Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
1年を振り返って
今日で今年もおしまいになりました。
今年一年を振り返っています。

今年は、自分は生きているんだなぁと実感させられることの多い一年でした。
今更?という感じもしなくはないですが、特に今年の2大イベントにて。

1つ目の大イベントは、5~6月にチベットに行ったことです。
聖地を訪れ、歴代の行者方がかつて修行していた土地で修行を行って帰ってきて、その中で確かに一生忘れがたい体験もあったのですが、一方で、あの非現実的な場所にいながら生き物としての自分を生々しく感じていました。
空気の薄い極寒のチベットの地で、自分が肉体的な不快感や苦痛にどれだけ影響されるのか、思い知りました。
また、日常から離れてしがらみのない場所に居ても、自分が自分を解放していなければ、自由はないんだということ。

a0118928_16115532.jpgヨーガの修行では感覚器官や知覚器官を制御して自分とを区別していくのですが、それがいかに難しいか思い知らされたと同時に、苦しみを生じさせるそれらの器官があるからこそ私達はこうして生きていられるのであって、その離れようのない結びつきを感じました。

************

2つ目は、妊娠の体験です。
妊娠してからというもの、自分のいる世界がガラっと変わってしまったみたいです。
赤ちゃんって、お母さんがどんな状態であろうと自分の栄養はちゃっかり取り込んで成長していくので、栄養を取られたお母さんはよく貧血になったりするのですが、それくら赤ちゃんはすごい生命力らしいのです。
私も妊娠してからめっきり疲れやすくなって、以前のようにアクティブに動き回ることはなくなりました。
おまけに精力も吸い取られているのか(?)、最近は「あれしよう!」「これしたい!」っていう意欲があんまり無くなりました。
あれこれとよく考えごとをする方だったのですが、最近は考え込むことも少なくなって、毎日が以前よりゆっくりと過ぎていくような気がしています。

いいのか悪いのか分かりませんが、一つ言えるのは、気持ちがとても穏やかだということです。
夫から見ても、私は妊娠前より穏やかになったらしいです。
ここではないどこかへと向かおう向かおうとしていた以前と比べて、今はここでほっと安心している感じで、これは今まで感じたことの無かった感覚です。
それと同時にいろいろと感じることやものごとの見方が変わり、「今まで本当にちっぽけな世界しか見てなかったんだなぁ」と思う毎日です。


来年は、これしたい、あれしよう、という目標は特に立てていません。
ただ、しっかり感じて味わって、楽しみたいと思います。
あとは・・・今、漠然と思っているのは、これからもっと、世の中のいいもの、美しいものにいっぱい触れていきたいってことです。


それがまた、ヨーガへの理解を深めて本当の自分に近づいていくことにつながっていくような気がしています。


a0118928_167175.jpg写真は、ヨーガの生徒さんからいただいた素敵なキャンドル。
いくつかのクラスでは今年最後のヨーガクラスで、このキャンドルを使わせてもらって「内心の静けさ」をテーマとした瞑想を行いました。


上の写真は、チベット・マナサロワール湖のほとりにて。


それでは、どうぞよいお年をお迎えください。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-31 15:26 | 最近のいろんなこと
メサイア
先日26日は、以前からとても楽しみにしていたヘンデルのオラトリオ「メサイア」を聴きに、いずみホールへ行ってきました。
演奏はバッハコレギウムジャパンです。

メサイアは、イエス・キリストの誕生の予言から受難、死後の復活、そして永遠の生命への信仰まで・・とテーマが壮大な上に、演奏時間も3時間近くと長時間にもかかわらず、聴衆を惹きつけて離さない曲の構成と演出はさすがヘンデルという感じで、演奏会はあっという間に感じられました。


以下、メサイアの中から好きな曲を何曲かピックアップ。


●イエスの受難

 この方は侮られて、人から除けものにされた。
 彼は悲しみの人であり、苦しみも知っていた。
 背中を打つものにその背中を委ね、髭を抜くものにその頬を任せた。
 恥ずかしめられ、唾を吐きかけられても、その顔を隠すことはなかった。

