Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カテゴリ:本( 80 )
9・10月の読書本
a0118928_22283775.jpeg

100.『いじめの構造 なぜ人が怪物になるのか』内藤朝雄著
101.『円通毉療の日常臨床』田中実著
102.『時間と空間を突破する叡智を授ける』Kan., ゲリー・ボーネル著
103.『時間と空間、物質を超える生き方』成瀬雅春著
104.『食べない人たち 「不食」が人を健康にする』秋山佳胤、森美智代、山田隆夫著
105.『なぜ≪塩と水≫だけであらゆる病気が癒え、若返るのか⁉』ユージェル・アイデミール著
106.『無意識との対話 身心を見つめなおす』町田宗鳳著
107.『無心ということ』鈴木大拙著
108.『人類は「宗教」に勝てるか 一神教文明の終焉』町田宗鳳著
109.『「ありがとうを言う」と超健康になる』町田宗鳳・森美智代著
110.『人の運は「少食」にあり』町田宗鳳著
111.『法然・愚に還る喜び -死を超えて生きる-』町田宗鳳著
112.『霊性の開発』五井昌久著
113.『神と人間』五井昌久著
114.『「食べない」生き方』森美智代著


***************


今日は、大学の非常勤講師のお仕事でした。
「代替療法看護論」という授業で、看護学部の学生さんに、ヨーガ療法と音楽療法についての講義と実技を行いました。
”ヨーガ療法”という言葉すら初めて耳にした学生さんたちですが、いろいろと感じるものがあったようです。
レポートには、興味深い感想をたくさん書いてくださっていました。

さて。
怒涛の10月が、終わりました。
インプット、アウトプット共に、盛りだくさんでした。


最近、毎日ときめいています。
素敵な男性に対してはもちろんのこと、女性に対しても。
患者さんや、生徒さんに対しても。
人間だけでなく、動物や植物、それに音楽等。
後は、神様。
神社に行くと、それはそれは生き生きとした、そして颯爽としたエネルギーを感じ、魅了されてしまいます。

生命エネルギーが様々な形態を通して、顕れ出ているわけです。
それに、惹かれているのだと思います。
生命エネルギーは、なんて魅力的なのでしょう。

自分の心を開けば開いただけ、ときめきが増えていきます。

11月も、たくさんときめきながら過ごしたいと思います^^


  愛と感謝をこめて





[PR]
by ramram-yoga | 2017-10-31 22:09 |
8月の読書本
a0118928_19035013.jpg
90.『不食という生き方』秋山佳胤著
91.『しない生き方』秋山佳胤著
92.『福岡伸一、西田哲学を読む 生命をめぐる思索の旅』池田善昭、福岡伸一著
93.『足うら重心は幸せの法則』佐藤眞志著
94.『無分別智医療の時代へ』天外伺朗著
95.『手のひら療治 復刻版』三井甲之著
96.『合気の極み 光の体になると、光の技が使えるー』錦戸無光著
97.『黎明(上)』葦原瑞穂著
98.『黎明(下)』葦原瑞穂著
99.『反転の創造空間《シリウス次元》への超突入!』半田広宣、中山康直著


*************

明日から、9月ですね。
この秋から、いろいろなことが具体的に展開していきます。

最近思っていることがあります。
排除とか、敗者とか、弱者といった人たちを生み出さないような社会は、ひょっとして実現できるのではないかな、と。
それには、制度的な整備ではなく、人の心が変化していくことが必要です。
それでは、人の心が差別のない状態に変化するには、どうしたらいいのか?
そのあたりを、明日のスピーチでお話できればと思います。
楽しみです^^





あとは、こちらのブログをご紹介します。

明日から1記事ずつ、更新されていくみたいです。
もし、あなたの今の感性に合うようでしたら、読んでみてくださいね。



愛と感謝をこめて


[PR]
by ramram-yoga | 2017-08-31 22:17 |
7月の読書本
a0118928_15293457.jpg
76.『半農半Xという生き方 実践編』塩見直紀著
77.『死では終わらない物語について書こうと思う』釈撤宗著
78.『U理論』C・オットー・シャーマー著
79.『現代霊性論』内田樹、釈撤宗著
80.『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』ルドルフ・シュタイナー著
81.『インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯』田中かん玉著(再読)
82.『「いまここ」にさとりを選択する生きかた』やまがみてるお著
83.『明るく死ぬための哲学』中島義道著
84.『メッセンジャー ストロヴォロスの賢者への道』キリアコス・C・マルキデス著
85.『空(くう) 天翔ける歓喜の弥栄』Mana著
86.『宙が教える「受け取る」の仕組み』Mana著
87.『光 無限のいのちを生きる』Mana著
88.『空(くう) 舞い降りた神秘の暗号』Mana著
89.『空(くう) 豊穣の狩人』Mana著


