「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
6月の読書本
a0118928_2133546.jpg


41.「宗教の哲学」 棚次 正和 著 (創言社)
42.「もろい青少年の心」 上地雄一郎・宮下一博 編著 (北大路書房)
43.「ひとりで生きるということ」 アルボムッレ・スマナサーラ 著 (角川新書)
44.「愛の宇宙方程式―合気を追い求めてきた物理学者のたどりついた世界―」 保江邦夫 著 (風雲舎)



************

今年ももう、半年が過ぎました。

相変わらず読書が進んでいませんが、幸運なことに「宗教の哲学」の棚次先生のご講演を拝聴することができましたし、保江先生にも9月にお目にかかる予定です。

そういえば、今年はベルクソンの哲学を勉強しようと思っていたのに、まだ手をつけられていません。

それよりも、8月のアジア心身医学会での発表に向けて、そろそろ本気で英語の勉強を始めなければ(遅いですね・・・)。
切りがいいので、明日の7/1日からラングリッチに入会して英会話に励みます。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-06-30 22:24 | | Comments(0)
平均律クラヴィーア曲集第2巻
去年のバレンタインデーに夫から貰ってからというもの、一番聴いているアルバムのひとつ。
バッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻。

心静かにしたい時は、単旋律の楽曲がとてもフィットします。

私の持っているCDの演奏者は大好きなアンドレーシュ・シフ(Schiff András)のですが、こちらのEvgeni Koroliovも素敵。



一番好きなのは♯3。
シフの演奏に一番近かったこの方の演奏で。


ちなみに、上の方の動画では、♯3は10分20秒頃からはじまります。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-06-19 10:48 | music | Comments(0)
お母さん、笑って
a0118928_843221.jpg

今朝、いつものように台所仕事をしていると、傍で朝ごはんを食べていた息子が笑顔で私の顔を見ていることに気づきました。
控え目な声で何か言っているのでよく聞いてみると、「お母さん、笑って」と言っていました。

この息子の言葉を聞いて、驚きました。
なぜならこの言葉は、私が小さい頃よく母親に言っていた言葉だったからです。

小さい頃の私にとって、母がニコニコと笑って自分の方を見てくれていることが一番幸せだったこと。
暗い顔をしたり、イライラしたりしていると、とても悲しく自分を責めたこと。
忙しそうに台所仕事をしている母に、いつ声をかけようかと、ずっと背中を見ていたこと。
・・・そんなことを、思い出していました。

今、私はあの時の母親の立場になり、そして息子があの時の私の立場になっていることになります。
子どもの頃見ていた、独創的で、そしてあんなにリアリティのあった世界。
ぬいぐるみや物にも人格が宿り、自然科学とは全く別の法則で、身の回りの現象が秩序付けられていました。
そして母親は自分にとって否定のしようがない完璧な存在で、自分の全てであったこと。
そんな世界観が今、少し遠くなっていると感じました。
時間が経ったからでしょうか、それとも、それらの世界に没頭するには少し忙しすぎるのでしょうか。

笑顔で傍に行くと、息子ははにかみながら私に抱きつき、私の膝の上に座ってごはんを食べ終え、機嫌よく保育園に行きました。
いつも息子がどんな世界で生き、どんな想いで私を見ているのか、改めて考えていました。


******


今朝子どもを保育園に送って家に帰ると、なぜか家の中がとてもあたたかいもので満たされていることに気づきました。
なんだろうと思ってしばらくそのあたたかさを感じていると、母の私に対する愛情だと分かりました。
先週末に仕事が入っていたので、母に来て家事や息子の面倒を頼んでいたのですが、きっとその時の気配が残っていたのだと思います。
人の想いというのは、こんな風にリアリティをもって漂っているのだなと驚くと同時に、愛情や祈りというものはとても強い力を持っていると感じます。
大切なのは、どれだけそれに気づく感性を持ち、育てていくかということなのだと思います。

日々の雑事に追われて見失いそうになっても、繰り返し立ち戻ってこれますように。
身近な人の想いに気づき、それを大切にするということ。
今ここに生きているということは、愛されているということ。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-06-18 09:02 | 出産・子育て | Comments(0)
第55回日本心身医学会
a0118928_22101331.jpg

本日は、幕張メッセで開催された第55回日本心身医学会総会・学術講演会に参加しました。

ポスター発表のブースには、なんと今年は「自律訓練法/禅/ヨーガ療法」のカテゴリーができ、ヨーガ療法関連の発表も5題出ました。

a0118928_2294812.jpg


私も発表の機会をいただき、現在黒川内科で行っている摂食障害の方のためのヨーガ療法グループのご報告を、身体感覚の意識化がもたらす心的作用にフォーカスして報告いたしました。

a0118928_2220288.jpg


学会は明日もあるのですが、大学院の集中講義が入っているため、発表が終わってまもなく帰宅の途に。
とんぼ帰りでしたが、それでも講演会や様々な分野の先生方とお話することができ、とてもいい刺激をいただいて、元気になって帰ってきました。

現在決定している今年の発表予定は、

・7月4・5日 ヨーガ療法学会研究総会in岐阜
・7月21・22日 <身>の医療研究会 第1回研究交流会
・8月22・23日 the 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine (アジア心身医学会inジャカルタ)

です。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-06-06 22:18 | 活動記録 | Comments(0)