…華やかな曲が並ぶ中、この曲はとてもひそやかで静かですが、とても重要なテーマであり、ヘンデルも泣きながらペンをとって作曲したというこの曲。
 聴く方も涙なくしては聴けないです。
 もののけ姫で有名な歌手の米良美一さんも長年この歌を歌っているそうですが、自分が人に与えてきた苦しみを知るごとに、この曲への理解が深まっていくのだとか。


●有名なハレルヤコーラス

 やはり・・・圧巻でした。


人間ってすごいなぁと、感動しきりでした。
自分の持っているエネルギーを、時には葛藤や苦しみのエネルギーも、宗教的・芸術的なものに全力投球していくことができる、精神力の高さに・・。


●最後、キリストを誉め讃える場面

 歌詞はアーメンのみ


やっぱり、当たり前ですがライブはCDと全然違いますね。
こんなすばらしい音楽に出逢えるなんて、生きててよかった!って思えるくらい良かったです。
わたしは涙もろいのか、最初から最後までずっと泣いていました(終わると泣き疲れてました・笑)。
音楽の力を改めて感じた演奏会でもありました。




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-29 21:43 | music
お腹に赤ちゃんがいます
a0118928_23475916.jpgクラスの皆さんにも一通りご報告が済んだので、こちらでもご報告します。

今、お腹の中に赤ちゃんがいます。

現在妊娠5ヶ月で、出産予定は2011年6月8日です。

つきましては、現在行っているヨーガクラスは、来年の3月をめどに半年~1年間のお休みをいただくか、他のヨーガセラピストに明け渡すことになります。

一時期つわりのせいでパソコンに向かうことができず、ブログも全然更新できていませんでしたが、今は安定期に入り、調子もかなり戻ってきました。


**************


実は以前は、自分がヨーガ以上に情熱を傾けられる存在ができるということが、どうしても想像できませんでした。
妊娠・出産をすることで、大好きなヨーガを教えること、ヨーガを学ぶ場に行くこと、関連分野の勉強がどうしても制限されるようになってしまうことが煩わしくさえ思えていました。

でも今は、そうじゃないんだなぁということが分かりました。
新しい命を迎えて育てていくことも、ヨーガを学んだり教えたりすることも、同じ。
何をしていようと、それは自分の心の持ち方次第であって、しかもヨーガのいいところは「今いるところがどこでも実践の場」だということです。
それどころか、勉強よりももっともっと重要で貴重な体験を与えていただいたことに、今は心から感謝しています。

最近顔つきが変わったと良く言われますがそのとおりで、確実に自分の中にもうひとつの意志が宿っています。
妊娠する前までは考えもしなかったことを考えたり、新しい視点で物事を見たり。
聞きたいと思う音楽も食べたいものも今までと違います。
感じとしては私が赤ちゃんを保護しているような感覚ではなく、不思議ですが逆に赤ちゃんに守られ導かれているような気がしています。

それと同時に、その意志を持った命との一体感も感じます。
私が気持ちいいと、赤ちゃんも安らいでいるのが分かります。
緊張していると、赤ちゃんも居心地悪そうにしているのが分かります。

今の時期を思いっきり楽しんで、味わいたいと思います。

a0118928_23451155.jpgでも、ヨーガを教えるというお仕事が本当に本当に大好きなので、早く復帰したいなと願いつつ・・・。

ヨーガ療法士としても、この機会に一回り成長したいと思います。



※なぜかぼちゃの写真かというと、今日は冬至だから(あ、もう昨日でした)。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-23 00:04 | 最近のいろんなこと
断捨離のすすめ
「断捨離のすすめ」
a0118928_2251388.jpg最近、私の生活に大革命を起こしてくれた本です。
断捨離(だんしゃり)とは、もともと「断捨離行法」といって、心の執着を手放す行法哲学なのだそうですが、最近それを日常生活の中で使えるの整理術のメソッドとして提唱した人(日本人)がいるのです。
近頃はテレビでも取り上げられ話題になっている断捨離ですが、私も本を買って読んでみました。

********

断捨離が面白いのは、それがただの整理術ではないところにあります。
普段自分がモノに対してどう向き合っているのかを考え、突き詰めては自分と向き合うことになっていきます。