******

ずっとずっと、自己存在の答えを、外側に追い求めていました。
それが、この春あたりから急に近く感じられはじめていました。
近い。・・・近い。
なんだか手が届きそうな感覚を感じながら、どんどん、問いと応答との距離が近くなっていっていたように感じていました。
問えば、すぐに反応が返ってくる、宇宙から。
そんな感覚でした。

そして、ある時、応答はすべて、自分の内側からやってきていたのだ、ということに気づきました。
7月15日の夕方のことでした。
それを境に、それまで私を襲っていた恐怖感、孤独感、欠乏感が、嘘のように無くなりました。
そして、同時に満ち溢れてきたのは、充足感と、安心感でした。

問う側と、応答する側の距離は、実はまったくなかったのだということが、分かりました。
なぜなら、応答は、すべてここにあるから。

「それって、悟りなんじゃないの?」と聞かれましたが、別に、悟ったわけではありません^^
今でも分からないことだらけです。
でも、分からない状態をどうこうしたいと、思わなくなりました。
分からないということさえ、与えられたプレゼントなのだということが、分かってきました。

こちら で、綴っている言葉があります。
これは、いわゆる”私”が書いている言葉ではありません。
内側から、湧き上がってくる言葉です。
これは、あなたの心の内側の声でもあると思うのです。
なぜなら、あなたも私も、本当はもうすべて知っているのですから^^

愛と感謝をこめて。








[PR]
by ramram-yoga | 2017-08-07 15:52 |
無意識の発見
a0118928_02132951.jpg

今、力動精神医学発達史についての歴史的大著として知られる、アンリ・エレンベルガ―著『無意識の発見』を読んでいます。
心理臨床に携わる者の必読書‼と、前々から心理の師匠に言われていたにもかかわらず、やっと今になって、なのですが^^;
力動精神医学がどのようにして生まれ、どのように発展していったのか、ということについて、フロイト、ユング、アドラーをはじめ、様々な人物について詳細に触れながら展開されていきます。

読んでいると、この大作を一人の人が書き上げたという事実に驚きを禁じ得ません。
歴史的背景をはじめ、登場人物の家族構成、幼少期の様子や学校の成績、交友関係、趣味、他人からの評価等、とにかく資料が膨大なのです。
その意味では、あくまで客観的事実に忠実に構成されています。
ですが、それに加えて本書を面白くしているのは、エレンベルガ―独特の個人的な興味?に基づく見解が随所で述べられているところにあります。
あるところでは、フロイトが精神分析家ではなく、作家になったら…と、想像を膨らませてみたり、あるところでは、フロイトとユングの思想を比較するところで容姿(主観的な印象)まで比較していたり…。


********


私がこの本を読んでいて、新たな発見があった箇所がいくつかありました。
その内のひとつは、アドラーの思想体系について。

単一性(人間存在は心身の関連という点でも心のさまざまな活動や機能の点でも単一かつ不可分である)や、力動性の原理(心的過程においてフロイトが原因の面を強調したのに対し、アドラーは目的と指向性を強調した)等、アドラーはフロイトと決別後、まったく独自の心理学体系を創り上げていったということは、学んでいたところです。

しかし、以下のことに関しては、私が考えていた理解よりももっと深く、広がりをもった言葉だったということが分かってきました。
以下、本文を一部改変して紹介します。



勇気:
アドラーが勇気(Mut)と呼んでいるのは、ノイヤーによると魂の本質である高次の心的エネルギーのことである。

共同体感覚(感情):
宇宙的影響の原理からとらえられたものである。
個人というものは、それに数限りない形の影響をおよぼす宇宙から切り離して考えることができない。
共同体感情は宇宙の全体的な相互依存関係がわれわれの内部の生命に反映したものであり、われわれはそれから自己自身を完全に切り離すことができない。
そのような共同体感情は他者の中に感情移入し、他者と共感する能力をわれわれに与えてくれる。
またそれはなによりも、人間共同体の自然的および法律的要求に合致した生き方の自発的な受容でもある。

