「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
仏教について
ヨーガがどのように日常生活や医療・心理の臨床に応用されるのかについて、自分なりに試行錯誤をしてきた約10年間でしたが、そのような視点を持ってみると、仏教というものは一般の人に対してわかりやすくなじみやすい形で日本文化に根付いてきているのだということが、いまさらながら分かってきました。

例えば、今や大ブームの、「マインドフルネス」。
これはご存知の通り、仏教の“ヴィパッサナー”という瞑想法が元となっています。
また、時々見るNHKこころの時代に登場する僧侶の方の説法。
身近な例を使って説かれていて、分かりやすい。

もちろん、仏教にはいまや形骸化したスタイルや現世利益的な考え方も入り込んでいて、そこにフォーカスしてしまうとあまりいいものであるとは言えないのかもしれないのですが、仏教とは元々、どのような世界観を持っていたのか、ということを知りたいと思うようになりました。

仏教哲学・インド哲学については世界的権威である中村元先生の著書に挑戦してみたいと考えていたところ、ちょうど中村先生の仏教解説書『バウッダ』の勉強会が通照院で行われていることを知り、今年は毎月学びに行ってみようと思っています。

仏教の源流は、言うまでもなくヨーガなのですが、両者には決定的な違いがあるわけです。
ヨーガは真我(アートマン)という、人間の本質的な生命原理を想定しています。
想定しているというより、これはある面で真実なのだと思います。
伝統的なヨーガの修行法では、瞑想中に三昧という特殊な意識状態に入り、自己の本質と最終的に合一していくという、極めて緻密な方法論が現代にまで残されています。

一方、仏教ではアートマンは否定され、究極的には“無”なのだ、とされています。
私はこの“無”というものを、感覚的にどうしてもつかむことができませんでした。
それは、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。
人間の知性は、無いものを捉えることはできないのですから。
無というのはいつでも、有に対して相対的なものとしてしか理解できないのです。
しかし、西田幾多郎が“絶対無”と呼んだように、仏教でいう無というのは、そのような相対的なものとは質が違うのでしょう。

私が先に、ヨーガ哲学におけるアートマンについて“ある面で真実”という表現をしたのは、最近、「真実というのはただひとつ」、という感覚のものではなく、パラドックスを孕んだものなのではないか、と感じているからです。
この目線から見るとこれが真実だけれども、別の次元から見るとまったく別の景色が広がっていく、そんな世界なのではないだろうか、と、考えています。

そのように考えてみると、ヨーガも仏教もどっちかが正しくてどっちかが間違っているというよりは、視点の移動によってどちらも真実である、というスタンスで捉えることはできないのでしょうか。
まだまだよく分からない世界ではありますが、そしてこの限定された人間の知性をもってどこまで理解することができるのかは疑問ですが、もっと理解を深めてみたいと思います。


生前の中村元先生の映像を、みつけました。




『バウッダ』のもう一人の著者である三枝充悳先生は、去年比較思想学を少しだけ勉強した際、こんなすごいお方がいたんだと、その存在を知ったところだったので、それもまた嬉しいめぐり合わせとなりました。
[PR]
by ramram-yoga | 2016-01-21 20:09 | 仏教 | Comments(0)
マタニティ・ヨーガ・セラピー
2月に、東京で行われるマタニティ・ヨーガ・セラピーの講座で講師をさせていただきます。

妊婦さんというと、幸せの象徴であるかのように捉えられがちですが、身体の変化だけでなく社会的役割の変化に伴い、心身において様々なストレスを抱えやすい状態にあります。

お腹の中に別の命を宿しているというこの不思議な期間に、潜在化していた記憶や心理的課題が急に表に出てきたりするなど、アイデンティティの危機にさらされることも少なくありません。

今回の講座は、そんな妊婦さんのネガティブな感情に焦点をあて、そこにどのように寄り添っていくことができるのか、講師と受講生が一緒になって体験を通しながら考えていく内容になっています。

今日はさっきまで、他の講師のお2人と打ち合わせをしていました。

内田さんとは初対面でしたが、お2人とも素敵でパワフルな女性です。

どんな講座になるか、私もとても楽しみにしています。

受講対象は認定ヨーガ療法士の方で、場所は東京ですが、もしご興味のある方、是非ご一緒しましょう。

**********************


マタニティ・ヨーガ・セラピー

「あたりまえのことなんて、なにひとつないんです」
母になる女性をそんな心境に導くには、私たちにどんな支援ができるのでしょうか。

日時:2016年2月7,14, 21日 (日曜日)13:00~15:00

講師:内田綾子 米澤紗智江 中島朋子 

会場:ヨーガセラピースタジオ・ぷるなよが

料金:9000円(3日通し)