もうひとつ興味深いのは、自分にとって必要なものかそうでないかを見分ける方法として、「時間軸」を手がかりにするところです。
「いつか」「そのうち」使うかもしれないものではなくて、現在自分がそれを使うのかどうかを、モノを取捨選択する基準にします。
そのような視点で押入れやタンスにしまわれているものを見てみると、「いつか」「そのうち」使おうと思うものがどれだけ多いかに驚いた以上に、自分が普段家にあるモノの中の本当に限定されたものしか使っていなかったことに気づき本当にびっくりしてしまいました。
もしかして私は、自分が思っていたより、ずっとシンプルに生きていけるのかも?

a0118928_22504835.jpgまた、どんなものを多く溜め込んでいるかで、自分のコンプレックスが分かったりするというのも面白いです。
私の場合は音楽CDと書籍がすごく多いのですが、特に本棚に入りきらないほどの本は、知識に対する欲というか、ひっくり返してみればコンプレックスでもあるのかなぁと思ってみたりもしました。
でも、よくよく見てみると学会誌や専門書などはもう古くなっているものも多く、ただ単に本をたくさん持っていることで安心しようとしていたような気もして、この際ばっさりと処分することにしました。
まだ読めそうな本は、こちらに寄付。

そんなこんなで、部屋の中がどんどんすっきりしていくと同時に、心の中も雲が晴れて青空が広がっていくような気がしている今日このごろです。

ちなみに、同じくこの本を読んだ夫曰く「当たり前のことしか書いてない」。
整理整頓が上手な人って、日ごろから断捨離ができているらしい。
部屋が散らかるのはほとんどいつも私のせいなので、来年から改めます…。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-21 00:03 |
アイソメトリック・ヨーガ
今日はふうや内観研修所で行われた、ヨーガ療法ワークショップに参加してきました。

講師は、日本ヨーガ療法士会大阪幹事長の澤憲一先生で、「アイソメトリック・ヨーガ」についてとても分かりやすく詳しい講義をしてくださいました。

アイソメトリックとは“等尺性運動”のことで、筋肉の長さを変えないで筋力を発揮することをいいます。
このアイソメトリックの筋力トレーニングは、マシントレーニングなどに代表されるような「アイソトニック」の運動と比べて怪我や故障のリスクが少なく、乳酸などの疲労物質の分泌も少ないというメリットから、体力の少ない高齢者の方や怪我や痛みのために運動が制限される方をしばしば対象とするヨーガ療法でも、最近積極的に取り入れられています。

a0118928_21255617.jpg
一見柔軟さを追求していると思われがちなヨーガのポーズです。


しかし、実はヨーガ行者たちは過酷なヒマラヤの地で修行するための強靭な肉体を作るために、かなりハードな筋トレ的要素を含んだポーズを行っていたそうです。

一方、現代に生きる私達も、必ずしも柔軟であることだけが体にいいのではなく、筋肉が無く伸びきった状態はむしろ体の故障につながることが多いようです。

そこで、必要になってくるのが、このアイソメトリック・ヨーガです。
自分の無理の無い範囲で筋肉に負荷をかけることによって適度な筋力をつけつつ、精神的な安定や集中力の向上なども目指していくヨーガ療法のメソッドです。


現在私が担当させていただいているヨーガ・セラピーのレッスンでも、最近アイソメトリックの要素を多く取り入れています。


さて、澤さんの講義ですが前半の実技も去ることながら、後半の「ああ我が人生を振り返る」では、今まで知らなかった澤さんのヨーガにいたるまでのいきさつも聞くことができ、ヨーガをやっている人ってそこにたどり着くまでに、本当にいろいろな紆余曲折があって、必然的にヨーガにたどり着いたんだなぁと考えさせられました。

瞑想の時間も2回あって、そのうちの1回は、自分が今手にしているご縁について、そこに至るまでに自分の心の持ち方がどう影響していたかという内容で、これも自分なりにとてもいい瞑想をすることができました。


以上、とりとめもなく今日の感想でした。

同じヨーガ療法の説明を聞くにも、説明する人によって一味も二味も印象が違い、そこが本当に面白いところです。

ヨーガ歴が長く、引き出しが沢山あって、大切なヨーガの智慧なども簡潔に要点を得て説明される澤さんを見て、(私もいつかはあんな風になれたらいいなぁ)と憧れの気持ちを抱きながら、受講させていただきました。

とても有意義なワークショップでした。




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-19 20:57 | YOGA
チベット語学習会が開催されます
現在チベットより来日されているカンソンさん(男性)・ドロッカさん(女性)のお2人ですが、年末にヨーガニケタン関西支部にてチベット語学習会をされることになりました。

