Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カテゴリ:プロジェクト「いのち」( 1 )
プロジェクト「いのち」公開シンポジウム
a0118928_09541969.jpg
日曜日、プロジェクト「いのち」の定例会として、公開シンポジウムを開催しました。
開催の概要報告は、こちらから↓
(私が記事を書かせていただいています)
これまで定例会では、医療や宗教、哲学、科学等の分野についての内容は多かったのですが、今回の広井先生のご講演のように社会経済からの視点や、近藤先生からの防災・減災、そしてメディアからの視点は、非常に新鮮でした。

一番印象的だったのが、講師の先生方のお人柄でしょうか。
全くお高く留まったようなところがなく、とても気さくで、温かい。
後で主催者側で懇親会を行ったのですが、なんとも和気あいあいとした時間でした。

私自身も、これからの課題としていくつかキーワードをいただきました。
また昨日は、いつも研究会でご一緒させていただいている、堀田医院の堀田先生の診療を受けてきたのですが、そこで言っていただいたことを合わせて、今思っていることを以下にまとめてみます。


*********


教えてもらい、吸収するだけの時期は終わった。
これからは自分の立ち位置であるからこそ発信できることを、アウトプットしていく。

すごーい!と感動したり、不思議―!と追求を強めていくことは、一方で欠乏感を感じることであったことに気づく。
すでに手にしているもの、すでに満ち足りていることに、意識を向けていく。

どんなインプットに対しても価値観に縛られることなく、素直に受け入れる心を持つこと。
一方で、すべて鵜呑みにするのではなく、自分でよくよく考えた上で、受け入れるかどうかを判断する。

人生をかけて、本気になれることに、惜しまずにエネルギーを注いでいく。
人とかかわりながら、わくわくして楽しく、いくらやっても疲れないことを。






[PR]
by ramram-yoga | 2017-06-28 09:36 | プロジェクト「いのち」