Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
情報の進化と”無”の概念
a0118928_19504768.jpg


先々週から、京都大学の広井先生の「現代社会論演習」の講義の聴講をさせていただいています。
現代において死生観というものを突き詰めて考える時、社会的な視点無しには本当の意味で扱うことができないと先生に教えていただき、新たな世界が開けつつあります。

今回は、生物が進化していく上で情報処理がどのような進化を遂げてきたか、ということが話題の一つとなりました。
進化の過程において、両生類のあたりまでは遺伝情報のみで済んでいた情報処理が、哺乳類以上になると脳情報を必要とするようになり、さらに現代はデジタル情報に頼るまで拡大してきている。
それでは今後はどうなるのか?
以前の記事で触れたように情報技術の拡大の方向に”離陸”するのか、それとも身体性、場所性、ローカル性といった方向に”着陸”するのか。
しかし、”離陸”すなわち情報の拡大といった、”有”をどんどん大きくしていく方向性は、もう限界にきているのではないか。
そうではなく、身体性、場所性、ローカル性といったような”着地”に向かっていくのではないか。
講義中はそういった議論になりました。

そしてそこから議論のターゲットは”無”というものについてへ展開していきました。
そもそも無とは何か。
宇宙物理学等でも最近の関心は無へと向かっていて、科学的に”無”は共通了解可能なものとなるのではないか。
一方で、”無”とは、人間の知性で把握できるものなのか。
しかし、”無”という概念を人間が作り出し、名付けた以上、人間は何か本質的に”無”というものを理解していることが前提となっているのではないか。
仏教における”無”について。

これらの議論に結論が出たわけではありません。
でも、これら”無”についての議論は、最近毎回のようにブログ記事に書いているように、私にとって今最も関心のある話題で、このことを正面切って議論し合える場に居合わせることができたことを嬉しく思いました。
そして、最近感じていた生と死に対する空虚感と恐れは、孤独感が大きくかかわっていたのかもしれないと思いました。

人間は、生きて死ぬ存在です。
死ぬことに気づいていようと、気づかないでいようと、死ぬことを受け入れていようが、全く受け入れられないでいようが、死ぬ時になったら死ぬというのが人間の宿命です。

でも。
問いがあるのなら、わかったふりをせずに、ごまかさずに、その回答を求めること。
頭でのみの理解では、わかったことになっていない。
自分が心の底から納得し、体得するまで、その問いをやめないこと。
そして、必ず回答が得られると、信じて疑わないこと。

なぜそう思うかというと、率直に問い始めた時から、どんどんと新しく世界が開けていくからです。
まるで何かが導いてくれているかのようです。


(写真は、大学構内から見上げた今日の空です。)





[PR]
by ramram-yoga | 2017-05-17 20:19 | 社会的視点
<< ただ、あらわれている 禅病 >>