全体における部分の自発的構造化:
心を構成するすべての成分は個人が自ら定めた目標へと向かってひとりでに組織され平衡を獲得する。
感覚、近く、心像、記憶、空想、夢ーこれらのすべてが個人の向かう方向に沿って一点に収する
人類全体としても同様に、この自発的構造化は仕事の分配という形で現れている。
個人にとっても人類にとっても、この自発的構造化は自己自身の法則への適合という原理の発言である。




これらから、アドラーは人間を社会的存在という枠組みのみに限定することなく、宇宙や魂といったもっと大きな次元から捉えていたことが分かります。
全体との調和や関係性から個人を捉えるという感覚は、ある意味で東洋的であるようにも感じます。
学べば学ぶほど奥深いアドラー心理学です。
一方でとらえる側の私が感性を深めていくことで、さらに深みを発見し、恩恵にあずかることができるのではないかと思います。
アドラー心理学に関してだけではなく、全てのことに関して。

今年は、今まで意外にもあまり学ご縁の無かったユング心理学についての素養も深めていきたいと思っています。





[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-02 10:06 |
6月の読書本
a0118928_00273293.jpg

49.『シーラという子』トリイ・ヘイデン著
50.『家族パラドクス』斎藤学著
51.『あかるく拒食 ゲンキに過食』伊藤比呂美・斎藤学著
52.『ゾウの時間 ネズミの時間 -サイズの生物学-』本川達雄著
53.『仏教教団の誕生』佐々木閑著
54.『般若心経』佐々木閑著
55.『死について考える』遠藤周作著
56.『宗教を心理学する ーデータから見えてくる日本人の宗教性ー』松島公望・川島大輔・西脇良編著
57.『タイガーと呼ばれた子』トリイ・ヘイデン著
58.『マインドフルネス 気づきの瞑想』バンテ・H・グナラタナ著
59.『道元 正法眼蔵』ひろさちや著
60.『身体感覚を取り戻すー腰・ハラ文化の再生ー』斎藤孝著(再読)
61.『意識に直接与えられたものについての試論』アンリ・ベルクソン著
62.『笑い』アンリ・ベルクソン著
63.『風土-人間学的考察-』和辻哲郎著
64.『感性の覚醒-近代情念論の再検討を通じて-』中村雄二郎著
65.『無意識の発見(上)』アンリ・エレンベルガ―著
66.『野口体操 おもさに貞く』野口三千三著
67.『手放す生き方』アーチャン・チャー著
68.『身体の宇宙性-東洋と西洋-』湯浅泰雄著
69.『「からだ」と「ことば」のレッスン』竹内敏晴著
70.『「聴く」ことの力-臨床哲学的試論-』鷲田清一著
71.『森林の思考・砂漠の思考』鈴木秀夫著
72.『聖書と歎異抄』五木寛之・本田哲郎著
73.『〈いじめ学〉の時代』内藤朝雄著
74.『肉食の思想ーヨーロッパ精神の再発見ー』鯖田豊之著
75.『維摩経』釈徹宗著

*******

今月は、今までの自分の視野がいかに狭く限定されたものであったかを教えてくれるような本にたくさん出合いました。
自分の生きている風土、この人間という生体のあり様、寿命の長さ、心臓の鼓動の速さ、食べているもの等。
そのようないろいろな要素によって、無自覚の内に、世界観のとらえ方が限定を受けている、ということ。
また、”わたし”という感覚が如何に曖昧なものであるか、ということについても。

さて、ただいま東京行きの新幹線の中からブログを更新しています。
明日は、赤羽にあるヨーガ療法研修センターで開催される、ヨーガ療法士向けの専門講座の講師を務めさせていただきます。
アウトプットをすると、そのたびに新たな世界が開けていくので、とっても楽しみにしています。

明日から、7月ですね。

(写真は、北海道大学の植物園にて。)





