Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
スイッチ・オンの生き方
―人間の全遺伝子情報(ゲノム)の差は、ノーベル賞をもらう天才と普通の人を比べると、わずか0.5%の差しかありません。
 遺伝子(ゲノム)のレベルでみれば、人間は99.5%同じだということです。―
                           本文より

a0118928_16522490.jpg遺伝子工学で世界をリードする研究者の一人であり、筑波大学名誉教授の村上和雄さんの書かれた著書です。
村上さんの50年にわたる遺伝子研究の総決算書でもある著書だけあって、内容は濃く、しかしシンプルかつ誰にでもわかるやさしい言葉で書かれています。

最近、心の持ち方が身体に大きく影響するとより強く感じるようになったのは、この本を読んだのがきっかけでした。

村上さんによると、遺伝子には“オン”の状態と“オフ”の状態があるのだそうです。
そして、人間のような高等な動物の遺伝子は、ほとんどが“オフ”の状態で眠っているのだそうです。
なので、自分が「ここまで」と思っている限界は決して限界ではなく、それどころか、頭で考えて「こんなことはダメだろう」と思うようなことも可能にする能力を、私たちの遺伝子は持っているのだそうです。

では、どうすれば眠っている遺伝子を“オン”にして、最大限の力を発揮することができるのか?
その一番キーになることは、私たちの心のありようなのだそうです。

a0118928_16555293.jpg明るい・前向き・笑顔

といったポジティブな心が、無限の可能性を秘めた遺伝子のスイッチをオンにしてくれるのだそうです。

そして自分で限界を決めてしまわず、決してあきらめないこと。
大切なことだって思ってはいるけれど、科学者から言われると、また説得力がありますね^^

さぁ今日も、笑顔で過ごそう。
そして、つらいことや苦しいことがあっても、笑顔を忘れずにいたいな。



(写真は、先日の夕空です。しばらく見とれてしまいました。)

sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2009-09-03 16:53 | | Comments(2)
Commented by yokko at 2009-09-07 13:55 x
娘の昼寝中に、また遊びに来ました。
共感できる内容の日記に思わずコメントを!
以前、私が働いていた院内保育所のドクターも、
笑顔でいることは健康につながる!と言ってました。
私も、ついつい後ろ向きになったり、笑顔を忘れがちな人間なので、
前向きに歩みたいなぁ…そう思います。(^-^)

Commented by sachie at 2009-09-07 20:24 x
yokkoさんへ♪
共感してもらえて嬉しいです^^
私はyokkoさんに初めて会ったとき、「すごく素敵な人だなぁ」と思ったのをよく覚えています。
やわらかく優しい笑顔に、だんな様をはじめたくさんの人がほっと癒されていると思います♪
私もついつい険しい顔になっているときがあると思います(汗)
笑顔を忘れずに、いたいですよね^^
<< 月の光 富士山でヨーガ >>