Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「科学と哲学」
最近いろいろと本を紹介いただく機会があり、今年になってまた新しい世界が開けていくような気がしています。

フランス哲学者でもあり、医哲学のパイオニア的存在でもある澤瀉久敬(おもだかひさゆき)先生のご著書「哲学と科学」「健康を考える」の2冊には、非常に刺激を受けました。
今回の記事は「哲学と科学」について。
哲学と科学について、それぞれの特徴・利点・補うべき点が挙げられ、それらは統合することでしか学問としては完成し得ないのだと、鋭く深く独自的な視点から語られています。

まずはなんと言っても、フランスの香り漂う美しい文章表現に魅了されてしまいました。
さらに美しさを感じさせるのは文章表現だけでなく、言葉で様々なことについて突き詰めて考察しながらも、言葉のあやで袋小路に入ってしまうことなくある結論に到達するまでのその過程においても、でした。
いろいろな問題提起がなされながら、そのつど答えが導かれながら、周りに回って気がついたらまたスタート地点に立ち戻ってしまったりするのです。
でも、当初立ったスタート地点と、いろいろな思索を繰り返しながら立ち戻ったその同じ地点とは、見えている風景が全く違います。


特に、後半の「哲学と個性」の章は本の中でもクライマックスで、心に深く響くものがありました。


a0118928_13544086.jpg自我は非我を通じて自己を自覚するということ。

自己を知るとは、自己を純化するということ。

そして、これら自己の自覚とは、自己を完全に個性化することなのだということ。

その時、存在は真の個性にその全き姿を現すのだということ。



これらの内容は、今まで私が疑問に思っていたことに大きな示唆を与えていただきました。
真理はひとつのはずなのに、世の中にはなぜこんなにたくさんの偉大な思想があるのだろうと思っていたのですが、“すべての哲学説は同一であると同時にそれぞれが最も個性的である”という文章に非常に納得しました。
それと同時に身の引き締まる思いでもあります。
それは自分が実感を伴って獲得したものしか自分の真実には出来ないということで、その意味ではこの世界に生きることはとても厳しいことでもあるのだと、改めて感じました。

澤瀉先生の数々のご著書の中に、たまに例えで女性のことについて書かれているのですが、短い言葉なのですがその描写がこれもまた美しいのです。
澤瀉先生に美しいと思わせる女性ってどんな人だったのかな、と、おもわず思いを馳せてしまうほど・・・。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-30 09:45 | | Comments(0)
マインドフルネスとヨーガ療法第2講
前回に引き続き、認定ヨーガ療法士を対象とした「マインドフルネスとヨーガ療法」の連続講座の第2回目が、昨日ヨーガニケタン関西支部にて行われました。

熊野宏明先生の著書「マインドフルネスそしてACTへ」をテキストとし、今回も非常に密度の濃い内容となっていました。
以下、復習がてら簡単にまとめてみました。

***********************


【心理療法としてのマインドフルネスが目的としているもの】
自己には3つの種類が考えられる。

1.概念としての自己 ・・・言葉の働きによって概念化された自己(アイデンティティ)
2.プロセスとしての自己 ・・・時々刻々と変化している自己
3.場としての自己 ・・・観察者としての自己・文脈としての自己であり、一貫性がある

マインドフルネス瞑想とは、自分の心の動きを他人事のように眺める練習を繰り返すことで、プロセスとしての自己を鍛える方法である。
それは、「することモード」から「あることモード」への切り替えでもあり、「あることモード」は、怒り・欲・迷いから離れた心の状態である。
マインドフルネス瞑想は、感受を感受の状態にとどめて、思考を外にも内にも広げない、そして自分(概念としての自分)を作り出さない、ということである。
                熊野宏明著「マインドフルネスそしてACTへ」より部分的に抜粋


【マインドフルネスが脳に及ぼす影響について】
マインドフルネスの意識状態では、以下の脳部位の血流が増加し、活性化する。

・DLPFC(背外側部前頭前野)・・・判断と意欲に関わり、扁桃体を制御する
・vmPFC(背内側部前頭前野)・・・扁桃体が発信する危険予知(不安、心配、恐怖)を監視する

