Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カテゴリ:Infomation( 50 )
公開シンポジウムのお知らせ
6月25日(日)、公開シンポジウムを開催いたします。
このシンポジウムを主催するのはプロジェクト「いのち」という、「いのち」に関する共通認識を深めるための学際的な研究会です。
医学、科学、宗教学、哲学、教育学、芸術学、心理学等様々な分野の研究者・実践者が集い、また専門家に限定されることなく、誰もが参加し対話できる開かれた場でもあります。
私も4年前からほとんど毎回参加していますが、いつも新鮮な視点と深い示唆をいただいています(プロジェクト「いのち」のHPは こちら)。

今回のシンポジウムでは、≪いのち≫の立場から、現代の問題の一つである“孤独”に焦点を当て、つながりの中で感じる孤独の正体とは何かを考えます。
現在私が毎週授業を聴講させていただいている広井先生もご登壇されます。
一般の方でもどなたでも参加できますので、ご興味のある方は是非どうぞ(事前申し込み不要)。
私も受付でお待ちしております^^




日 時:平成29年6月25日(日)  14:00~17:00
場 所:キャンパスプラザ京都2階 ホール
    〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る
    TEL: 075-353-9100
    (京都駅ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側)

シンポジウム:「孤独なコミュニティーをどう生きるか」
       ― つながりの中で感じる孤独の正体 ―

シンポジスト:
・京都大学  広井良典 教授「いのちとコミュニティー」
・大阪経済大学 德永光俊 学長「いのち」から見た農業の歴史と未来
・関西大学 近藤誠司 准教授「災害から浮かび上がる現代社会の脆弱性」


タイムテーブル:
13:30−14:00 開場
14:00−14:05 開会挨拶
14:05−14:35 「いのちとコミュニティー」        広井良典先生
14:35−15:05 「いのち」から見た農業の歴史と未来    德永光俊先生
15:05−15:35 「災害から浮かび上がる現代社会の脆弱性」 近藤誠司先生
15:35−15:45 休憩
15:45−16:55 パネルディスカッション 進行:丘山願海 所長
16:55−17:00 閉会挨拶


略歴:
〇 広井 良典(ひろい よしのり)京都大学こころの未来研究センター教授
1961年岡山市生まれ。東京大学教養学部卒業(科学史・科学哲学専攻)、同大学院修士課程修了後、厚生省勤務をへて1996年より千葉大学法経学部助教授、2003年同教授。この間、2001―02年MIT客員研究員。2016年4月より現職。専攻は公共政策及び科学哲学。社会保障、医療・福祉、都市・地域等に関する政策研究から、ケア、死生観等に関する哲学的考察まで幅広い活動を行っている。
『日本の社会保障』(岩波新書、1999年)でエコノミスト賞、『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書、2009年)で大仏次郎論壇賞受賞。他の著書に『死生観を問いなおす』(ちくま新書)、『定常型社会』(岩波新書)、『ポスト資本主義』(同)など多数。
この間、教育再生懇談会委員、国際協力機構(JICA)社会保障分野課題別支援委員会委員、内閣府・幸福度に関する研究会委員、厚生労働省・統合医療のあり方に関する検討会委員、総務省・緑の分権改革の効果の評価手法等に関する研究会委員等を務める。

〇 德永 光俊(とくなが みつとし)大阪経済大学学長
1952(昭和27)年愛媛県生まれ。京都大学農学部農林経済学科卒業後、同大学院農学研究科後期博士課程単位取得。京都大学農学博士。大阪経済大学経済学部教授を経て、現在、同大学学長。『日本農書全集』(共編著、農文協)、『日本農法の水脈-作りまわしと作りならし-』(農文協)、『日本農法史研究-畑と田の再結合のために-』(農文協)、『日本農法の天道-現代農業と江戸農書-』(農文協)、『写真でみる朝鮮半島の農法と農民』(共編著、未来社)、『黒正巌と日本経済学』(編著、思文閣出版)など
編著書多数。