[PR]
by ramram-yoga | 2017-06-30 20:55 |
維摩経
a0118928_19094308.jpg
今月のNHK100分de名著でピックアップされているのは、「維摩経」。
サブタイトルには、このような言葉が。

「自分」の枠をばらし、あらたな「私」を組み立てる。

なんてタイムリー。

紹介してくださったのは、私のかかりつけ医である斉藤クリニックの斉藤先生です。
心・身体・魂をも含めて深~い視点から診てくださる先生。
初めて診察を受けた時は、静かな衝撃を受けました。
まるで大海の中に放流されて自由に泳ぎ回る魚になったかのような感覚を覚えました。
治療者としての器が、とても、広く深いのです。
まだ、私には、その底が見えません。

先生のクリニックには本棚がたくさんあって、ぎっしりと本が詰まっていて、毎回のように本を貸し出してくださいます。
ものすごい読書家。
70歳を超えていらっしゃるのに、本当に真摯な追求をされていて、私も大いに触発されています。

さて。
第1回目の再放送は、明日の早朝です。



[PR]
by ramram-yoga | 2017-06-06 19:38 |
5月の読書本
a0118928_19271445.jpg


24.『学生・研究者のための学会ポスターのデザイン術』宮野公樹著
25.『依存と虐待』斎藤学編集
26.『響存的世界 (鈴木亨著作集第四巻)』鈴木亨著
27.『人類の未来ーAI、経済、民主主義』ノーム・チョムスキーほか著★
28.『「気」の死生観』河野十全著
29.『「気」で生きる』河野十全著(再読)
30.『河野十全の宇宙意識の言葉』心理生活研究所 人間社 編
31.『封印された叫びー心的外傷と記憶』斎藤学著
32.『生活保障ー排除しない社会へー』宮本太郎著★
33.『ヘンでいいー「心の病」の患者学ー』斎藤学・栗原誠子著
34.『唯識の心理学』岡野守也著
35.『続・ゆかいな仏教』橋爪大三郎・大澤真幸著
36.『シンナー乱用の治療と回復』小沼杏坪著
37.『あなたを変えるダウジング』堀田忠弘著
38.『薬物乱用と家族』斎藤学著
39.『幸福の政治経済学』ブルーノ・S・フライ、アロイス・スタッツァー著★
40.『ウニヒピリ』イハレアカラ・ヒューレン、KR著(再読)
41.『地方消滅 東京一極集中が招く人口減少』増田寛也編著★
42.『自分の居場所のみつけかた』斎藤学著
43.『仏の教え ビーイング・ピース』ティク・ナット・ハン著(再読)
44.『ホ・オポノポノ』イハレアカラ・ヒューレン著
45.『その後の不自由』上岡陽江、大嶋栄子著
46.『「家族神話」があなたをしばる』斎藤学著
47.『呼吸による気づきの教え』井上ウィマラ著
48.『ケア学ー越境するケアへー』広井良典著

*********


4・5月で、それまで狭かった視野が開けていく経験を多くしました。
中でも、京都大学で広井良典先生の「現代社会論演習」を聴講させていただいていることはひとつとても大きなきっかけとなりました。
★マークのついている4冊は授業のテキストでもあります。
これまで読んだこともないような政治経済についての本を、最初は恐る恐る手にとって読んでいました。
初めて見る言葉、視点、価値観、提言、そして、目をそむけたくなるような現代社会のリアルな問題。
しかし、テキストを読んで咀嚼し、何とか自分の考えとしてレポートにまとめ、他の方々の意見と共にディスカッションしていく中で、これは決して自分と無関係のことではないのだという実感がつかめてきました。
そして、この現代の社会経済を読み解いていくマクロな視点の中に、個人レベルのミクロな視点で読み取れる事と同じような現象を見ることができる、という感覚が出てきました。

このような感覚がつかめているのは、まさに広井先生の見識の深さと、様々な意見に耳を傾け、理解することのできる包括力なのだということが、だんだんとわかってきました。
本当の意味で学識が深い人とは、自分の専門分野について深さがあるだけでなく、他分野にまたがって幅広く、しかも深い。
それだけではなく、その隅々にまで自分の考察が行き届いている。
また、基礎教養が揺るぎなくしっかりとしている(ここをおろそかにしている専門家は案外多いのではないかと思うのです、自戒の念を込め)。
だから、どんな意見が出ても、カテゴリーエラーを起こすことなく、包含することができるのだと思います。
そして、そこには前提として、遍在する人間的な温かさがあります。