チベットに興味のある方は、是非ご参加くださいね。
チベットの方とお話できるなんて、そうめったにないチャンスだと思います。
私も、行ける日に参加しようと思います。


****チベット語学習会****

日 時:12月25日(土)から28日(火)までの夜7時~9時
内 容:チベット語の基本単語の書き方と読み方
講 師:チベット人講師2人(両講師は共にラサ大学外国学部を卒業しています)
会 場:ヨーガニケタン関西支部(西宮市小松西町一丁目3-16)
    TEL 0798-48-0628 
参加費:1,000円(資料の準備があるため要予約)
※講座修了後はチベット文化事情を話す茶話会も用意されています(夜の9時までには終了します)。

申 込:ヨーガニケタン関西支部(西宮市小松西町一丁目3-16)
    TEL 0798-48-0628  
  
****************


ちなみに先週の土曜日は、夫と私でお2人をお連れして、アラサー4人組で須磨水族館へ。
a0118928_0521310.jpg

いろんな海の生き物を見て楽しみました。
a0118928_0531828.jpg


夜は、神戸ルミナリエへ。
a0118928_054563.jpg

とても綺麗です。
ルミナリエはものすごく混雑していましたが、どれだけ混んでいても人々が前の人を押したり、我れ先にと強引に進んでいったりせず、おとなしく順番を守って並んでいることにドロッカさんがすごく感動していました。


そして・・・関西と言えばやっぱり!ということで、お好み焼きを食べに行きました。
a0118928_0554291.jpg

なかなか気に入ってもらえたようです。

特にカンソンさんは、ねぎ焼きが美味しかったようで、今まで食べた日本の食べ物の中で一番美味しかったと感動していました。


ちなみに、お2人が日本に来てまず驚いたのは「とにかく街がきれい!」ということでした。

これから、いろいろ見て食べて、いろんな日本人と交流して、しっかり日本を満喫してもらいたいです。




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-15 01:07 | Infomation
アイリッシュハープのコンサート
12月22日(水)、ヨーガスタジオチャンドラにて、アイリッシュハープのコンサートがあります。

時間 16:00~18:00(15:30開場)
料金 おとな2,000円 こども(3歳以上)500円 3歳以下無料

アイリッシュハープ、とっても綺麗な音色です。
途中には実際に会った子供の体内記憶の朗読などもあるそうですよ。
是非お越しください。

お申込みは、ヨーガスタジオチャンドラまで。

a0118928_16573322.jpg



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-13 16:57 | Infomation
チベットより来客
今年チベットに行ったときにお世話になったチベット人ガイドさん2人が、来日されることになりました。
2ヶ月ほど日本に滞在して、日本各地の知人のところを訪れるみたいですが、今週の土曜日は私がお相手をすることになりました。

チベットの人が出国するのはとっても難しいらしく、今回も出国許可が出るまでなんと3ヶ月かかったそうです。

こちらは今年の6月、チベットのラサホテルでお2人と撮った写真です。
a0118928_1130217.jpg

1人は日本語が、もう1人は英語が堪能なので、コミュニケーションは問題ないです。

お近くの方で、チベットに興味がある方、お話してみたい方、ご一報くださいね。
一緒に遊びましょう!
ガイドさんなのでチベットの歴史や事情などにはかなり、詳しいです。
説明もすごく上手です。

ちなみに、ヨーガニケタン関西支部では、後日お2人によるチベット語講座も開催されるみたいですよ。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-08 11:39 | 最近のいろんなこと
ヨーガ療法ワークショップの印象記
a0118928_23523337.jpgふうや内観研修所で10月にさせていただいたヨーガ療法のワークショップを、所長の橋本俊之さんが印象記としてとても詳しくまとめてくださいました。

ヨーガ療法ワークショップの印象記はこちら(PDF:ふうや瓦版No.7)。


瓦版の記事にもありますが、12月の内観懇話会での澤憲一先生のヨーガ療法ワークショップ「アイソメトリック・ヨーガ」もとっても面白そうなので是非参加したいと思っています。

さて、明日から急に冷え込むみたいです。
どうぞ、風邪をひかれませんように。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-06 23:52 | YOGA