〇 近藤 誠司(こんどう せいじ)関西大学准教授
京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。博士(情報学)。
元NHKディレクターとして災害報道に従事。NHKスペシャル『メガクエイク 巨大地震』で科学技術映像祭・内閣総理大臣賞を受賞。人と防災未来センター・リサーチフェロー、京都大学防災研究所巨大災害研究センター非常勤講師、神戸学院大学非常勤講師を兼務。主な著書に『ワードマップ 防災・減災の人間科学 いのちを支える 現場に寄り添う』(新曜社, 2011)、分担執筆で『現場でつくる減災学 共同実践の五つのフロンティア』(新曜社, 2016)など。年間50本ほど、各地で講演活動をおこなっている。テーマは、地域防災や防災教育、災害情報とメディアなど。日本で唯一の「災害ジャーナリズム論」のゼミナールを開講。2016年度「ぼうさい甲子園」で優秀賞受賞。


◎定例会参加費(当日お支払い)
一般の方は2,000円
学生・高齢者は1,000円


尚、出欠の御返事を6月16日(金)までに、下記メールアドレスに御連絡頂ければ、シンポジスト3名の抄録を、事前に添付資料にて送付させて頂きます。

inochi.project@@gmail.com
(@をひとつ除いてください)

a0118928_17293126.jpg
a0118928_17295352.jpg

[PR]
by ramram-yoga | 2017-06-03 11:17 | Infomation | Comments(0)
心理カウンセリングを始めました
今月より、ヨーガスタジオ・チャンドラで、心理カウンセリングを始めています。

今回、オープン記念として、7月末まで割引料金でカウンセリングを受けていただくことができます。
これまでカウンセリングに興味はあったけれど、受けたことが無かった方にも、1度是非体験してみていただきたいと思い、このような設定にしてみました。

自分に何が最善か、現在抱えている問題をどのように解決していけばいいのかと、悩んでしまっている時。
実は、その答えはすでに自分の中にあるのですよね。
そこに、一緒に光をあてて掘り起こしていく作業、それが心理カウンセリングの役割だと思っています。

追ってHPにも情報を掲載していく予定ですが、先立ってこちらでお知らせさせていただきます。
もし受けてみようかと思ってくださる方がいらっしゃれば、この機会にぜひどうぞ。
もしかして、ご自分の人生の新たな展開が始まる時期、なのかもしれません。
お待ちしていますね。


***** 心理カウンセリング ******

◆場所:ヨーガスタジオ・チャンドラ
     兵庫県西宮市高松町16-11
     (阪急西宮北口駅から徒歩5分)

◆時間: 毎週水曜日 10:00~18:00 (最終受付 17:00)

◆料金:1回50分4,000円
     → オープン記念につき、1回2,500円
       (お一人様1回限り、7月末まで)

◆ご予約
  予約専用サイト:https://reserva.be/prema
  または、こちらのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
 
  ※お問い合わせフォームより予約される場合、ご希望の日時を第3希望くらいまでお伝えいただけると、スムーズです。
  ※水曜日以外の平日・土日・祝祭日でも可能な日程がありますので、お気軽にお問い合わせください。

◆担当カウンセラー : 米澤紗智江 プロフィールはこちら




♪ 心理カウンセリングについて ♪

 “カウンセリング”と聞くと、少し敷居が高いと感じるかもかもしれませんが、そんなことはありません。心の中に抱いていることを「言葉にして話す」ということ、それ自体がとても大きな力を持っています。カウンセリングではその言葉の力を利用しながら、今現在が抱えている問題の本質をはっきりとさせ、解決に向かっていくサポートをしていきます。
 
◆現状を変えたい方・達成したい目標がある方◆
 現状を変えていくには、現在の行動や思考のパターンを変えていく必要があります。カウンセリングでは、まずどのような自分になりたいか、具体的にイメージを描いていきます。そして、その目標に向かって強力な一歩を踏み出すために、現在の自分がどのようなアクションを起こすことができるかを一緒に考えていきます。

◆不安でお悩みの方◆
 不安は、人間にとって必要な感情ですが、大きくなりすぎると心身ともにバランスを崩してしまいます。不安の多くは、未来の漠然としたものに対して生じてきます。カウンセリングではまず、何に対して不安を感じているのか、具体的にしていきます。そして、どのように対処していくことができるのか一緒に考えながら、最適なアドバイスをさせていただきます。