アメリカにおいてはDLPFCへの磁気治療が効果をあげているケースもあるが、マインドフルネスでも同様の効果が期待される。


【マインドフルネスから発展したACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)について】
マインドフルネスはもともと、仏教のヴィパッサナー瞑想における「サティ(気づき)」を行う活動である。
その、マインドフルネスを行いつつ、それをアクセプタンス(受容)し、コミットメント(方向性を持つ)していく、つまり、硬直化したルール支配行動から抜け出して、社会に適応した行動パターンを身につけていくことが、ACTの大きな目標である。


**********************

ACTの本を以前読んだときに、あまり新鮮な感じを受けなかったのですが、それはヨーガ療法とACTには結構共通点があるからなのかもしれません。
いずれにしても、ヨーガ療法が心理臨床の場で活躍していくようになるにも、このように外の視点からヨーガ療法をみつめなおす必要性を改めて感じた今回の講義でした。
とても充実した内容だったので、帰宅時には頭がパンパンになっていました。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-28 07:10 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
ホーリー・マザーの生涯
a0118928_1075035.jpg『ホーリー・マザーの生涯』
~現代インドの聖女サーラダー・デーヴィーの生涯~
スワーミー・ニキラーナンダ著
日本ヴェーダンタ協会


インドの聖者ラーマクリシュナの奥様であり、ホーリー・マザーの名で知られている聖女サーラダー・デーヴィーの生涯が綴られた伝記です。
インドにおいて男性の伝記はよくありますが、女性について書かれた伝記は少ないのではないのでしょうか。

読み進めるうちに、ホーリー・マザーはその呼び名から連想されるようなイメージとは違い、身体的・精神的・金銭的な苦悩と常に共にあり、非常に質素で目立たない人生を送られたのだということがわかってきました。

中でも特に印象深かったのは、人生の多くの時間を夫であるラーマクリシュナやその弟子たちに捧げる料理を作るために費やされたということでした。
身近な人を思いやり、身の回りの世話をし、食事を用意し、そして失敗や過ちをおかしてしまっても、どこまでも母のような愛で受容したホーリー・マザー。

ラーマクリシュナは、男性は全ての女性を自分の母とみることで、女性は全ての男性を自分の子とみることで、男女間に生じる欲情から解放されると言いました。

また、先日受講した心理学の講座で、男性は危機に瀕した時“戦うか逃げるか(FIGHT or FLIGHT)”という反応をするのに対し、女性は自分より弱いものを守ったり他人と仲良くしようとしたりする(TEND or BEFRIEND)ということです。
女性は本能的に、他人を世話し調和を重んじる行動をとるようにできていて、そうすることで歓びを感じるようにできているのかもしれません。

そのようなことから、日常の家庭生活を営むための雑事をしながら深い信仰を守り通し、霊的な成長を遂げたホーリーマザーの生き方というのは、私には女性ならではの道のように思えました。

女性としての生き方について、いろいろと考えさせられた一冊でもありました。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-24 16:00 | | Comments(0)
米国のトラウマ患者に対する心理療法としてのヨーガ療法の実態
先日ヨーガ療法学会宮崎大会にて、トラウマケアの第一人者でいらっしゃるベッセル・ヴァンデル・コーク先生が、「米国のトラウマ患者に対する心理療法としてのヨーガ療法の実態」というタイトルでご講演されました。
その内容をここに少しご紹介させていただきたいと思います。

※講演中にメモをとったものをまとめたものですので、厳密には正確でない箇所があるかもしれませんが、ご了承ください。


***************

●脅威に直面したときの人間の生態反応と、東日本大震災
東日本大震災後、被災した東北の人たちが静かで受身的であることに驚き、心配した。
なぜかというと、脅威に直面したとき人体内部ではストレスホルモンが分泌され、そのストレスホルモンは人間を動かし、何か行動を起こすように促していくからである。
例えば逃げるとか闘うなど、ストレスホルモンは人間がなんらかの形で外界に働きかけるようなはたらきを有している。
しかし、ストレスホルモンが出ているにもかかわらず、行動を起こさないでいると、そのストレスホルモンは≪内側へ≫働き始める。
それは、ストレスが長年続くことになるということを意味している。