※1日参加(3000円)も受付けますが、3日通しの方を優先させていただきます。

参加対象:YIC,YTIC受講生または卒業生(定員15名)

申込先:maternity.yt@@gmail.com    ・・・@をひとつ取ってください。
090-2235-7896 (中島)

申し込み方法:「名前・電話番号・メールアドレス・◯期YIC ・YTIC在学または卒業」を記入の上、上記までメールでお申込みください。

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町2-177-10
クレセント小山ビル202
TEL 048-778-7432

JR大宮駅西口 徒歩4分 東武野田線大宮駅 徒歩8分
→ソニックシティ横のドトールコーヒーの細道を右に
曲がりおしゃれなquatre cafeを過ぎて餃子屋漫々亭2階
Yoga therapy studio・ぷるなよが


子育ては、「人生をもう一度生き直すこと」と言われています。妊娠中の不安や不快な感覚、産後の子の泣き声への戸惑い、イヤイヤ期に感じる嫌悪感など、子どもの成長にともない母親自身が感じる戸惑いは、幼少時代をはじめ、生き方を振り返る機会もといえるでしょう。
今回のワークショップでは、妊娠・出産、女性の社会的役割の変化や心理的葛藤など、妊娠中の女性への理解を深めながら、ヨーガ教室で、どんな支援ができるのかを参加者のみなさんと一緒に考えていきます。


2月7日 マタニティ・ヨーガ・セラピーの考え方
講師:中島朋子(ヨーガ療法士)
• ヨーガ的な妊婦の捉え方
• 妊娠中に生じる負の感情との付き合い方
• 妊婦にとって「いま・ここ」とは
• マタニティ・ヨーガ・セラピーの実習


2月14日  妊娠・出産・妊婦について
講師:内田綾子(助産師)
• 妊娠から産後2ヶ月までの身体的な変化
• 女性ホルモンの変化と心理的な変化
• 最近の妊婦とお産の傾向
• マイナートラブル
• ヨーガ療法の心身への影響


2月21日 女性の不安と葛藤(スカイプ講義)
講師:米澤紗智江(心理士)
• 感情の仕組み
• 不安とはなにか
• 女性が母になるまでの心理的葛藤
※21日のみスタジオにて、兵庫とスカイプ中継しながらの講義になります。


**********************

[PR]
by ramram-yoga | 2016-01-19 15:59 | Infomation | Comments(0)
感情に寄り添う音楽
昨日の続きです。
人からグサッと弱点を突かれた時のこと。
それ以降、気持ちがどんよりとはしていたのですが、自分が落ち込んでいたことを意識化できたのは、それから半日以上経ったその日の晩。
好きな音楽をかけ、ハーブティーを飲みながらほっと一息ついていた時でした。

感情というのは身体感覚と未分化であり、“もやもや”とか“どんより”、“いらいら”など、まずはそのような形容詞であらわされるような状態で存在しています。
それが“私は怒っている”、“悲しい”、“嬉しい”、“切ない”など、動詞として表されるような理性的な捉え方ができるまでにはラグがあるわけであり、もしかして大半の感情とは、このように認識されることなく過ぎ去っていくのかもしれません。

そのような、言葉という少々粗雑な手段で捉えきることのできない繊細な感情に寄り添い、包み込んでくれるのが、同じく非言語的な音楽なのだと思います。

テンションが高いときは楽しい曲を、フラストレーションがたまっている時はロック調の曲を大音量で。
憂鬱なときはトーンを落とした静かな曲、ショックを受けた時は絶望的な曲を。
誰でも、それぞれ、無意識的に選んでいるのだと思います。
またそのことは、非言語的に自分の感情と向き合い、癒していくプロセスなのだと思います。


今晩、私の心に寄り添ってくれたのは、この曲でした。

ショパンのノクターン8番、アシュケナージの演奏で。



今のあなたに寄り添ってくれる一曲は、どんな曲ですか?
[PR]
by ramram-yoga | 2016-01-17 21:50 | music | Comments(0)
反省させると犯罪者になります
今年最初のブログ更新となります。
皆様の年初めは、いかがでしたでしょうか。
私は、年末ぎりぎりまで修士論文の執筆や研修会への参加で忙しく、年始にやっと大掃除や年賀状書きをすることができ、今になって一息ついているところです。

さて、ここ2年ほどは、本を読んだらほとんど読みっぱなしにしていました。
しかし振り返ってみて、やはり読んだ本は読み終わった時点で自分なりに文章にまとめて振り返る作業をした方が、後々自分の身になりやすいと感じました。
ということで、今年は沢山の本を次々読むというよりは、1冊1冊丁寧に読むことを意識して、読書をしてみようと思います。

