Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
世界はうつくしいと
a0118928_19554223.jpg
この6月で6歳になった息子。
最近、何を言っても、「なんで?」の嵐です。
説明しても、それに対して「なんで?」。
また説明しても、「なんで?」。

先日、食事中に、肘をつかないように注意をしたら…
出ました!
「なんで?」攻撃(笑)
お行儀が悪いからよ、とか、そういう決まりだから、と伝えても、「なんで?」と納得できません。
考えた末、「美しく食べよう。美しい姿勢ってどんな姿勢?」と言いました。
すると、「なんで?」がピタッと止まりました。
そして、「こうかな?」と言いながら、スッと肘を引き、背筋を伸ばしました。
おまけになんと、表情も引き締まった。

美しいという言葉、息子なりに何か感じることがあったのでしょうね^^


***************




「世界はうつくしいと」
長田弘

うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇りの日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。





[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-27 20:03 | ことば・メッセージ | Comments(0)
意識の受動仮説
これは、面白いです。

意思決定や行動は、「私」がやっていると思い込んでしまっていますが、実はそれは違うのだというお話。

意思決定し、行動を起こす主体は、意識的な私ではなく、無意識領域である…。



*****

今日は1日、文献の山に埋もれながら論文を書いていました。

いつもなら途中から頭が重~くなるところですが…

この受動仮説のように、「私がやるんじゃなくて、頭の中の小人さんがやってくれる」という考えでやると、とても効率よくはかどりました^^






[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-25 16:51 | 最近のいろんなこと | Comments(0)
安心
a0118928_21372527.jpg



安心して、いい。

何かになろうとしなくて、いい。

ありのままのあなたで、今心から、ほっとして、いい。



本当の愛には、条件なんて何もない。

どうしてそれが分かるか?

それは、あなたが、たった今、

ここに生きている、その事実からわかる。



自分の意志で生きているのでは、ない。

生かされている。

感じてみてください、休むことのない心臓の鼓動。

生まれてから連綿と続く、呼吸。



愛されずして、どうして、今生きていることができるでしょうか?



あなたは、今のあなたのままで、

絶対的に存在を肯定されています。



生きているということは、愛されているということ。


「私は、無条件の愛に包まれています」

「私には、愛される価値があります」

と、言葉に出して、または心の中で、言ってみてください。







[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-19 07:00 | あなたの内なる声 | Comments(0)
満月
a0118928_20440616.jpg


あなたはもう、すでに、満たされている。

満月のように。

何か「足りない」と思う時は、見えていないだけ。

満月も、光が当たらないと、欠けて見えるように。

その欠けたように思える部分に、光を当てるようにして、

どれだけ満たされているか、感じてみてください。


「私は 完全に 満たされています」

心の中で、言葉にしてみてください。





Giovanni Mirabassi の演奏で、ジョン・レノンの「イマジン」。



[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-18 20:41 | あなたの内なる声 | Comments(0)
TFTアルゴリズム

a0118928_02133206.jpg
この三連休のうち16・17日の2日間は、今月2回目となる東京へ。
代々木のオリンピックセンターで、日本TFT協会主催のTFTアルゴリズム(初級)の専門家向けトレーニング・コースを受講してきました。
TFTとは、「思考場療法」という、心理療法の一つで、”エネルギー心理学”という分野に入ります。
前々から、心理の師匠に是非受講するようにと勧められていたのですが、今回やっと受講することができました。

TFTの方法はとってもユニーク。
ネガティブな感情にフォーカスをしながら、東洋医学でいうところの”ツボ”をトントンするのです。
すると、あら不思議。
それまで感じていた不安等のネガティブな感情が、スーッと低減していくのです。
パニック障害やトラウマの治療にも有効であるとのこと。

