Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
6月の読書本
a0118928_20203424.jpg

21.「すでに愛の中にある」 大和田菜穂 著
22.「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」 平木典子 著
23.「なぜ、食と体を整えれば、前向きになれるのか? -エピジェネティクスを利用したアンチエイジング-」 加藤雪彦 著 
24.「生命を捉えなおす -生きている状態とは何か-」 清水博 著


***********

来年の春には、大学院の修士課程も修了するので、最近は今後の身の振り方をいろいろと考えています。
息子が生まれた2011年のお盆に、亡くなった祖母から「今あるお金は勉強のために使い果たしなさい」とお告げがあってから、その通り、とにかく勉強に没頭し、気が付けば4年が経とうとしています。

あれからすぐ、放送大学に編入学して2年半かけて心理学を学び、卒業しました。
卒業と同時に大学院に入学し、今年度いっぱいで卒業です。
その間、研修会や学会にもたくさん参加しましたし、息子の保育料にも多額のお金が費やされました。

そして、とうとう、お金が無くなりそうになってきました。
勉強のためにお金を使い果たした時にどんなことが起こるのか、とても楽しみにしていたのですが、その時がもうすぐやってきそうです(思っていたより大分早く来ました)。

感性を研ぎ澄ませて、展開を待ちたいと思います。
[PR]
by ramram-yoga | 2015-06-30 22:49 |
<身>の医療研究会
a0118928_12544489.jpg

梅雨の時期。
田んぼに水が張られて、それだけであたり一面に静けさに満ちていくように感じられるこの季節が、大好きです。

6月3日は、息子の4歳の誕生日でした。
4年前のその頃も、今と同じように家の前の田んぼに水が張られ、とても静かでした。
産後、里帰りするまで1週間、日中は自宅で息子と二人きりで過ごしました。
おっぱいをあげながら、赤ちゃんの寝顔を眺めながら、静けさの中ゆったりと過ごした数日間を、今でも幸福感とともに思い出します。

**********

さて、7月に京都で<身>の医療研究会が開催されます。
今回のテーマは、「摂食障害と<身>の医療」と題して、2日目には摂食障害治療研究所所長の山岡昌之先生の基調講演があります。
午後のシンポジウムでは、私もシンポジストとしてお声がけいただき、「ヨーガにおける人間存在からみた摂食障害とその身体性」というタイトルで発表させていただくことになりました。

1日目は、さまざまな分野で活躍されている心身技法の専門家の方々によるワークショップがあります。
マインドフルネス瞑想、チベット瞑想、ヨーガ療法、気功、トラウマに対する身体志向の心理療法など、とても面白そうです。

ご興味のある方は、是非。
詳細は、「こちら」。

a0118928_125238.jpg
[PR]
by ramram-yoga | 2015-06-14 12:52 | Infomation