◆妊娠中・子育て中の方◆
 妊娠・出産という経験は、女性にとって素晴らしい経験であると同時に、非常に大きなストレスにさらされ、心身ともに不安定になる時期でもあります。また、周囲から“妊娠・出産=幸せ”というイメージをもたれやすい分、自分のネガティブな感情に目を向けにくい一面もあります。ですが、ネガティブな感情は排除するのではなく、まずはありのまま感じてあげることが必要です。まずはじっくり、お話を聴かせていただき、赤ちゃんの月齢やお子さんの発達段階に合わせた心理面のアドバイスをさせていただきます。

◆自分と向き合いたい方◆
 日常生活の中で感じる「生きづらい」感覚は、どこから来るのだろう。どうして、この場面でいつも腹が立ってしまうのだろう。対人関係の中で、なぜかいつも同じパターンを繰り返してしまう・・・。自分のことは、一番自分が分かっているようで、実はもっとも冷静に把握するのが難しい対象でもあります。誰にでも、その人特有の“考え方のクセ”、“行動のパターン”があり、その奥に、自分では思ってもいない“心の声”が潜んでいることがあります。その“心の声”に、じっくり耳を傾けていく作業を一緒に行っていきます。

他にも、自分が考えていることを一度整理してみたい方、対処すべき問題に直面している方、ストレスが大きい方、人間関係に悩んでいる方、食べることに困難を抱えている方・そのご家族の方、感情のコントロールが難しいと感じている方。カウンセリングでそれらの問題に向き合い、対処していくお手伝いをいたします。

※ カウンセリングの頻度や回数については、1回~数回で終わる場合もありますし、じっくり問題と向き合っていきたい場合は長いスパンで継続する場合もあります。ご予算や日程のご都合なども含め、ご希望をお伺いしながら最適な頻度や回数をご提案させていただきます。

※ カウンセリングを受けるにあたり、ご不明な点、ご不安な点がある場合は、遠慮なくお問い合わせください。カウンセラーには、カウンセリング中に知りえた相談者のプライバシーを守る義務があります。カウンセリングを利用していることやその内容・個人にかかわるすべてについて、ご本人の許可無く第三者に伝わることは決してありませんので、安心してご相談ください。


[PR]
by ramram-yoga | 2016-04-18 13:35 | Infomation | Comments(0)
マタニティ・ヨーガ・セラピー
2月に、東京で行われるマタニティ・ヨーガ・セラピーの講座で講師をさせていただきます。

妊婦さんというと、幸せの象徴であるかのように捉えられがちですが、身体の変化だけでなく社会的役割の変化に伴い、心身において様々なストレスを抱えやすい状態にあります。

お腹の中に別の命を宿しているというこの不思議な期間に、潜在化していた記憶や心理的課題が急に表に出てきたりするなど、アイデンティティの危機にさらされることも少なくありません。

今回の講座は、そんな妊婦さんのネガティブな感情に焦点をあて、そこにどのように寄り添っていくことができるのか、講師と受講生が一緒になって体験を通しながら考えていく内容になっています。

今日はさっきまで、他の講師のお2人と打ち合わせをしていました。

内田さんとは初対面でしたが、お2人とも素敵でパワフルな女性です。

どんな講座になるか、私もとても楽しみにしています。

受講対象は認定ヨーガ療法士の方で、場所は東京ですが、もしご興味のある方、是非ご一緒しましょう。

**********************


マタニティ・ヨーガ・セラピー

「あたりまえのことなんて、なにひとつないんです」
母になる女性をそんな心境に導くには、私たちにどんな支援ができるのでしょうか。

日時:2016年2月7,14, 21日 (日曜日)13:00~15:00

講師:内田綾子 米澤紗智江 中島朋子 

会場:ヨーガセラピースタジオ・ぷるなよが

料金:9000円(3日通し)

※1日参加(3000円)も受付けますが、3日通しの方を優先させていただきます。

参加対象:YIC,YTIC受講生または卒業生(定員15名)