さて、ここからはお知らせ。
来月は京都で、シンポジウムがあります。
広井先生もシンポジストとしてご登壇されます。
私も受付でお待ちしております^^







[PR]
by ramram-yoga | 2017-05-31 19:37 |
3・4月の読書本
a0118928_12050009.jpg

11.『赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア: 自分を愛する力を取り戻す〔心理教育〕の本』白川美也子著
12.『インナーマザーは支配する:侵入する「お母さん」は危ない』斎藤学著
13.『子別れレッスン:「おっぱい男」と「わがまま妻」』斎藤学、久田恵著
14.『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル著
16.『夜と霧』V・E・フランクル著(再読)
17.『生活世界の存在論:生きる根拠を求めて』鈴木亨著作集第5巻より 鈴木亨著
18.『医学・医療原論ーいのち学&セルフケアー』渡邉勝之編著(再読)
19.『医療学総論ーケアを科学するー』広井良典編
20.『はじめての「密教的生き方」入門』藤崎雅好著
21.『死生観を問い直す』広井良典著
22.『「自分のために生きていける」ということ』斎藤学著
23.『男の勘ちがい』斎藤学著


**********

鈴木亨著作集第5巻の『生活世界の存在論:生きる根拠を求めて』は、私がこれまで出会った本の中で最も深く魂に響き、影響を受けた著作のひとつとなりました。
鈴木亨は難解だとされる西田哲学の継承者でありますし、著作集自体も重厚感に溢れているので、最初はとっつきにくいかもしれませんが、中身はその印象とは違うものでした。
哲学者や専門家に向けて書かれたものではなく、根源的な思索への志を持つ人々に向けられて、書かれたものだったのです。


(前書きより)
わたしが12,3歳のころ、突然に「わたしは何のために生きているのであろうか」という疑問にとりつかれ、強度のノイローゼになるまで悩んだ。
むろん、何の解決も得られなかったが、その後は、あらゆるものを犠牲にして、この問いに向かって突き進んだ。
わたしは、自分のためにのみ思索し、(中略)…、その結果、世界のいかなる哲学とも異なる自分だけの思想的核心を、その思想の大小・深浅を別にすれば、持つことができたと考えている。
わたしの望むところは、根源的な思索への志を持つ読者が、わたしの思索との対話を通じて、ゆらぎつつ苦悩しながら、自分自身の世界観・人生観の基礎を得て、自己の人生に核心をもって生きるための一つの根拠を提供することである。


まだご存命の鈴木亨氏。
数年前までは、大阪経済大学の学長もなさっていました。
願わくば、ぜひ一度お目にかかりたいものです。








[PR]
by ramram-yoga | 2017-04-30 12:20 |
12・1・2月の読書本
a0118928_23105289.jpg
2016年12月
31.『医学・医療原論-いのち学&セルフケア』渡邉勝之著

2017年1月・2月
1.『逝きし日の面影』渡辺京二著
2.『深美意識の時代』天下司朗著
3.『世界は祈りでひとつになる』白鳥哲著
4.『白鳥式ヒーリング(DVD)』白鳥哲
5.『ギフト』白鳥哲著
6.『真理の探究-仏教と宇宙物理学の対話』佐々木閑、大栗博司著
7.『10秒でこころの悪循環を断ち切る方法』矢場田勲著
8.『ブッダ真理のことば』佐々木閑著
9.『ブッダ最期のことば』佐々木閑著
10.『インナーチャイルドー本当のあなたを取り戻す方法』ジョン・ブラッドショー著

******

特筆すべきは渡辺京二著『逝きし日の面影』。
江戸時代に日本にやってきた西洋人の、日本についての膨大な記録を著者がまとめたもので、読んでいると当時の日本人の様相がイキイキと目の前に広がるようです。

その時代の日本人はとても陽気で幸福であったこと、死を恐れていなかったこと。
どんなに貧乏でも、他の諸外国の貧困層とは違い、清潔であったこと。
礼儀正しく、親切であったこと。
今の日本の様子からすると少し信じがたいのですが、私たちの祖先は本当によく笑う(どんなことにでもとにかく笑い転げるほど笑う)陽気な民族だったようです。