●ヨーガは「自分の身体が安全だ」ということを体験させる手段である
PTSDは、過去に自分が直面した脅威が、今もなお継続していて、今でも自分は危険にさらされていると感じている状態である。
過去のものとなったはずの脅威なのに、PTSDの人たちの≪脳≫は「その脅威はまだ続いている」と理解している。
それに対しヨーガは、「自分の身体は安全である」ということを体験させる効果的な手段である。
なぜなら、トラウマは≪身体に≫深い印象を残すからである。
心の状態と身体の状態は、深く関連している。
また、感情は身体で体験し、理性はそこに及ばない。

●PTSDからの回復に必要なのは「安全」と「自己コントロールの回復」
ヨーガ療法の技法は、プラーナーヤーマ・瞑想・アーサナの3本柱で成り立っている。
アーサナでは、自分の身体は自分のものなんだと感じることができる。
また、マインドフルネスは、脳の“島(トウ)”という部分に働きかけ、変化させることが可能である。
島は、意識と身体をつなげる働きをする部分でもある。
脳幹は、自己制御の核であり、副交感神経と交感神経の2つのシステムから成り立っている。
PTSDは脳幹の状態が悪く、脳幹の状態をコントロールできるようになることは、PTSDからの回復を意味している。
自律神経系の範疇である心拍のコントロールについては、ヨーガが最適であると考えている。
過去に行った実験では、DBT(弁証法的認知行動療法)の群に比べ、ヨーガ療法の群が格段に心拍変動が低下・安定した。

●PTSD回復における心身の意識化の重要性
感情コントロール向上の唯一の手段は、感情の意識化(内受容)である。
また、トラウマには≪肉体的な≫印象付けがあり、クライアントがパニックを起こさずに身体の感覚を感じられるようになることは、とても重要である。
人の気持ちを癒すのに、ヨーガほどすばらしい方法は、ない。



*****************


ヨーガ療法士にとって勇気付けとなる内容であったと同時に、コーク博士の慈愛に満ちたお人柄も垣間見ることができ、本当に聴けてよかったと思っています。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-22 11:40 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
ヨーガ療法学会in宮崎
a0118928_21334.jpg

4月18~21日、宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾートにて、第11回日本ヨーガ療法学会研究総会が開催され、参加しました。

初めての宮崎でしたが、南国を思わせる開放的な雰囲気、あたたかく親切な地元の方々、美味しい郷土料理・・・3日間の滞在で、宮崎のことがとっても好きになりました。
(上の写真は訪れた青島神社の空をとっても気持ちよさそうに泳いでいた鯉のぼりです。)

a0118928_1842156.jpg研究総会では、懐かしい方々との再会、新たな交流、そして研究発表や講演など、今回も非常に刺激を受けて帰ってきました。
(写真はポスター発表の様子です。)

また今回は、日本アーユルヴェーダ学会の研究総会と合同開催ということもあり、アーユルヴェーダの研究発表が聞けたのもよかったです。
アーユルヴェーダは西洋医学とは違った視点・技法を持ちながら、非常に高度な専門性を持った体系なのだということを改めて感じました。

そのようなこともあり、最近自分のテーマでもあるヨーガ療法の独自性について、多くの示唆をいただいた学会でもありました。

・改めて、ヨーガ療法にしかできないこと・ヨーガ療法の専門性とは何か?
・専門性をさらに高めていくためにすべきことは?
・逆に、あまり専門的になりすぎない方がいい場合もあるのでは?
・ヨーガ療法適用の限界については、どうか?
・チーム医療の中でヨーガ療法が効果を最大限に発揮できるには、また他職種と調和をとりながらクライエントの方に最善のアプローチを行っていくためには、今後どのようにしていけばいいのか?

など、これから検討していくべき課題はたくさんあるように感じています。

さて、今回は子連れでの学会参加でしたが、施設内の託児ルームをここぞという箇所のみ利用しました。
数時間預けただけでしたが託児料は学会参加費をはるかに上回り、ちょっぴり痛い出費ではありましたがこれも仕方ありませんね。
私の他にも、子連れの方が結構参加されていました(中には0歳の可愛い赤ちゃんも!)。
その面では来年の岐阜大会では、学会側が託児サービスを企画してくださっているとのことです。
若い女性の多い学会ですので、画期的で嬉しい企画です。


今回の目玉であった、トラウマケアの第一人者ヴェッセル・ヴァンデル・コーク先生のご講演については、また後日アップします。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-20 23:38 | YOGA | Comments(0)
放送大学の学習センターへ
a0118928_18235972.jpg

