Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
2017年 10月 28日 ( 1 )
私たちの本質は、輝く光
a0118928_14265777.jpg

昨日から読み始めていた五井昌久著『霊性の開発』を、読み終えました。
内容もさることながら、最近感じていた自分の感覚と、本書で書かれている文章の語感が、驚くほどフィットするのです。

例えば、本文に「神仏と人間とが、光一筋のもの、一体のものである」とありますが、この ”光一筋” という表現、これは今私がまさに感じていた感覚でした。
今の自宅は近所に神社がたくさんあり、毎朝必ずどこかの神社に参るのですが、本堂の前であいさつをすると、天から一筋の光がまっすぐ降りてきて、頭頂から入ってくるのです。
それはそれは明るく、清らかで颯爽とした光です。

そして、その光を、ヨーガやカウンセリングにいらっしゃる方に、流すようにしています。
私がそのように考えてやっている訳ではなく、何かそのような意図が生じてくるのです。
こちらから何も言わなくても、気感の鋭い方は太陽のような明るさや、熱感を感じ取ってくださいます。
そういうことも、この本に書いてあったのですね。
「世界人類を平和にする、光明の波を、この世の中に放送」する、という表現で書かれていました。

また、「愛が満ち満ちる」という表現も、私が感じている愛の感覚とぴったりです。
この世界の本質は愛であり、愛がいたるところに遍満している。
愛が足りないと思うのは、その無条件の愛に対して、心を閉ざしているだけなのだと思うのです。

そして、霊性が開発されていくことによって、次のようなことが生じてくると書かれています。

・現れてくる悪や不幸にとらわれなくなってくる。
・怒りや妬みや、焦りの思いがへってくる。
・自分自身の存在価値を、いつの間にか、強く認識している。
・自分自身の生活が悪くなりっこない、という確信がついてくる。
・本心(自分の本性)と業想念(自我による移ろいゆく情感)の区別がはっきりついてくる。

これらはすべて、自分の変化として実感していたことでした。

まるで、”それでいいですよ、その道を進んでいきなさい”と、言ってもらっているようでした。
とても不思議ですが、私を導いてくれる人格のようなものをはっきり感じました。
面白いですね^^





さて、今日は本当は、鹿児島に行く予定だったのですが、あいにくの台風でキャンセル。
こんな光を放つ人のところへ、行く予定にしていたのですが・・・。
a0118928_23192131.jpg

この光の主は、ある医院の先生です。
とてもまぶしい閃光を放っていて、時々その光で先生の姿が見えなくなってしまうのです。
先日ご本人にこの絵をお渡ししたところとても喜んでくださり、院長室に飾って毎日見てくださっているそうで、なんとも光栄です。

このように、私には、精神の高みに達している人が、それぞれいろいろな様相の光を発しているように見えます。
ですが、一度だけ、自分の意識状態がとても精妙になった時に見えた光景は、圧巻でした。
周りにいる人たちがひとり残らず、清らかな光を発しているのが見えたのです。
驚いて目をこすり、何度も瞬きしたのですが、同じでした。

私たちの本質はきっと、輝く光そのものなのではないでしょうか。
誰の内にも聖なる神性が宿っているのですから、絶えずそこに意識を合わせ、光を見出す。
私はこれから、自分の通常の意識状態をそこまで高めていきたいと思っています。



愛と感謝をこめて


(写真は徒歩5分のところにある椎尾神社。
男性性を感じさせる、とてもエネルギッシュな光が降りてきます。)



[PR]
by ramram-yoga | 2017-10-28 15:27 | ことば・メッセージ