Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2月の読書本
今月の読書本。
番号は、2014年に入ってからの通しでつけています。


15.「歴史と人間」 草光俊雄・五味文彦・杉森哲也 著 (放送大学教材)
16.「発達心理学概論」 氏家達夫・陳省仁 著 (放送大学教材)
17.「哲学塾 パラドックスの扉」 中岡成文 著 (岩波書店)
18.「アルコホリズムの社会学 アディクションと近代」 野口裕二 著 (日本評論社)
19.「光と影の法則」 心屋仁之助 著 (経済界)
20.「心屋仁之助の奇跡の言葉」 心屋仁之助 著 (経済界)
21.「身体は、なんでも知っている なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?」 堀田忠弘 著 (かんき出版)
22.「いい人をやめると楽になる」 曽野綾子 著 (祥伝社黄金文庫)
23.「百年の食 食べる、働く、命をつなぐ」 渡部忠世 著 (小学館)
24.「新緝 森信三全集 第一巻」 森信三 著 (致知出版社)



今月も読書でかけがえの無い出会いをいただきました。
渡部忠世氏、森信三氏の著書を読みながら、今さらながら日本のことに関して無知な自分を反省し、もっと知りたい、知らなければならないという思いが強くなりつつあります。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-02-28 21:03 |
人間としてこの世に生を受けて
a0118928_14305632.jpg

随ってこの地上にあっては、巨大な魂ほど実は深刻な苦悩を嘗めずにはいられないことの意義も分かるであろう。
ベートーヴェンにしても、ドストエフスキーにしても、その他天才と呼ばれるほどの人にして、深刻な人間苦を嘗めなかった者はかつて一人もないといってよい。
何となれば、人間はその深刻な身・心分離の苦悩を通してのみ、初めて宇宙生命の深奥なる内面を伺い知らしめられるがゆえである。
そしてこのことは、動植物にはこの種の苦悩ともいうべきものの皆無なことによっても、如上の理を伺い知ることが出来るであろう。

かかる無量の幸慶の根源は、結局我われ人間のみが高度の意識能力というものを賦与せられているという一事に尽きることを念う時、我われとしては、いたずらに自己中心の我執に囚われて、この二度とない人生を苦悩と憂悶のうちに過ごすのは、かく我われ人間にのみ、特に高度の意識を恵まれていることの深意に対して、あまりにも無自覚であり、かつそれに背くゆえんというべきではあるまいか。

何となれば、我われにしてひと度自己中心的な我執の囚われから脱したとしたら、すべての苦悩や憂悶は、雲霧の晴れゆくように次第に消えゆくと共に、この大宇宙は、万象のすべてが、それぞれの美に光り輝く絶大なる「生(いのち)」の体系たることに、徐々に「開眼」せしめられてゆくことであろう。
同時にかくして初めて大宇宙生命が、我われ人間に対して特に高度の意識能力を賦与せられた深意に添いうるのではあるまいか。


森信三全集 第2巻 「全一的人間学 人間―心身相即的存在」より抜粋

[PR]
by ramram-yoga | 2014-02-25 14:48 | ことば・メッセージ
入学祝い
a0118928_19204912.jpg

new パソコン。
夫が大学院の入学祝いにと、買ってくれました。

物の扱いが粗雑な私ですが・・・。
大切に使います。

卒業するまで、落とさないように気をつけます。(?)
[PR]
by ramram-yoga | 2014-02-10 09:36 | 最近のいろんなこと