Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
bjork
音楽ネタが、続きます。

大学時代にものすごく好きだったbjork(ビョーク)を、2~3ヶ月前急に聴きたくなり、しばらく毎日聴いていたことがありました。
ちょうど自分の瞑想中におけるプロセスが新しい局面を迎え、過去記憶が印象と共に次々と沸き起こってきていた時でした。

bjorkの音楽を聴いているといつも、何故だか分かりませんが、生まれる前のことを思い出すような気がしてならないのです。
生まれる前のことなんて、もちろん意識上の記憶にはありません。
それなのに懐かしく、遠い記憶が呼び起こされるような感覚に陥ります。




最近のbjorkのPVを観ていると、音楽と映像がセットになってbjorkの世界観がより強烈に伝わってくるようになっていました。
たかが映像、たかが音、と思いますが、見ていてすごくドキドキします。
自分の奥深いところにまで侵入してくるような何かを感じてしまうのは、私だけではないはず。


以下、ドキドキトップ3(笑)
(人によっては閲覧注意かもしれません・・・。)




なんと、自分のおっぱいから出たコード(?)にがんじがらめになって、身動きが取れなくなってしまいます。



ただ奇抜なだけではなく、洗練され飛びぬけた音楽的センスと完成度の高さにより、グラミー賞に12回、アカデミー賞に1回ノミネートされるなど多数の賞を獲得しています。

音ひとつの入れ方、音色の選び方、どれも絶妙でため息をついてしまいます。



[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-17 22:12 | music | Comments(0)
ショパンのワルツ
昨日に引き続き、最近バッハのパルティータと並んでよく聴いている音楽は、ショパンのワルツ。
ワルツの中でも優雅で華やかな曲が、最近のお気に入りです。

中学時代といえば、流行のポップミュージックのCDを借りてきてはテープに吹き込んで歌っていましたが、勉強中は何故かいつもショパンを聴いていました。
今でもショパンを聴くと、自分の勉強部屋で試験勉強していた頃のことを思い出します。


以下、全てアシュケナージの演奏で。




息子も大好きな「子犬のワルツ」







[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-16 21:12 | music | Comments(0)
レオンハルト
音楽って、大好きな曲でも全く聴きたくなくなったり、普段全然聴かないような曲が絶妙のタイミングでスゥーっと身体に染み込むように入ってきたり、不思議です。
きっと、その時々に必要なものを、無意識的に選んでいるのでしょうね。

最近毎日聴いているのは、バッハのパルティータ。
大学時代に買って繰り返し聴いていますが、聴けば聴くほど味わいが深くなっていきます。

やっぱりバッハが、大好き。
そしてやはり大好きな、レオンハルトの演奏で。






レオンハルトといえば、息子が生まれる数日前に、大きなお腹を抱えてソロコンサートに行きました。
2011年5月、震災で多くのアーティストが来日をキャンセルする中、レオンハルトはスケジュールどおり来日し、そしてチェンバロに向き合って一曲一曲弾きあげていく真摯な姿に感動したのを覚えています。
静かで、バッハの音楽に対してどこまでも誠実。
でもその中に躍動感があり、いのちの歓びのようなものが噴きだしているようにも感じられました。


レオンハルトのチェンバロでの、ゴルドベルク変奏曲も本当に素敵。

[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-15 20:58 | music | Comments(0)
9月の読書本
a0118928_1612438.jpg

38.「古代インドの思想-自然・文明・宗教」 山下博司 著
39.「無境界-自己成長のセラピー論-」 ケン・ウィルバー 著
40.「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」 佐々木典士 著


***************


この3連休は、実家に帰省しています。
夫は一週間後にある大事な試験を控え、家に残って一人で勉強中。
私は、12月の修士論文提出に向け、息子を実家の両親に見てもらいながらデータ解析に励んでいます。
たくさんの方のご尽力によって、1000人余りの大学生の皆さんから貴重なデータを収集することができたので、それを無駄にしないよう有意義な研究にしなければと思っています。
統計解析については、全くチンプンカンプンだった私に、親切なクラスメイトが懇切丁寧に手取り足取り教えてくれたおかげで、少しずつ結果をまとめることができはじめています。

実家では、その昔同年代だった近所の友人の、同じく同年代の子どもたちが集結。
自分が幼い頃によく遊んだ幼馴染の友人の子どもとわが子が遊んでいるなんて、なんだか年月を感じてしまいます。
a0118928_16111785.jpg
[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-11 16:24 | | Comments(0)