Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カテゴリ:アーユルヴェーダ( 1 )
アーユルヴェーダ講習会
昨日、ヨーガ・ニケタン大阪支部(西宮市)にて、アーユルヴェーダの講習会がありました。
アーユルヴェーダとはインドの伝承医学であり、アーユ(生命)とヴェーダ(科学・知識)の言葉を合わせ「生命の科学」とも呼ばれています。

講師は、インドの有名なアーユルヴェーダドクターである、Dr.ビーマ・バット氏。
毎年のように来日され、治療や講演を行っておられますが、インドでは首相や日本大使にアーユルヴェーダの施術をすることもあるほど優秀の先生なのだそうです。

講義は3時間、前半はアーユルヴェーダの概要や現代における位置づけについて、また後半はアーユルヴェーダの実際の治療場面や使用する薬草などをスライドで紹介していただきました。

a0118928_11415880.jpgアーユルヴェーダと一言に言っても、本当に幅広く奥深いです。
ごま油を体に塗ったりするなど手軽なことから、気持ちの持ち方など人生哲学にいたるまで、ホリスティックに人間を捉える学問ですので、3時間の講義ではもちろん全く足らずあっという間に過ぎてしまいました。

講義の中で、特に印象に残ったのは、バッド先生が統合医療について話されたことでした。
世界には現代西洋医学の他に、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、ヨーガ、ナチュロパシー、中医学、針灸など様々な医療体系があるが、これからの時代はすべての医学体系の良いところを取り入れて、統合医療科学を作ることが大切、そうおっしゃっていました。

日本でも統合医療の概念が入ってきつつありますが、インドのトップクラスのアーユルヴェーダドクターも、アーユルヴェーダに固執した考えが全く無く、その柔軟で聡明な態度に感心させられました。

他に、紹介されていたアーユルヴェーダの理論に対しては、ちょっと複雑な印象を受けました。
アロエとかゴーヤとか、身近な食材も紹介されていましたけどね。
しかし、ヨーガとアーユルヴェーダはコインの表と裏に例えられるほど密接な関係にあるということなので、また機会があれば勉強したいと思います^^

(写真は先日通りがかりの花壇に咲いていた、かわいいお花です)

sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2009-09-10 11:19 | アーユルヴェーダ