「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カテゴリ:内観( 1 )
第24回内観ワークショップin京都*印象記
10月27・28日は、アピカルイン京都にて開催された第24回内観ワークショップに参加いたしました。
1泊2日行われた今回のワークショップは、さまざまな分野で内観を研究・実践されている先生方からのご講演に加え、約6時間の間は実際の内観を体験するというとても密度の濃いプログラム構成となっていました。
参加者は一般の方のほかに医療関係者や集中内観体験者、ヨーガ療法関係の方々も大勢いらっしゃり、定員の100人にせまる人数で大盛況の中行われました。

今回私はスタッフとして参加させていただいたのですが、内観実習の時間には面接官という非常に重い役割もさせていただきました。
内観者が奥深く眠っている記憶を呼び起こしていく作業に、面接者はいわばそれに同行していくという役割になると思うのですが、この役割をどのような心でさせていただいたらいいのかと思っていたときに、講演中に紹介された内観の創始者である吉本伊信先生の「内観者は菩薩様です」という言葉が印象にのこりました。

内観では、家族など身近な方に大して3つの「していただいたこと・してお返ししたこと・ご迷惑をおかけしたこと」をもとに自分の心のあり方や物事への対峙の仕方を調べ、自己存在に迫っていきます。
面接官は内観者の“鏡”となって、内観者の発言に対して評価やアドバイスなどはせず、ただひたすら傾聴するという姿勢で臨みます。
一見受動的ともいえるこの面接者の態度ですが、今回実は非常に能動的なのだということを感じました。
一人孤独に自分を調べている内観者のもとへ行ったとき、面接者の足音やふすまをあける音や速度、目線や雰囲気、そして少ないながらも発する言葉のトーンや早さまで、そのひとつひとつを内観者の方がどれほど敏感に感じ取っているか。
逆に言葉が少ない分、それらのノンバーバル(非言語的)な要素が浮き彫りになり、面接者の内観者への態度だけではなくひいては面接者の人間性まであらわにされてしまうような感覚にもなりました。


*******************


今回は時間が限られていたこともあり、母に対する自分について調べる内観を行って終了しました。
内観者の方の真摯な態度に、面接者の私の心も浄化されていくような感じがしました。
また、普遍的な母の愛、母の偉大さというものを感じました。
内観では“母にはじまり母に終わる”という言葉もあるほど、母への調べを重要視しています。

ワークショップが終わって岐路につき、ほっとすると、猛烈に息子が恋しくなりました。
帰宅すると風邪気味の息子が鼻水を出しながら笑顔で迎えてくれました。
息子にとって母親の私とはどのような存在なのだろう。
きっと私が今思っている以上に、母親としての私は息子の人生に深く関わって影響し続けていくのだと思います。
そのような意味でも深い示唆を与えていただいた今回のワークショップでした。
[PR]
by ramram-yoga | 2012-10-29 11:38 | 内観 | Comments(0)