講師の森川綾女先生もとっても素敵で、懇親会時にはちゃっかりお隣の席に座らせてもらい、いろいろとお話をお伺いしました。
すっかり、ファンになってしまいました。

さて。
これからしっかり臨床でも使用していきたいと思います。
目の前の方に少しでも役立つことがお伝えできるような、新たな道が開けてくることは、とってもありがたく嬉しいことです。


たちまち今、不安や疲れなど感じている方。
こちらの動画で、試してみてくださいね。
結構、効果がありますよ^^





[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-17 20:09 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
社会的視点から身体感覚を捉える
a0118928_16021028.jpg
今年4月から出席させてもらっている、京都大学の「現代社会論演習」の授業も、今日で前期最終回でした。
講義というよりはゼミといった方が近い感覚のこの授業で、今まで出会ったこともないような分野の方々と交流し、今まで持ったこともなかったような視点を得られたことは、私にとって大きな収穫となりました。

前回と今回の授業では、出席者の一人一人が自分の関心ごとや、これからの方向性をまとめて授業の中で発表するという内容でした。
皆さんおひとりおひとりの発表に、また新鮮な刺激をたくさんいただきました。

私も今回の機会に改めて、自分の一番の関心ごとは何かと考えてみましたが、出てきたのは意外にもとってもシンプルなことでした。
それは、身体感覚。
ということで、「身体感覚に気づくことの臨床的意義」と題し、今の自分の考えをまとめて発表しました。

すると、なんと、それを頷きながら聴いていた広井先生が、上記のような図を黒板に描きながら、私の発表を社会的視点からまとめてくださいました。
個人と社会と自然という、重層的構造がある(三角形の図)ように、個人そのものの中にも重層的構造がある。
それは、個人(自我としての私)と、社会的関係性の中の私、そして身体/生命としての私。
現代の日本社会に生きる私たちは、社会的関係性(つまり世間体や他人からの評価)を重視しすぎるあまり、自分自身の身体/生命といったものに気づきにくい事態となってしまっている。
それに対し、身体感覚に意識を向け、そこに気づいていくこととは、まさに身体/生命に気づき、人間の本質的部分に立ち戻るきっかけとなるのではないか。
そのようなお話をしてくださいました。

なるほど!と、納得。
自分の考えを第三者の言葉で聴くと、また違った印象を受けるのが面白い。
いつも、目の前の人や事象など、ミクロレベルで物事を捉え、考える傾向のある私ですが、このように他者の視点で改めて自分のやっていることを眺めるというプロセスは、とても新鮮でした。

最近は、だんだんとアウトプットの機会が増えてきています。
このブログも、私にとっては貴重なアウトプットの機会です。
自分の体験したこと、感じたことをこんな風にアウトプットすることで、それがどんどん展開していくのですね。
10月から始まる後期の授業も、楽しみです。







[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-12 16:29 | 社会的視点 | Comments(0)
聴くということ
a0118928_15480530.jpg

相手の人に見えるイメージを題材にして相手の人とやりとりをすると、やりとりというものが普段の会話と質が違ってくる、というようなことを、最近鍼灸でお世話になっているくつろかの院長さんに話したら、「それって、本来の意味の会話なんちゃう?」と言われました。
「会話」はもともと「会和」という漢字だったらしく、ただ言葉でのやりとりというより、”和”のための交流のような意味合いが、会話にはあったのだということでした。

確かに、イメージというものは相手側に固定しているものではなく、必ず見る側の存在があって成立していて、相手だけでも私だけでも成り立たつことのない、まさに関係性の中で生じてくる現象であるわけです。
そして、そのイメージは驚くほど、その時のその人との間で、溶け込むようにマッチしているのですね。
もうちょっと、この自分と相手との間に立ち現れてくる光景(イメージ)と、じっくり付き合ってみたいと思っています。

昨日は釈撤宗著「死では終わらない物語について書こうと思う」という本を読んでいました。
そこには、過去に様々な信仰修行を行ってきた人がどのように死に、死の前にどのような言葉を口にしたか、ということについて、バラエティ豊かに記されていて、とても面白かったです。

