Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今月の聖句
現在いくつかのクラスでは、毎月最終週に瞑想を行っています。
今月もアーサナの後、希望者の皆さまと一緒に瞑想を行いました。

ところで、紀元前500年以前にすでに成立していたというインドの聖典、ブリハッド・アーラニャカ・ウパニシャッド(大森林派奥義書)には、真理を探究するための瞑想について次のように段階づけて説明されています。

1.聴聞(シュラヴァナ)…聖典や導師の教えをよく聞き学ぶこと
2.熟考(マナナ)…その聴聞(教説)をもとに深く考え洞察すること
3.深い瞑想(ニディディヤーサナ)…熟考が自分のものとなり習慣化できるほどの深い瞑想
4.悟り(ギヤーナ)…三昧(さんまい)と呼ばれる質の高い意識状態での悟り

以上のような4段階が、瞑想の具体的手段として開示されています。

ちょっと難しいのですが、これはつまり、伝統のヨーガにおける瞑想とは、ある指針となるもの(=智慧・教え)が提示され、それを元にして真理を探究していくのだ、ということです。
言い換えると、瞑想をするときには、まずは題材となるもの(智慧・教え)が必要である、ということになります。

いろいろな情報が錯綜している現代の世の中で、何を指針として生きていけばいいのか。
それは、古くから伝えられてきた教えである。
時代の厳しい淘汰を経て生き残ってきた智慧や教えは、頼るに値するものである。
そして、それは現代に生きる私たちにとっても、非常に有用である。


これは、いつも私のヨーガの先生がおっしゃることです。

a0118928_23544247.jpg
そんな古くから伝わる智慧に基づいて作られた聖句を元に、今回も瞑想を行いました。


今月の聖句は
生まれて進化せざれば
      生まれざるに同じ


今回は、この智慧の言葉(聴聞・シュラヴァナ)にもとづいて、クラスの皆さまと10年前の自分をそれぞれ思い出しました。
10年前の自分と今の自分とを比べて、どこが進化・成長したかを、瞑想の中で調べ(マナナ・熟考)ました。


このようにして少しずつ少しずつ自分のことを知り、真理へとたどり着くための一段階としての瞑想です。

最後に、聖師シャンカラが記した「パンチャダシ」に書かれている言葉をご紹介して終わります。

瞑想の高い次元に達した心は、あたかも風の無いところに置かれた、ろうそくの炎のごとく安定する・・・




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-28 23:35 | 瞑想
日本ヴェーダンタ協会 創立50周年記念祝賀会
a0118928_12554440.jpgインドにあるラーマクリシュナ・ミッションの日本支部である、日本ヴェーダンタ協会の創立50周年記念関西地区祝賀会が、今週末大阪で行われます。


日 時: 2010 年1 月24 日(日)
      午後4 時~午後6 時まで
場 所:帝人ホール

       (大阪市中央区南本町1-6-7)
    地下鉄中央線/堺筋線 堺筋本町東出口
        (2 号出口)から専用通路あり
入場料:無料
※先着300 名まではスワミ・ヴィヴェーカナンダ大師の本を無料進呈



主賓には、インド総領事であるヴィカース・スワラープ氏が招かれ、講演があります。
スワラープ氏は、2009 年度アカデミー賞受賞映画の「スラムドッグ$ミリオネア」の原作小説『ぼくと1ルピーの神様』の作者でもあるということで、きっと講演の内容もとっても面白いのではないかと思います。
『ぼくと1ルピーの神様』、とても面白いらしいので私も読んでみようと思います。

そして、私たちの先生でもある日本ヨーガ療法学会理事長の木村慧心先生のお話もあります。
入場も無料で誰でも出席できますので、インドの心やヨーガ、霊性、文化に興味がある方は、この機会に行かれてみてはいかがでしょうか?
私は用事で出席できないのですが、周囲のヨーガ関係者はこぞって参加されるようなので、会場がいっぱいになりそうな予感です・・・。

詳しくは、日本ヴェーダンタ協会のHPでどうぞ。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-21 12:55 | Infomation
今日のことば
a0118928_946456.jpg

生きていると

いうことは

愛されていると

いうことだ



    致知出版社
      日めくり小さな人生論カレンダーより




自宅においてあるカレンダーの、今日の言葉です。
日々生かされている、そんな当たり前のことに感謝しながら、今日も一日過ごしたいと思います^^


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-13 09:51 | ことば・メッセージ
3月より新しく「楽の森クラス」がはじまります。
2月いっぱいを持ちまして、スタジオの都合により元町クラスが終了することになりました。

つきましては、3月より新しく楽の森クラスが始まることとなりました。

場所は「縁側すぺーす 楽の森」というスタジオです。

a0118928_20414153.jpg管理人の森本さんが自らデザイン&内装を手がけた温かみのあるとっても素敵なスタジオです。

体験レッスンは随時お受けしていますので、お気軽にお越しください^^

詳しくはラムラムのHPよりどうぞ。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-11 20:12 | Infomation
冬季集中修行会
1月2~5日、米子にあるヨーガ・ニケタン本部にて毎年行われているラージャ・ヨーガの冬季集中修行会に参加してきました。

a0118928_1818862.jpg毎年お正月の寒いこの季節に行われる集中修行会。

今回も寒さは緩いと言われながらも外は雪がちらつくことがありました。

その中で瞑想・アーサナ(ポーズ)・呼吸法などの各修行法を木村慧心先生よりご指導いただきました。

暖房は一切無し、しんしんと冷える中で何度も行った1時間の瞑想は、正直こたえました・・・。
改めて、暑さ寒さといった気温によってたやすく影響される自分の精神状態のもろさに、気づかされました。


多くのヨーガ行者は、極寒の地ヒマラヤ山中でヨーガの修行をするといいます。
暖房器具はもちろん無く、野生の熊や狼がいるような常に死と隣り合わせの環境にわざわざわが身を置き、たった一人孤独に行をするのだそうです。

一切の快楽から自分を切り離して俗世を捨て、人生のすべてをヨーガ修行に捧げる、そのすさまじいまでの真理への渇望に、畏敬の念を覚えます。

このように感覚器官の楽しみを制御し、さらに生きることですら困難な場所に身をおく中で、絶対なる境地にたどり着こうとする。
今回はそのようなヨーガ行者の世界の想像を絶するような厳しさを、少しだけ垣間見た気がしました。


また、この修行会は新しく始まる一年に想いを馳せるとてもいい機会になりました。
個人的には今年の5~6月の1ヶ月間、チベットに入り聖地を巡礼しながらのヨーガ修行に参加する予定です。


今回の集中行のテーマは、『生気(せいき・プラーナ)』でした。
私たちの生命そのものであるとも言える生気。
その生気とは何たるかについて、そして生気のコントロールについて、貴重な学びがありましたので、ここでもまたお伝えしたいと思います。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-05 18:13 | YOGA
謹賀新年
a0118928_22303229.jpgあけましておめでとうございます。

今日はまるで今年一年を占ったかのような、きれいで穏やかな一日でした。

喜び、楽しみ、苦しみ、悲しみ・・・
いろいろな出来事や感情が訪れてくる中で、
内心の歓びと静けさを見出し、立ち戻る。
そんな一年にしたいと思います。

この一年が、皆様にとってよい年となりますように。

心穏やかに過ごすことができますように。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-01-01 22:42 | 最近のいろんなこと