Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
好意的な世界の中に私たちは生きている
a0118928_22581919.jpg
この世のどんなものでも
有害なものは一つとしてありません。
あなた方は敵意に満ちた世界に
住んでいるわけではないのです。

実は、あなた方を完全なる存在へと成長させ、
助力してくれるためにこれらの物事は存在しており、
その真っただ中に、
あなたは存在せしめられているのです。 

   スワミ・チダナンダ著「真理への解放」より




大好きな文章です。

この世界観、素敵だと思いませんか。

私はこの文章を読んで、小学校低学年だった頃のことを思い出しました。
その日は学校に体操服を持っていかなければならなかったのに、学校についてから体操服を忘れていることに気づきました。
気づいた瞬間、下腹のあたりがドーンと重たくなり、足がすくんで、冷や汗が出てきました。
・・・忘れ物をしたときだけではなく、何か失敗をしてしまった時、いつもその体の感覚がやって来ました。
失敗を極度に恐れ、失敗しないように細心の注意を払っていた私。
しかしどうしてもなくならずたびたびしてしまう失敗によって、その都度自分が苦しめられ責められているように感じていました。
何もなくても、次にいつ悪いことが起きるのかといつもびくびくしていた、まさにその頃世界は私に対して敵意を持っているように感じられていました。

今思えば無知な、幼い世界観でした。
しかし、実際は大学生になり、社会人になっても、その幼い世界観を終わらせてはいませんでした。
いつも、また何か悪いことが起きるのではないかと、びくびくしていました。
そして失敗すると、あの幼い頃の冷や汗が出る感覚がよみがえってくるのです。
あぁ、やっぱりまた悪いことが起こった。
やっぱり、やっぱり・・・。
そんな風にして、失敗と自責を結びつけ繰り返し繰り返し自分に刷り込んでいきました。
例えばどこかで頭を打つと、どこからともなく声が聞こえてくるような気がしていました。
「調子に乗ってんじゃないよ」って。
今思うと、自分自身が自分に暗示をかけるようにして言ってたんですね。

今なら、よくわかります。
自分のコンプレックスや劣等感によって、見る世界をずいぶん歪めていたことが。
今ではどこかで頭を打っても、もう以前のように声は聞こえてきません。

チダナンダ大師様は、次のように続けておられます。

 こうして万物はあなた方を助けんと欲しており、
 あらゆる物事はあなた方の成長のための一部にもなっているのです。
 
 ですからもし私たちがこの事実を見て取ることができさえすれば、
 私たちが朝から夜寝るまでに出会う、
 私たちの成長を助ける個々のものすべての役立て方を考えてゆくことが、
 本当にワクワクするような生涯にわたる学習となるはずなのです。
 こうした役立て方の探求には、
 決して終わりということがありません。・・・



こんな物事の捉え方ができるようになるために、
無知や傲慢さを少しでも解放していくことができますように・・・。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2009-09-29 21:50 | ことば・メッセージ | Comments(0)
<< アスロン芦屋ジムにて、ヨーガセ... 目に映るものは・・・ >>