申込先:maternity.yt@@gmail.com    ・・・@をひとつ取ってください。
090-2235-7896 (中島)

申し込み方法:「名前・電話番号・メールアドレス・◯期YIC ・YTIC在学または卒業」を記入の上、上記までメールでお申込みください。

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町2-177-10
クレセント小山ビル202
TEL 048-778-7432

JR大宮駅西口 徒歩4分 東武野田線大宮駅 徒歩8分
→ソニックシティ横のドトールコーヒーの細道を右に
曲がりおしゃれなquatre cafeを過ぎて餃子屋漫々亭2階
Yoga therapy studio・ぷるなよが


子育ては、「人生をもう一度生き直すこと」と言われています。妊娠中の不安や不快な感覚、産後の子の泣き声への戸惑い、イヤイヤ期に感じる嫌悪感など、子どもの成長にともない母親自身が感じる戸惑いは、幼少時代をはじめ、生き方を振り返る機会もといえるでしょう。
今回のワークショップでは、妊娠・出産、女性の社会的役割の変化や心理的葛藤など、妊娠中の女性への理解を深めながら、ヨーガ教室で、どんな支援ができるのかを参加者のみなさんと一緒に考えていきます。


2月7日 マタニティ・ヨーガ・セラピーの考え方
講師:中島朋子(ヨーガ療法士)
• ヨーガ的な妊婦の捉え方
• 妊娠中に生じる負の感情との付き合い方
• 妊婦にとって「いま・ここ」とは
• マタニティ・ヨーガ・セラピーの実習


2月14日  妊娠・出産・妊婦について
講師:内田綾子(助産師)
• 妊娠から産後2ヶ月までの身体的な変化
• 女性ホルモンの変化と心理的な変化
• 最近の妊婦とお産の傾向
• マイナートラブル
• ヨーガ療法の心身への影響


2月21日 女性の不安と葛藤(スカイプ講義)
講師:米澤紗智江(心理士)
• 感情の仕組み
• 不安とはなにか
• 女性が母になるまでの心理的葛藤
※21日のみスタジオにて、兵庫とスカイプ中継しながらの講義になります。


**********************

[PR]
by ramram-yoga | 2016-01-19 15:59 | Infomation | Comments(0)
<身>の医療研究会
a0118928_12544489.jpg

梅雨の時期。
田んぼに水が張られて、それだけであたり一面に静けさに満ちていくように感じられるこの季節が、大好きです。

6月3日は、息子の4歳の誕生日でした。
4年前のその頃も、今と同じように家の前の田んぼに水が張られ、とても静かでした。
産後、里帰りするまで1週間、日中は自宅で息子と二人きりで過ごしました。
おっぱいをあげながら、赤ちゃんの寝顔を眺めながら、静けさの中ゆったりと過ごした数日間を、今でも幸福感とともに思い出します。

**********

さて、7月に京都で<身>の医療研究会が開催されます。
今回のテーマは、「摂食障害と<身>の医療」と題して、2日目には摂食障害治療研究所所長の山岡昌之先生の基調講演があります。
午後のシンポジウムでは、私もシンポジストとしてお声がけいただき、「ヨーガにおける人間存在からみた摂食障害とその身体性」というタイトルで発表させていただくことになりました。

1日目は、さまざまな分野で活躍されている心身技法の専門家の方々によるワークショップがあります。
マインドフルネス瞑想、チベット瞑想、ヨーガ療法、気功、トラウマに対する身体志向の心理療法など、とても面白そうです。

ご興味のある方は、是非。
詳細は、「こちら」。

a0118928_125238.jpg
[PR]
by ramram-yoga | 2015-06-14 12:52 | Infomation | Comments(0)
研究会で発表します。
a0118928_15522943.jpg

4月に、とある研究会で発表する機会をいただきました。

古より、ヨーガ行者が“三昧”という特殊な意識状態の中で悟っていった人間存在について、またその智慧が“活きる学”として現代においてどのように息づいているかについて、私なりにまとめてみたいと思います。