今日は文献検索のため、神戸大学内にある放送大学兵庫学習センターへ。
自然いっぱいの学内は、春爛漫です。

放送大学には一昨年に3年次編入して心理学を学んでいますが、今年度は卒業研究を執筆し無事に卒業できそうです。
通信制でどこまで本格的に学べるのか・・・最初は半信半疑でした。
しかし、通信制をあなどるなかれ。
放送大学では、とても質が高い学びができると感じています。
出席率も成績に加味される通学生と違い、本当に勉強しないと単位が取れません。
逆に言うと、勉強すると単位がとれるので、身になります。
先日、予備校で今後の進路についてアドバイザーの方にいろいろと相談をしていたのですが、放送大学は偏りの無い学びができると定評があるそうです。

また、学びを進めると共に痛感することは、自分の教養の浅はかさ。
わかっていたつもりになり、狭い視野で世界を見ていたのだなぁと感じました。

なぜ、分かったつもりになり、そこで立ち止まってしまうのでしょうか。
それはきっと、その方が楽だし安心できるからなのだと思います。

一方で、新たに前進しようとするときには必ず現在の自分への否定が伴うもの。
自分の価値観を一度壊し、変化していくには勇気とエネルギーが必要です。
しかし、それを恐れず、オープンな自分でいたいと思います。

今年に入ってから、いろいろと大いに揺さぶりをかけられていますが、無理に自分の今までの価値観を押し通すのでもなく、かといって全て染められるわけでもなく、しばらくは揺れておこうと思っています。

全て、自分に必要なことが、ベストなタイミングで起こってくるのであるなら・・・。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-16 18:22 | 心理学とヨーガ | Comments(1)
自然に産んで自然に育てることの意味
昨日(4月7日)は、プロジェクト『いのち』という医療従事者の方々の研修会にお誘いいただき、参加してきました。

今回は「自然に産んで自然に育てることの意味」と題され、女性の大きなライフイベントである出産がテーマでした。
講師の先生は、寝屋川で大谷助産院にて45年間開業助産師として地域のお産に携わっていらっしゃる大谷タカコ先生、仏教大学看護学科教授で出産に関する世界情勢にも大変お詳しい日隈ふみ子先生、そして大谷タカコ先生の助産院で実際に2人のお子さんを出産されたお母さんの体験談などもありました。
非常に興味深く、一人の出産経験を持つ母親として、また今後また出産するかもしれない身として、とても貴重なお話を聞かせていただきました。

**************

私自身も、現在1歳10ヶ月になる息子を助産院ツルマタニティクリニックで出産しましたが、今思うと助産院だからこそ自然分娩ができたのだと思います。

なぜかというと、私の子どもは妊娠後期に逆子になりました。
逆子の状態では、普通病院では帝王切開となります。
それを、先生は私のお腹に手を当てて「こっち、こっちよ」とお腹の赤ちゃんに話しかけながら、頭が下向きになるように赤ちゃんを誘導してくださり、無事に頭が下になりました。

また、出産時は微弱陣痛が続きました。
微弱陣痛が続くと、普通病院では陣痛促進剤を使うことになると思います。
しかし先生は、エコーで赤ちゃんの頭が子宮口に対して少し首をかしげて傾いている状態になっていることに気づき、私のお腹の上から手で赤ちゃんの頭の位置をまっすぐに直してくださいました。
するとその途端に陣痛がどんどん強まり、赤ちゃんは間もなく生まれてきました。
まさに先生の熟練の手技は、私には神業のようにも思えました。

a0118928_12452653.jpg出産時は、畳のお部屋に敷かれたお布団の上で、夫に後ろから抱えられて産みました。
陣痛がどんどん強くなっていく間、部屋には夫と私だけで、夫は陣痛に耐える私の腰をずっとさすってくれ、私は自分の体が自然に動くのに任せていました。
そして、まさに赤ちゃんが生まれる時、明らかに自分のものではない力が身体の中で「下へ、下へ」と働き、ただただその強烈なエネルギーに圧倒されました。

生まれた赤ちゃんをすぐに胸に抱かせてもらった時。
感動というより、驚きました。
小さな命が、自分の体から出てきた不思議に。
初めておっぱいを吸わせた時、何の躊躇もなく当たり前のようにおっぱいを吸い始めた赤ちゃんを見て、なぜか涙が出てきました。

