Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
4月の読書本
35.「<身>の構造」 市川浩 著 (講談社学術文庫)
36.「農は万年 亀のごとし」 渡部忠世 著 (小学館)
37.「哲学入門―生き方の確実な基礎」 中村雄二郎 著 (中公新書)
[PR]
by ramram-yoga | 2014-04-30 22:40 |
明るみに出た記憶
a0118928_1754091.jpg

今朝は瞑想を始めるとまもなく、自分の内側で自動的な作用が生じ始めたので、しばらく観察していました。
真っ暗な中かすかに浮かび上がった光が次第に鋭く輝きだし、一筋にある過去の記憶へと注がれていきました。
その光がしばらくの間その記憶を照らし出している間、私は当時起こった出来事、そのときの状況、その時の自分の気持ち、相手の状態を詳細に見て取ることができました。

自分としては何の変哲もない、無数にある記憶のうちのひとつでした。
なぜ、この記憶に?と、疑問に思いました。
でも、その記憶を調べているうちに、自分がその時の自分について後悔し、今でも自責していることがわかってきました。
そして、その自責の念があることによって、自分のエネルギーが現在も少しずつその記憶に漏れ出し、今目の前に投入するべきエネルギーが削がれてしまっていることに気づきました。
もう5年以上前に過ぎ去った出来事が、自分の中では過去になり切っていなかったのです。

そんな記憶が、光に照らされ明るみに出ることによって、自分の中で過去の出来事となって現在と切り離されていきました。
そこでなされたのは、その出来事に対して「もう、終わったことなのだ」と理解し、許せなかった過去の自分に対しても「あの時はそうでしかなかったのだ」とその未熟さを認める、理性的な作業でした。

何かに注目すること、何かをトピックとして扱うことを、“光を当てる”と表現することがありますが、まさにそうで、それは光を当てる作業なのですね。
今朝光が当たった記憶はひとつでしたが、今回の瞑想で、他にもたくさんの“未完了”の記憶があることがわかりました。

今朝のように3時台させていただく瞑想は、格別なように思います。
目を閉じたときの自己内部の精妙さ、集中の具合などが、4時台、5時台とは格段に違うように感じられるので、少しずつ増やしていきたいと思っています。
3時台にすっきり目覚めるのは、なかなか難しいのですが・・・^^;
[PR]
by ramram-yoga | 2014-04-30 10:19 | 瞑想
新生活が始まって1ヶ月
a0118928_1642098.jpg

大学院生活が始まって、もうはや1ヶ月が経とうとしています。
所属ゼミも無事に決まり、日々のルーティーンにもだんだんとリズムがついてきました。

息子の方も、元気に保育園に通っていますが、先日39度の高熱を出しました。
4月からの新しい生活で緊張し、その疲れが出たのだと思います。
学校の用事を調整し、久しぶりに息子とゆっくり一緒に過ごしている間、息子は嬉しそうにしていましたが、私にとってもほっとできる嬉しい時間でした。

「おかあさん、だいすきよ」
「おかあさん、いつも、ありがと」
「おかあさん、いっしょうけんめい」

と、まだ少したどたどしい口調で私を応援してくれる息子。
3歳にもならない子どもの、時々見せるとても大人びた一面に、驚かされることがあります。
そして思います。
もっと我がままでいいよ、もっと駄々をこねてもいいんだよ、と。
一方で、疲れを知らず生命力いっぱいに遊ぶ姿や、子どもならではの独特の世界観や空想の中で遊ぶ姿に、とっても元気をもらっています。
あわただしく毎日が過ぎていく一方で、子どもとのかけがえのない一日一日も過ぎていきます。


(写真は、大学に咲き乱れている八重桜。満開です。)
[PR]
by ramram-yoga | 2014-04-26 16:45 | 大学院生活
大学院生活のスタート
a0118928_9454527.jpg


この春から、兵庫教育大学大学院に入学しました。
どこに所属しているかというと、少々長ったらしいのですが、学校教育研究科 人間発達専攻 臨床心理学コース です。
規模が大きい大学院大学なので、今年入学した院生だけで約300人、教育大学なので現職の教員の方が大勢学びに来られていることもあり、とても活気があります。
臨床心理コースの1年も30人という大所帯。
10歳年下のキラキラピチピチした院生さんに囲まれ、私って歳取ったんだなぁと実感しながら、フレッシュなエネルギーをもらいながら(吸い取りながら?)、毎日奮闘しています。

大学はとっても緑豊かで四季の豊かな色彩が感じられます。
また、きれいに風景やお花など、こちらでもご紹介できればと思います。

この春は同時に、もうすぐ3歳になる息子の保育所転所があり、息つく暇もないほどばたばたとしていましたが、今週に入って少し落ち着きました。
a0118928_9513634.jpg

息子は“イヤイヤ期”なるものがある時を境にびっくりするほど落ち着き、言葉での意思疎通ができるようになってきました。
きっと今、彼の前頭葉はものすごい勢いで発達中。
そして、元気いっぱいです。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-04-17 09:55 | 大学院生活