私の発表が2時間、その後の質疑応答&討論が2時間。

医療従事者を中心に、哲学者や宗教学者、教育者の方なども参加される研究会なので、ヨーガが始めての方にも分かりやすいようにお話しようと思います。

参加資格はありませんので、ご興味のある方は是非、どうぞ。

参加希望の旨をこちらのメールフォームからお問い合わせいただければと思います。

申込期限が3月27日でもうすぐですので、お早めに。


***********


日 時:平成27年4月5日(日) 13:00~17:00

場 所:キャンパスプラザ京都6階

演 題: 「ヨーガにおける人間存在の理解」

参加費:一般1000円、学生500円

※ 終了後、近くで懇親会あります(4000円)。

***********
[PR]
by ramram-yoga | 2015-03-21 15:27 | Infomation | Comments(0)
Live&Ws音のヨーガ “ドゥルパド” ~the song from god~
インドつながりのお友達、kachuaのはるちゃんからのお知らせです。
とても素敵なイベントになると思うので、ご興味のある方は是非どうぞ!


***************

夏のインド古典音楽のLiveシリーズ!!

音のヨーガ(ナーダ・ヨーガ)と呼ばれている、
ドゥルパド声楽を唄われている 「すずき なおさん」と
両面太鼓のパカワジを弾かれている「カネコ テツヤさん」のライブです。

a0118928_20434028.jpg



詳しくは、kachuaのブログへ。
[PR]
by ramram-yoga | 2013-08-06 20:48 | Infomation | Comments(0)
講演会2件
今月のお勧め講演会2件のご紹介です。


**************


①ヨーガ療法における呼吸法の予防医学的な効果について
~チェルノブイリ原発事故被爆者へのヨーガ療法指導の効果~
詳細はこちら

演 者: 亀井勉先生
(長崎大学・産学官連携戦略本部教授 / ドイツ・ライプツィヒ大学客員教授)
ウクライナのキエフにて、チェルノブイリ原発事故被爆者に対しての2年半に渡る研究調査で、研究調査に協力していただいた方々が、ヨーガ療法を継続して実習することで、なぜ、健康状態が改善したのかということを、私たち人間の免疫システムや、脳波や、呼吸との関連について、また、継続して実習することの意味など、医学的な専門教育を受けていない私たちヨーガ療法士や一般の方にも理解出来るようにお話していただきます。今回、ヨーガ療法を実習することの意味を学んでいただき、ご自身の健康や、教室を持っておられる方は、現場での指導に役立てていただければと思います。

日 時2013年7月28日 (日) 10:00-13:00
会 場日本ヨーガ・ニケタン関西支部
兵庫県西宮市小松町1-3-16定 員100名参加費事前申込 2,000円 (7月24日まで)
当日 2,500円主 催認定ヨーガ療法士会・兵庫、大阪 共催



***************


②「医療現場からみる日本人の死生観」
ーいのちに向き合って30有余年ー
詳細はこちら

講 師:矢作 直樹 先生
(東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授・医学部附属病院救急部集中治療部長)

ご自分自身の死を間近にしたご経験や、30年以上医療の現場に携わってこられたご経験の中で、人とは肉体の死で全てが終わるわけではなく、死後も確かに何かが残ると実感された矢作先生の貴重なお話が聞かせていただけると思います。
矢作先生はご著書もありますが、読んでみようと図書館で予約したら10人以上待ちで驚きました・・・!
結局買って読みましたが、今よく読まれている本であるようです。

日 時:平成25年7月20日14:00受付開始、14:30分開演・16:30分終演
場 所:京都市国際交流会館 イベントホール(地下鉄東西線蹴上駅・徒歩6分)
参加費: 一般の方 1,000円、学生の方 500円


****************


ご興味がありましたら是非、ご参加ください。
①は、私は大学の試験と重なってしまったので出席できませんが、②の講演会では受付スタッフですので会場でお会いしましょう^^
[PR]
by ramram-yoga | 2013-07-06 22:54 | Infomation | Comments(0)
「摂食障害とヨーガ療法」WSのお知らせ
3月に「摂食障害とヨーガ療法」のワークショップを行うことになりました。

