Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
美しさの背後に
a0118928_23414092.jpg今日は神戸のインド料理屋さんで、ヨーガ仲間との忘年会がありました。
楽しい時間のあと、みんなで近くの神戸ルミナリエへ。
美しいイルミネーションに、時間を忘れて見入っていました。

光にはきっと、人を魅了する特別な何かがあるんですね。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

その他にも、たとえば花を見たとき。
空を見上げたとき。
月を見たとき。
それらを美しいと感じさせているものは何なのだろう、と思います。


すこしでもよろこびのあるところにはかならず、
たとえもっとも官能的なものの中であっても、
そこには主おんみずからであるところの、
かの不滅の至福のひらめきがある


これは、最近読んだ本の中に書いてあった言葉で、とても素敵だなと思いました。

何かを美しいと感じたり、魅了されたりしたとき、私たちを実際に惹きつけているのは、ある形に配列された一にぎりの物質分子、なのではない。
それらの物質分子の背後にある、何か大いなる計らい、それに魅了されひきつけられているのである。

ある時、美しい花を見て思わず我を忘れ、その花とこのままひとつになってしまいたい、と思ったことがありました。
そのことを先生に話すと、先生は私に、その気持ちをしっかりと客観視するように、とアドバイスをくださいました。
そして「またひとつになっていくんだよ」と、にこにこしながらおっしゃいました。

すべての、この世の小さな利己的なしがみつきから、自分をおはなしなさい。
人間を、あなたのすべての人間的およびもっと高い関心事の中心、と見てはいけません。
一人の目撃者として、まなぶものとして立ち、自然の現象を観察なさい。
単に目撃者として、またまなぶ者としてそれのそとがわにいるときには、そこに、神が愛としてみずからをあらわしておられる数百万の通路を、見ることができるでしょう。


スワミ・ヴィヴェーカナンダ「バクティ・ヨーガ」より


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2009-12-12 00:45 | ことば・メッセージ | Comments(4)
Commented by みどり at 2009-12-13 21:38 x
>それらの物質分子の背後にある、何か大いなる計らい、それに魅了されひきつけられているのである

まさに、そう!私も最近よく思います。
目で見たり、耳で聞いたり、肌で感じたりできるものの
もっと奥深くにあるものの存在。
決して、離れてはいなくて、そのものとして現われているんだけど、
五感では捉えられない大いなるものの存在。


>一人の目撃者として、まなぶものとして立ち、自然の現象を観察なさい。
単に目撃者として、またまなぶ者としてそれのそとがわにいるときには、そこに、神が愛としてみずからをあらわしておられる数百万の通路を、見ることができるでしょう。

自分の考えや行いが、つい、自分の好き嫌いや、利己的なものであることあります。
自分の欲深さに反省しつつも、その感情に巻き込まれてしまうとき、
もっと客観的に、見られたらいいな、と思います。
ただ、その現象を観察する。
そこに、神の愛を見る。
とても深い言葉ですね。

新たな気づきをありがとう♪^^
Commented by sachie at 2009-12-14 20:48 x
みどりさんへ♪

今日は、メールどうもありがとう!
そして、、みどりさんも同じことを感じていたんだね^^
みどりさんのブログを見て、私も「そうそう!」って思っていまいた。
ほんと、深い言葉ですよね。
最近、YICテキストのスワミ・ヴィヴェーカナンダシリーズを読み返しています。
文章の表現が、素敵ですよね。
木曜日、楽しみにしています♪
Commented by heaven at 2009-12-15 13:12 x
深いことばですね~

それと自分の心が沈んでいたり、恨みややっかみで一杯の時は、美しいものでさえ目に入ってこない。

最近僕の母が何を見ても「きれいやね~」とか子供を見ると「かわいいね~」とかうれしそうに言います。
アルツハイマーになってから母は変わりました。
以前の母は「あの子ぶっさいくやね~」ってしょっちゅう言ってましたから。
なにが母をかえたんだろうと思います。

たぶん母が昔のつらかったこといやだったこと傷ついたことをみな忘れてしまったからでしょうね。
純真な心にはなんでも美しく見えるのですね。。

Commented by sachie at 2009-12-15 19:15 x
heavenさんへ

お母様とは、ちょうど1年前に教会でお会いしましたよね。
にこにことても穏やかな笑顔をされていたのを思い出します。
そして、お母様に接しているうめさんの姿もとても印象に残っています。
とても真摯にお母様と向き合っておられるのだなぁと思いました。

純真なのはきっと、お母様の中に純真さを見出すことのできる、うめさんの心なんですね^^
<< ラージャ・ヨーガ 本能的性質の克服 心の集中 >>