Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
チベットわが祖国
「チベットわが祖国」 ダライ・ラマ著

先日、チベットに行かれた知人に紹介してもらい、今深い感動と共に読んでいる本です。

チベットに強烈に惹かれていた学生時代、来日されたダライ・ラマ14世の講演会に運よく当選し、聴きに行ったことがあります。

実際にお会いしたダライ・ラマ法王は近寄り難さなど全く感じさせず、おちゃめで人懐っこくて、そしてその存在だけで、こちらの心も温かいもので満たされるような、愛にみちた雰囲気を持っておられる方でした。

この本は生い立ちから即位、そして中国からの侵略、亡命と様々な出来事の中を生きてこられたダライ・ラマ14世ご自身の自叙伝として書かれています。

a0118928_22592667.jpg

ダライ・ラマ法王の亡命について、実はあまり詳しく知りませんでした。
弾圧を仕掛けてくる中国側、そして苦しみにあえぐチベットの人々との間に立って、葛藤し苦渋の決断を迫られながら、いかにして平和への道を探し出されていったのか、初めて知りました。

本を読んでいるうちに、自分の心がだんだんと静かになっていくのを感じていました。
法王のもっておられる静けさかが、文章から伝わってきたからでしょうか。

淡々とした文章の中に、チベットの人々の崇高な民族性、チベットの自然の美しさなど、祖国に対する愛情を感じます。
そして、弾圧をしてくる中国の人々にも哀れみと理解をもって対することのできる、民族の境を越えた、生死の境をも越えたような深い洞察力。

今日読み始めましたが、明日には読み終わってしまいそうです。


sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2009-07-22 23:22 | | Comments(2)
Commented by bao at 2009-08-03 15:24 x
毎日あついねぇ~
昨日、うちの家の近くで手作り市がやってて、そこに備前で農業やってる人がお店だしてたんだけど、なんとスローライフネットワークの人やった。さっちのことも覚えてはったよ!井上さんってかた。

ダライラマは私も少年のような人笑顔をもってるから、大好き!
その本もしよかったら、今度かしてほしいな。
Commented by sachie at 2009-08-03 22:53 x
手作り市、行ったんだね^^
まさきがライブ出演していたのでは?
井上さん・・顔を見たら絶対思い出すと思うけど。
とにかくあの集まりは個性的で素敵な人が多かったな♪

うんうん、もちろん本貸すよ。
すっごくいいよ^^
<< 歯を磨くように・・・ 奇跡の脳 >>