ご興味のある方、是非ご参加ください。


***************


ふうや内観研修所主催 ヨーガ療法ワークショップ
「摂食障害とヨーガ療法」


講師:米澤 紗智江 (認定ヨーガ療法士)
   木村 麻美  (認定ヨーガ療法士)
日時:3月23日(土)10:00~15:00
会場:ふうや内観研修所二階
会費:3,000円(定員20名)
申込:ふうや内観研修所までご予約下さい
☎06-6323-7267 fax:06-6325-8615 ✉info@fuya.jp

 摂食障害は、近年急増傾向にある難治性の精神疾患です。
以前は若い女性に特有の病気として知られていましたが、中高年や男性の患者も増えてきています。
また、「拒食症」「過食症」という型に当てはまらない非定型の患者も増え、ひとまとめに“摂食障害”と呼ばれる中でも、症状やその裏に潜む病理も多様化しつつあります。

 今回のワークショップでは、摂食障害という病気の概念や歴史に加え、摂食障害を抱える人たちが日常生活においてどのような困難さを抱えながら生活しているかや、特有の認知的傾向、現在行われているさまざまな治療や援助の状況など、対象者理解において大切な基礎情報の解説を行います。
 後半では、摂食障害を抱える人たちに私達ヨーガ療法士がどのように援助していくことができるのかを、ディスカッションを交えながら考えていきたいと思います。
摂食障害患者に対するヨーガ療法の事例紹介に加え、現在西宮市にあるヨーガ療法専門スタジオ“チャンドラ”にて、臨床心理士の先生よりアドバイスを受けながら、摂食障害に特化したヨーガ療法グループ開催に向け計画を進めているところですので、その試みについてなどもご紹介できればと思います。


【プログラム(予定)】
ーーー午前の部:「摂食障害について」ーーー
★摂食障害とは 
★歴史 
★患者数 
★診断基準 
★症状 
★摂食障害は決して特別な病気ではない 
★摂食障害の治療機関 
★さまざまなアプローチ法(薬物療法、エビデンスのある心理療法、その他各種療法、セルフヘルプ、ガイデッドヘルプetc…) 
★摂食障害患者を取り囲む様々な問題(精神的・身体的・社会的な困難さ) 
★摂食障害とライフイベント ★転帰(寛解、再発、遷延化について) 
★摂食障害に関する国内での動向

ーーー午後の部:「摂食障害とヨーガ療法」ーーー
★摂食障害患者に対するヨーガ療法の事例紹介 
★ヨーガの人間観からみた摂食障害の病態 
★ヨーガ療法技法の諸要素が摂食障害患者に有効に働きかけうるメカニズムについて(仮説) 
★摂食障害の各フェーズ(予防・発症後・再発防止)へのヨーガ療法適用について 
★摂食障害に特化したヨーガ療法グループの紹介 
★ディスカッション

[PR]
by ramram-yoga | 2013-02-14 14:32 | Infomation | Comments(0)
摂食障害についての講演会のお知らせ
暑い日が続いていますね。
しばらくブログも更新していませんでしたが、少し体調を崩していました。
元気だけが取り柄というほど体力には自信があっただけに、今回はいろいろと自分を振り返る貴重な体験をさせていただきました。
今はもう、元気です^^

さて、今回は9月2日に行われる摂食障害についての講演会のお知らせです。
ご講演されるのは、摂食障害の治療をもっとも得意とされている黒川内科の黒川順夫先生です。
黒川先生は去年森田療法についてのご講演をされましたが、内容がとてもわかり易く非常に勉強になりました。
今回のご講演でも、専門職の方だけでなく摂食障害の当事者やご家族の方にも非常にためになるお話を聞かせていただけると思いますので、興味のある方は是非この機会を逃さずご参加されることをおすすめいたします。


******以下、転載******

第24回内観療法ワークショップ(京都)実行委員会主催 日本統合医療学会阪奈支部ヨーガ部会後援
黒川順夫先生(黒川内科院長)講演会ご案内
~摂食障害(心身症)における心療内科的アプローチ~