授乳指導をしっかりしていただいたおかげで、その後なんのおっぱいトラブルもなく、1年とちょっとで卒乳するまで完全母乳で育てることができました。
私にしっかりとしがみつき、私の顔をじっと見ながらおっぱいを飲む息子の姿、おっぱいを飲みながら眠りにおちていくなんとも言えない息子の安堵の表情。
その頃は、それが当たり前すぎて、あまりなんとも思っていなかったのですが、今思い返すとなんて幸せな日々だったのでしょう。
誰も入り込める余地のない、2人きりの時間。
日々の雑事で忘れていたそのころのことを思い出し、しばし幸福感に浸りました。

もうその日々は過去のものとなってしまいましたが、その日々があったということは、きっと私と息子を深く結び続けていると感じます。
もちろん叱ることもありますし、私の精神的な未熟さで感情的に接してしまうこともありますが、毎日「大好きよ」と抱きしめ、無条件に愛しいと感じられるのは、もしかしてその日々があったからなのかもしれないと、今回の講演を聞いて感じました。


***************


講演で、今のお産の現状がとても厳しいものであるという現実も知りました。
助産院でのお産は、全体のお産のたった1%なのだそうです。
自分がどのようなお産がしたいのか、それをしっかり吟味してお産のスタイルを選ぶのが理想ですが、そのような教育を受けていないために、私たちはあまりにも無知だと思います。
しかし、情報収集はしようと思えば、可能です。
受身ではなく主体的に、お産にかかわりたいと、強く思いました。

今回の研修会では、女性であることの幸運を感じました。
女性にだからこそ感じられる感覚、女性にだからこそ感じられる幸せというのが、きっとあるのでしょうね。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-08 12:16 | 心身医学・統合医療 | Comments(0)
美しいものを通して真理に至る
a0118928_2064255.jpg

真理との関係において美を語りますと、美は一面において真理の結果であるとともに他面、それは真理への道でもあります。
美が真理への道であるとは、私達は「美しいものを通して真理に至る」ということです。


では、「美は真理の結果である」とは、どういうことなのか。
それは、真理こそ、何ものにも優って美しいものであると言うことです。
美は真理の上に咲く花です。
真理が深まるほど、美も一層美しさを増します。


a0118928_20213714.jpg美というものは、単に対象の事物にあるのではなく、それを眺める人の心にあるのです。

魂の深さが、普通の人には平凡と見えるものにも美を見出させるのです。

一つのものを美しいと感じるか、否かは、それを見る人がどれだけ深く人生を眺め、どれだけ深く存在に触れているかにかかっています。



真理は非合理性をも含むものであるように、深い美は醜いものの奥にも見出されます。

すべては、見る人の魂の問題であり、その人がどれだけ深く存在の根源に触れているかにあります。
ほんとうの存在をとらえることは、最高の美を発見することです。

その意味において、真理への意志は同時に美しいものへの憧憬(あこがれ)でもあると考えられるのであります。


                      澤瀉久敬著「哲学と科学」より

[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-04 20:13 | ことば・メッセージ | Comments(0)
修身教授録
「修身教授録」

教育の道に一生を捧げ「国民教育の師父」と謳われた森信三先生の講義録です。
昭和12年から14年にかけて、 天王寺師範学校(現・ 大阪教育大学)で教師を志す生徒に向けて行われた「修身科」の講義が一冊にまとめられたものなのだそうです。

この春社会人になるある方へ、心からの祝福とエールをこめて、この本を贈りました。
それがきっかけで、私ももう一度手にとり、昨日深い感動と共に読み終えました。

今まで自分が影響を受けてきた人々のことを考えたとき、人は死後、その影響力を失ってしまうどころか、むしろその力は増してくるように感じられることがあります。
森先生も、今となっては文字を通してしかその教えに触れることはできませんが、その一言一言が心に打ち込まれ、震えるような感動が与えられるということは、確かに先生の魂は今も存在しているということなのだと思います。

***************

目に見えるものより見えないもののほうが、五感で感じられるより感じ取ることの難しい精妙なものの方が、実はより強力な力を持ちこの現象世界の背後で働いているのだということを、私はヨーガを通して知りました。
そんなことを日々実感し、その中で今ここに自分が存在していることの不思議を思う今日この頃でもあります。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-04-02 10:19 | | Comments(0)