その中で著者が最後に書いていてことが、印象に残りました。
死に対する問いや、恐怖に対して対応できるのは、物語(ナラティブ)なのである、と。
なぜなら、「なぜ生きているのか」「死んだらどうなるのか」という問い自体が事実そのものではなく、生きて死ぬという事実に意味づけを加えようとする物語の中で生まれてくるものなのですから。

そのようなことを前提として、人の苦しみとは何なのか、ということをもう一度考えてみると、これはもう、疑いようもなく、物語の中で生じてきているものなのだ、ということが分かります。
その意味では、肉体上の健康とか病気等と、苦しみとは、あまり関係していないのではないでしょうか。
たとえ病気でも、その人の苦悩を、究極的に受け入れ、寄り添ってくれる存在がいるとすれば、それはその人は、もう苦しみの中にいないのではないでしょうか。
反対に、健康であっても、孤独感にさいなまれ、絶望している状態は、苦しみそのものです。

それでは、苦しんでいる人の前で、私に何ができるのか。
それは、聴くことなのだと思います。
ただ、言葉を耳でとらえるのではなく、その人全身から発せられるものを、こちらも全身で聴く。
その人と私との間に、一回限りで立ち現れてくる言葉は、まさに一期一会です。

本当の意味で”聴く”ことができた時、セラピスト側にクライアントを治そうとする意識が生じなくなり、セラピストはクライアントの中に完全性を見ることができるようになるのではないかと思います。
そしてその時に初めて、クライアントはセラピストを鏡のようにして自分自身を見ることができ、本当の意味で自立していくことができるのではないか。
そんな風に感じている、今日このごろです。






[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-10 15:53 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
無意識の発見
a0118928_02132951.jpg

今、力動精神医学発達史についての歴史的大著として知られる、アンリ・エレンベルガ―著『無意識の発見』を読んでいます。
心理臨床に携わる者の必読書‼と、前々から心理の師匠に言われていたにもかかわらず、やっと今になって、なのですが^^;
力動精神医学がどのようにして生まれ、どのように発展していったのか、ということについて、フロイト、ユング、アドラーをはじめ、様々な人物について詳細に触れながら展開されていきます。

読んでいると、この大作を一人の人が書き上げたという事実に驚きを禁じ得ません。
歴史的背景をはじめ、登場人物の家族構成、幼少期の様子や学校の成績、交友関係、趣味、他人からの評価等、とにかく資料が膨大なのです。
その意味では、あくまで客観的事実に忠実に構成されています。
ですが、それに加えて本書を面白くしているのは、エレンベルガ―独特の個人的な興味?に基づく見解が随所で述べられているところにあります。
あるところでは、フロイトが精神分析家ではなく、作家になったら…と、想像を膨らませてみたり、あるところでは、フロイトとユングの思想を比較するところで容姿(主観的な印象)まで比較していたり…。


********


私がこの本を読んでいて、新たな発見があった箇所がいくつかありました。
その内のひとつは、アドラーの思想体系について。

単一性(人間存在は心身の関連という点でも心のさまざまな活動や機能の点でも単一かつ不可分である)や、力動性の原理(心的過程においてフロイトが原因の面を強調したのに対し、アドラーは目的と指向性を強調した)等、アドラーはフロイトと決別後、まったく独自の心理学体系を創り上げていったということは、学んでいたところです。

しかし、以下のことに関しては、私が考えていた理解よりももっと深く、広がりをもった言葉だったということが分かってきました。
以下、本文を一部改変して紹介します。



勇気:
アドラーが勇気(Mut)と呼んでいるのは、ノイヤーによると魂の本質である高次の心的エネルギーのことである。

共同体感覚(感情):
宇宙的影響の原理からとらえられたものである。
個人というものは、それに数限りない形の影響をおよぼす宇宙から切り離して考えることができない。
共同体感情は宇宙の全体的な相互依存関係がわれわれの内部の生命に反映したものであり、われわれはそれから自己自身を完全に切り離すことができない。
そのような共同体感情は他者の中に感情移入し、他者と共感する能力をわれわれに与えてくれる。
またそれはなによりも、人間共同体の自然的および法律的要求に合致した生き方の自発的な受容でもある。

