「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
祈りとは
新約聖書を日本人に分かりやすいように岩手県気仙地方の方言で翻訳された「ケセン語訳新約聖書」の執筆者である山浦玄嗣(やまうらはるつぐ)さんが、先日NHKのこころの時代に出演され、東日本大震災の体験を踏まえてイエス・キリストの教えをお話されていました。


a0118928_17451061.jpg*****************

聖書に用いられる“祈り”には、“神様の声を聞く”という意味がある。

どのようにすれば神様の意思に添うことができるのか神様に耳を傾け聞こうとすること、それが祈りである。

では、神様の声とはどのような形で顕れているのかというと、わたし達の身の回りの環境として顕れている。

神様がわたし達に何を求めているのかというのは、自分の身の回りの環境を見れば分かる。

******************

というようなことを言われていました。

そして東北関東大震災が起こり、医師でもある山浦さんが神様の声に耳を傾けて行った行動とは、「寒さに震えながら処方箋を書くこと」。
つまり、その時医師として尽くすべきつとめをただただ行ったのだそうです。


とても印象に残ったお話でした。

ヨーガでも行為の仕方として、今与えられた環境の中で最善を尽くすこと、今いる場所で必要とされる人になること、という風に教えているので、重なるものを感じました。


私の今やるべきことは、赤ちゃんのお世話。
毎日毎日、オムツを替えて、沐浴をして、おっぱいをあげる。
家族が気持ちよく過ごせるように、家の中を綺麗にして、洗濯をして、食事を作って、そして明るい気持ちでいること。
そんな日々のことを心をこめてやっていきたいなぁと、改めて思わせてくれました。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-07-31 17:48 | ことば・メッセージ | Comments(2)
夕日
a0118928_19541070.jpg

息子ももうすぐ生後2ヶ月、すくすく元気に育っています。
最近は、音楽療法士時代によく使っていた童謡・唱歌の歌本を本棚からひっぱり出してきて、歌ってきかせるのが日課。
やっぱり昔ながらの童謡や唱歌はメロディーが馴染みやすく風情もあっていいなぁと、改めて見直しています。

数年前に文化庁が日本の歌100選のリストを発表しましたが、この中にもやはり童謡や唱歌がたくさん入っています。
見てみると、思わず口ずさむような、懐かしい曲の数々です。


今日は、家の窓から見える夕日を一緒に眺めながら「夕日」を歌いました。


こんな歌があったなんて忘れてしまっていましたが、思い出すとメロディーがしっかりと記憶に刻まれていました。
音楽って不思議。
子育てをしながら、自分の小さい頃へも遡っていくような気がしています。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-07-25 20:05 | 出産・子育て | Comments(0)
あかり
今日のNHK「福祉ネットワーク」で紹介されていた、ワカバの「あかり」という曲。
ファンの女性の自殺をきっかけに、今生きている人へのメッセージとしてこの歌が生まれたそうです。
実際にこの曲を聴いた沢山の人が、生きる勇気をもらったと言っていました。


 ずるしてもいいよ
 逃げたっていいよ
 負けてもいいよ
 でも自分を投げ出さないで ・・・


歌詞に込められたメッセージに、私もちょっとウルっときてしまいました。

「もっと~しなきゃ」「がんばらなきゃ」とついつい思ってしまいますが、自分の弱さをそのまま受け入れられるって、強さだな、と思います。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-07-19 21:47 | music | Comments(2)
風の家
a0118928_1663393.jpg7月に入ってから実家から西宮の自宅に戻り、親子3人での新しい生活をスタートしています。
息子も無事に生後40日を迎えました。

改めて母と子の絆ってすごいなと感じさせられます。
1日中、寝てもさめても一緒。
おしめ交換ひとつにしても、おっぱいや沐浴など全て人に頼らないと生きていけない赤ちゃん。
そして、圧倒的に、赤ちゃんに必要とされている私。
こんな関係って、親子以外にないですものね。


*****************


ところで、先日の題名のない音楽会にピアニストの辻井伸行さんが出演されていて何曲か素敵な曲を演奏されていました。

かつてショパンが滞在していたマヨルカ島に訪れたときに辻井さんが即興で演奏した「風の家」



この演奏を聞きながら、こんな弾き方ができるなんて、この人は心がきれいな人なんだなぁと思いました。


ところで今、毎日赤ちゃんのお世話をしていますが、赤ちゃんってすごいなと思います。
近くにいる人みんなを、無条件で笑顔にしてしまう・・・
その人の心のきれいな部分を引き出してくれるような、赤ちゃんには不思議な力があります。

それと同時に母親の私にとっては鏡のような存在。
今まで気づかなかった自分がありありと映し出されるような気もしています。


同じく辻井さんが作曲された「神様のカルテ」、これも素敵な曲です。





sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-07-13 16:11 | music | Comments(0)