印象に残った本をもう一冊挙げるとすれば『インナーチャイルド』。
教育分析(カウンセラー自身が自己理解を深めていくために指導者から受けるカウンセリング)を受けて、自分の核心部分にいよいよ迫っていこうとするときに読みました。
そして間もなく、自分のこれまでの人生が一本の線でつながって見えはじめました。
いわば、これまで自分のやってきたことの「方程式」のようなものが見つかった瞬間でした。
その時から涙が止まらず、その日の夜も、翌日も、これまでの人生の様々な自分のエピソードにその方程式を当てはめては涙・涙。
あんなに泣いたのは久しぶりです。
これまで「私はなんであの時あのような状態に陥ったんだろう」と、不可解だったことも、その本当の意味が分かっていきました。

私たちは、普段いろんな"意図”を持って、要所要所で意識的に意思決定をし、人生を生きています。
ですが、自分でも不本意な状態に甘んじてしまっていたり、よく陥ってしまう悪循環があったりします。
その時に、”意識的な意図”の他に、そのもっと奥にある”隠された意図”があるのです。
”隠された意図”は、普段、無自覚です。
なぜ無自覚なのかというと、それを自覚してしまうと、自分のアイデンティティが危うくなるのですね。

かくいう私も、必死にアイデンティティにしがみついていたわけですが、そのアイデンティティというものがガラガラと崩壊していったわけです。
その時は、まるで抜け殻になったような、非常に空虚な気持ちに支配されました。

でも。
その後、アイデンティティなど、そもそも幻想だったことに気付きました。
アイデンティティとは通常、「自分は〇〇だ」と固定させてしまう、まさにヨーガの言うところの非我だったのですね。
”私”という個の意識としてのアイデンティティから離れ、もっと普遍的なものへ結びつけようとする、それがヨーガです。
理論では学んでいましたが、頭ではなく実際の体験での理解が、これから少しずつ深めてみたいな、と思っています。








[PR]
by ramram-yoga | 2017-02-28 23:11 |
10・11月の読書本
a0118928_11464391.jpg


21.『ある瞑想家の冒険』ボブ・フィックス著
22.『超人生のススメ』ボブ・フィックス著
23.『真理のひびき』ヨーギ・バジャン著
24.『本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか』佐々木閑著
25.『見てる、知ってる、考えてる』中島芭旺著
26.『日本一の大投資家から教わった最も大切なこと』本田晃一著
27.『日々是修行』佐々木閑著
28.『因幡の源左―妙好人』柳宗悦編集
29.『〈気〉の臨床心理学』黒木賢一著
30.『十牛図―自己の現象学』上田 閑照 , 柳田 聖山著


*************

なんとこの2か月の読書本は、全て人から紹介していただいたものでした。
本との出会い、人との出会いはいつも絶妙なタイミングでやってきます。


なかなかブログも更新できていませんが、最近のテーマは「ゆるめる」。
「ゆるめる」ことは、「ゆるす」こと。
逆に、許すことができない人は、身体も緩んでいかないと、ヨーガのクラスをしていて実感しています。
あの人が許せない、この行為が許せない。
許せないことがある人は、実は自分が許せていないのですよね。
そして、許せない自分を厳しく罰しています。

苦しい・つらい・しんどい…。
どうしてこんな風になってしまっているんだろう。
抜け出したい。

そんな日々を送っているなら、少し自分を省みる必要がありそうです。
自分に、幸せになることを許しているかどうか。


・・・・・


緩めることができない人は、緩めることを恐れている場合も多いと感じます。
緩めてしまうと、これまで必死に抑えてきた自分の中の何かが、出てきてしまいそう。
これまで必死に守ってきたものを、失ってしまいそう。
以前の私もまさに、そうだったと思います。

でも。
実際に緩めてみても、恐れていた自体は起きませんでした。
緩めるということは、それだけ委ねることができるということ。
必死に守ってしがみついているものを手放して委ねると、そこにとても力強くて大きな流れがあることに気付きます。
その流れに、身を任せていけばいいのだと思います。
ただただ、安心して。


そんなことを感じている、今日この頃です。
[PR]
by ramram-yoga | 2016-11-30 11:50 |