、実際のスペースとしての Ram-Ram's Room を開設することになるとは。
思ってもみませんでした。
嬉しいです。



木漏れ陽のヨーガ教室
Ram-Ram's Room  ~in the green~
a0118928_12103250.jpg
レッスン日時
毎週月曜日 10:00~11:30
祝祭日はお休み
1レッスン 3,000円
6回チケット  15,000円 (4ケ月間有効)

※ オープン記念につき10月16・23・30日は
    1回2,000円でお受けいただけます(要予約)。


Access
大阪府三島郡島本町山崎
 阪急大山崎駅より徒歩13分
 JR山崎駅より徒歩10分
※詳しい場所については、お申込みいただいた時にご説明します。


ーこんな方におすすめですー
慢性的なストレスや疲労でお悩みの方
肩こり、頭痛、めまい、腰痛、不眠、アレルギー性疾患をお持ちの方
知らず知らずのうちに緊張している方、頑張りすぎてしまう方
呼吸法やリラックス法を学びたい方
心穏やかに生きたい方
人生の目的をはっきりと知りたい方



少人数制でお一人お一人にじっくり対応しながら進めていき、1回1回しっかりと効果を実感していただけるレッスンにしていきたいと思います。
レッスンルームの窓からは、木々が見えて、木漏れ陽の中でヨーガができますよ^^


また、今後はプライベートレッスンも、充実させていただきたいと思います。
こちらでもご案内いたしますし、ご希望の方はお問合せくださいね。


お申込み&お問合せはこちらからどうぞ。

10月からは新たに、こちらのスタッフにもなります。
明治国際医療大学で、長年鍼灸の臨床と研究に携わってこられた、私の尊敬する先生と連携させていただき、より幅広く、そしてよりコアなアプローチをしていきたいと思っています。

私自身も今年は、いろいろな手技を勉強中です。
よりよきを目指して生成発展し、必要とされる方にしっかり還元できるようにしていきたいと思います^^


愛と感謝をこめて











[PR]
# by ramram-yoga | 2017-09-02 20:49 | Infomation | Comments(0)
常識のカベ
a0118928_02114411.jpg
昨日は、京都駅近くの明覺寺にて、「常識のカベ」というイベントがありました。
今回はゲストスピーカーとしてお招きいただきました。

僧侶の方、研究職の方、ボディワーカーや鍼灸師さんなど実践家の方々、医療系の院生さん等、参加者の皆様がそうそうたる方々でした。
そして、各領域で専門を追求され、問題意識を持って活躍されている方がほとんどだったので、余分な前置きが必要無く直ぐに本題に入り、今感じていることを率直にお話することができました。


a0118928_08421622.jpg


お寺の本堂ということもあり、とても落ち着いた場の中、和やかで楽しい時間を過ごさせていただきました。

ファシリテーターの菱川さん、そしてこのプロジェクトを運営されている方々に、感謝です。


*************


さて。

今まで人前で話す時には、いかに理論的に筋が通っているかに重点を置いいたのですが、最近は思ったことを私なりの言葉でそのままお話するようになりました。
唯一無二の私という存在が、私にしかない感性で、私にしかできないことをする。
それが、何にも代えがたく貴いものだ、と感じています。

もちろん、私だけじゃなく、みんなそう。
同じ地球に住んでいるのに、70億人みんなそれぞれ違う顔で、違う世界観を持ち、人生もさまざまです。
その多様性こそが、奇跡のように思える、今日この頃です。


愛と感謝をこめて



[PR]
# by ramram-yoga | 2017-09-01 23:25 | 活動記録 | Comments(0)