Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
聴くということ
a0118928_15480530.jpg

相手の人に見えるイメージを題材にして相手の人とやりとりをすると、やりとりというものが普段の会話と質が違ってくる、というようなことを、最近鍼灸でお世話になっているくつろかの院長さんに話したら、「それって、本来の意味の会話なんちゃう?」と言われました。
「会話」はもともと「会和」という漢字だったらしく、ただ言葉でのやりとりというより、”和”のための交流のような意味合いが、会話にはあったのだということでした。

確かに、イメージというものは相手側に固定しているものではなく、必ず見る側の存在があって成立していて、相手だけでも私だけでも成り立たつことのない、まさに関係性の中で生じてくる現象であるわけです。
そして、そのイメージは驚くほど、その時のその人との間で、溶け込むようにマッチしているのですね。
もうちょっと、この自分と相手との間に立ち現れてくる光景(イメージ)と、じっくり付き合ってみたいと思っています。

昨日は釈撤宗著「死では終わらない物語について書こうと思う」という本を読んでいました。
そこには、過去に様々な信仰修行を行ってきた人がどのように死に、死の前にどのような言葉を口にしたか、ということについて、バラエティ豊かに記されていて、とても面白かったです。

その中で著者が最後に書いていてことが、印象に残りました。
死に対する問いや、恐怖に対して対応できるのは、物語(ナラティブ)なのである、と。
なぜなら、「なぜ生きているのか」「死んだらどうなるのか」という問い自体が事実そのものではなく、生きて死ぬという事実に意味づけを加えようとする物語の中で生まれてくるものなのですから。

そのようなことを前提として、人の苦しみとは何なのか、ということをもう一度考えてみると、これはもう、疑いようもなく、物語の中で生じてきているものなのだ、ということが分かります。
その意味では、肉体上の健康とか病気等と、苦しみとは、あまり関係していないのではないでしょうか。
たとえ病気でも、その人の苦悩を、究極的に受け入れ、寄り添ってくれる存在がいるとすれば、それはその人は、もう苦しみの中にいないのではないでしょうか。
反対に、健康であっても、孤独感にさいなまれ、絶望している状態は、苦しみそのものです。

それでは、苦しんでいる人の前で、私に何ができるのか。
それは、聴くことなのだと思います。
ただ、言葉を耳でとらえるのではなく、その人全身から発せられるものを、こちらも全身で聴く。
その人と私との間に、一回限りで立ち現れてくる言葉は、まさに一期一会です。

本当の意味で”聴く”ことができた時、セラピスト側にクライアントを治そうとする意識が生じなくなり、セラピストはクライアントの中に完全性を見ることができるようになるのではないかと思います。
そしてその時に初めて、クライアントはセラピストを鏡のようにして自分自身を見ることができ、本当の意味で自立していくことができるのではないか。
そんな風に感じている、今日このごろです。






[PR]
by ramram-yoga | 2017-07-10 15:53 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
<< もうひとつの顔 いろいろなからだ >>