黒川順夫先生は和歌山県立医科大学を卒業後、九州大学医学部心療内科医局長を勤めておられまして、日本の心療内科を創立された九州大学の池見酉次郎先生の許で直接学ばれました。ヨーガ療法の核であります心身医学や心身症に対する豊富な知識と臨床経験をお持ちの先生です。元々摂食障害がご専門で、「黒川入院体重設定療法」を提唱され、また以前提唱された「主人在宅ストレス症候群」が近年マスコミで脚光を浴びました。当日はご専門の摂食障害についてご講演頂きます。
この機会を是非、ご活用下さい。 

      …… 私がお薦めします!(木村慧心先生・日本ヨーガ療法学会理事長)……
黒川先生の黒川内科は関西でヨーガ療法を医療現場に取り入れている数少ないクリックです。現在、ヨーガ療法は統合医療の一つとして組み入れられ、全国各地で医療の専門家との連携が図られています。今後、関西在住の認定ヨーガ療法士の方々も医療機関の専門家との連携が不可欠になると思います。その一環として、関西在住の心身医学界で大変著名な黒川先生の講演を直接聞けるまたとない機会です。認定ヨーガ療法士の方やYIC、YTIC受講中の方も是非、ご参加下さい。

     
日時 2012年 9月 2日(日)午前9時半受付開始 午前10時から午後1時まで
タイムスケジュール
午前10時     開催者挨拶/講師紹介
午前10時10分  基調講演「摂食障害(心身症)における心療内科的アプローチ」
          講師:黒川順夫先生(黒川内科院長・心療内科医)※講演内容は裏面参照
午前11時10分  質疑応答
午前11時30分  症例発表①「摂食障害におけるヨーガ療法の適用例」
午前11時45分  症例発表②「摂食障害における内観療法の適用例」
午後 0時     黒川順夫先生を囲んでの昼食会(午後1時まで)

場所  日本ヨーガ・二ケタン関西支部(阪神武庫川駅下車徒歩約10分)
対象   どなたでもご参加いただけます。
参加費 1,500円  早割 1,000円 ※8月27日(月)までに参加費納入の方が対象
昼食費 1,000円 ※納入頂きました参加費、昼食費は返金出来ませんのでご了承下さい。
 
参加ご希望の方は、下記の申込書にご記入の上、お申込願います。参加費及び昼食費は下記口座にお振込下さい(こちらからもお申し込みができます)。
振込先  ゆうちょ銀行 総合口座 記号番号 14050-49347181(加入者名:ふうや内観研修所)
申込先  第24回内観療法ワークショップ(京都)実行委員会 事務局(ふうや内観研修所内)
〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路3-3-36 電話:06-6323-7267 FAX:06-6325-8615 e-mail:info@fuya.jp

[PR]
by ramram-yoga | 2012-08-17 10:43 | Infomation | Comments(0)
インド雑貨展示会のおしらせ
インドの職人さんと一緒に雑貨を作っている友人のはるちゃんが主宰するkachuaからの展覧会のお知らせです。
彼女の手がけるインド雑貨はどれもとっても素敵で、私もいくつか商品を持っていますがおすすめです。
今回は倉敷と神戸の巡回展だそうなので、お近くの方は是非行ってみてくださいね。



************
(以下、転送)

a0118928_1016224.gif展覧会のお知らせです♪
インドと手仕事をキーワードに7人の女性が集まって展示をします!!
「倉敷美観地区」と「神戸塩屋」での巡回展です。

インド好きのかた。
手仕事好きの方。
是非、遊びにいらしてくださいね。

kachuaでは新作をおひろめしま〜す♪

「インドがえりの手仕事展」

大地のエネルギーをたくさんいただいて、育まれたインドの豊かな手仕事文化。
そんな、手仕事に魅せられた7人の女性達が集まり∞つながり、それぞれの思いを表現します。
刺繍、ブロックプリント、モスリン、カディ。。
ひとつひとつ表情の違う手仕事の作品たちをご覧下さい。


*7月21(土)〜29(日) 11:00〜17:00
@倉敷 「三宅商店」美観地区にある素敵な町家喫茶の中にあるギャラリーです♪

*8月1(水)〜12(日) 11:00〜17:00
@神戸塩屋 「yumahare」 tel: 080-5646-9186

[PR]
by ramram-yoga | 2012-07-16 10:13 | Infomation | Comments(0)