今年やっと読み終えた第1冊目は、なかなかインパクトのあるタイトルでした。

  『反省させると犯罪者になります』 岡本茂樹 著

今通っている大学院の教授であり、精神科医の先生お勧めの一冊です。

殺人などの重篤な犯罪を犯した服役者の更生に長年携わってきた著者によれば、刑務所において行われている“反省させる”という更生教育は再犯防止に効果的ではないばかりか、むしろ服役者の再犯率を高める危険性があるというのです。

その不思議なメカニズムは、次の通りです。
まず、重篤な犯罪に関わらず、違反行為や迷惑行為をして相手に謝罪しなければならない場合、謝罪する側のほとんどは、心から「相手に悪かった」と考えてはいないのだということです。
例えば、自分の車を誤って相手の車にぶつけてしまった場合、相手に平謝りしながら心の中には相手に対して申し訳ないという思いはほとんど無い。
その代わり、心の中に充満しているのは自分が払わなければならない金額等、事後処理に関する不安であったり、「何でこんなことをしてしまったんだ」という後悔の感情、また、相手の人がいい人でよかったという安堵感など、要は自分のことしか考えていないのだということ。
そして、相手に対して本当に悪かったな、という謝罪の気持ち、少し状況が落ち着いた後になって初めてわいてくるのだそうです。

殺人などの重篤な犯罪もしかり。
殺人を犯した人たちの心境とは、被害者や被害者家族に対する「悪かった」という罪の意識ではなく、むしろ被害者に対する怒りや恨みさえ抱いている場合も少なくないのだそうです。
そのような心理状態にある受刑者に対し、無理に反省文を書かせるなど「反省させる」ことの危険性を、筆者は繰り返します。
なぜならその行為は、犯罪を犯すまでに至った受刑者の内に鬱屈している怒りや悲しみ、苦しみの感情を押し込めてしまうからです。
それよりも、まず、受刑者の気持ちをよく聞き、渦巻いているネガティブな感情や思いを吐き出させることが先決であり、そのために“ロールレタリング”という手法が用いられています。

このようにして受刑者が次第に自己理解を深め、少しずつ自分自身を大切にする感情が育っていった時、被害者に対する謝罪の気持ちが初めてわいてくる。
幸せと同時に苦しみも大きくなり、誰が強いることなく犯人は重篤な犯罪を犯したという重い事実を背負っていくようになるのだそうです。

本の後半は、反省だけでなく、「しつけ」という価値観の押し付けから生じてくる生き辛さについても触れられています。

 「我慢できること」という価値観を強く刷り込まれたものは、
 「我慢できない者」を見ると、その人の我慢できない態度が許せなくなります。
 「1人で頑張ること」が大切だとたたきこまれた者は、
 「1人で頑張れる途中であきらめてしまう人」や「他者にすぐに助けを求める人」を目にするとイライラします。
 「弱音を吐いてはいけないこと」が当たり前と思っている人は、
 「人に迷惑をかけられる人(=人に甘えられる人)」を見ると、腹が立ってくるのです。


人は知らず知らずのうちに、「○○であらねばならない」といった価値観に縛り付けられていて、にもかかわらずそのことに無自覚であるとき、それを人の中に見てしまうのですよね。

私はといえば、昨年の秋あたりから、これまで目をそらしていた部分を突きつけられるということが立て続けに起こっています。
最近も、2日続けて違う人から、今まで言われたことはないけれど、うすうす自分ではごまかしていると分かっている部分をストレートに指摘されて、かなり落ち込みました。
でもやはり、気づいていることは大切です。

教師や警察官、私たちのような対人援助職に従事している人は、相応の人格が伴っていないにもかかわらず「先生」と呼ばれたり、模範的行動を暗に期待されているのを感じ、知らず知らずのうちにそのイメージにふさわしくない自分の側面をあたかも無いかのように葬ってしまうことがあります。
子育て中の親にも「親としてこうあらねば」という意識は少なからずありますから、当てはまると思います。
そうなると、本当は甘えたい自分や、だらしない自分、弱い自分を、許せていないことがあるのですよね。

しかし、自分のことを許せず、自分の弱さを認めることのできない人が、目の前の苦しんでいる人に心から共感し、その人が自分を許していくプロセスを後押しすることが、果たしてできるのか。
まずは、自分の弱さを知らなければいけない。
そんなことを感じさせられました。
[PR]
by ramram-yoga | 2016-01-16 20:57 | | Comments(0)