全体における部分の自発的構造化:
心を構成するすべての成分は個人が自ら定めた目標へと向かってひとりでに組織され平衡を獲得する。
感覚、近く、心像、記憶、空想、夢ーこれらのすべてが個人の向かう方向に沿って一点に収する
人類全体としても同様に、この自発的構造化は仕事の分配という形で現れている。
個人にとっても人類にとっても、この自発的構造化は自己自身の法則への適合という原理の発言である。




これらから、アドラーは人間を社会的存在という枠組みのみに限定することなく、宇宙や魂といったもっと大きな次元から捉えていたことが分かります。
全体との調和や関係性から個人を捉えるという感覚は、ある意味で東洋的であるようにも感じます。
学べば学ぶほど奥深いアドラー心理学です。
一方でとらえる側の私が感性を深めていくことで、さらに深みを発見し、恩恵にあずかることができるのではないかと思います。
アドラー心理学に関してだけではなく、全てのことに関して。

今年は、今まで意外にもあまり学ご縁の無かったユング心理学についての素養も深めていきたいと思っています。





[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-02 10:06 | | Comments(0)
摂食障害・ヨーガ・セラピー
a0118928_23274774.jpg
今日は、東京の赤羽ヨーガ療法研修センターにて、ヨーガ療法士向けの専門講座の講師をさせていただきました。
医療現場でヨーガ療法を行うケースもだんだんと増えてきている中、最近は疾患別に高度に専門化されたヨーガ療法士養成が始まっています。
今回担当させていただいたのは摂食障害の方に対するヨーガ療法の専門講座。
国立国際医療センター国府台病院の心療内科で摂食障害の治療に携わっていらっしゃる医師の河合先生、そして病棟で10年以上にわたり摂食障害患者さんへのヨーガ療法を実践されており、尊敬すべき大先輩の須田先生とともに、2日間の講座を分担して担当させていただきました。
お二人の先生方のご講義は、本当に勉強になりました。

今回、参加してくださったヨーガ療法士の方々の中には、私の尊敬する大先輩の先生方もいらっしゃいましたし、実際に摂食障害をはじめ依存症の方々、医療機関でヨーガ療法を指導している先生方も来てくださっていました。
皆さんとても熱心に聞いていただき、ディスカッションも非常に盛り上がりました。

私の方からは、黒川内科での摂食障害の方へのヨーガ療法グループと、臨床心理士の立場からは摂食障害の方への心理カウンセリングについてを講義しました。
その一方、元摂食障害の当事者としての経験も、いろいろとお話させていただきました。
摂食障害の方が、自己理解を深め、そして回復への道を一歩一歩進んでいこうとする時、ヨーガ療法は力強い助けになると実体験から思っています。


**********


帰りの新幹線の中で、今日の自分の講義の録音を聴いていました。
すると、最初の方はゆっくりだったのですが、だんだんとしゃべるのが速くなり、後半は2倍速に(汗)
たくさんのことをお伝えしたいという気持ちが大きく、知らず知らずの内に早口になっていたようです。
これはまさに、本日の内容にもあったヨーガでいうところの意思鞘(意識・思考の流れ)が暴走気味の状態ではないですか(笑)
…ということで、この私の早口になりやすい傾向は、次回以降の課題となりそうです。

ですが、何はともあれ、とても楽しくて、あっという間の一日でした。
私にとっては一大イベントだったので、無事に終わって本当にほっとしています。
そして、間違いなく、今回の講座で一番たくさんの学びをいただいたのは、私自身です。
このような機会を与えていただき、本当に感謝いたします。




[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-01 23:28 | 活動記録 | Comments(0)