Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
相手を知ることは、自分を知ること
a0118928_09183535.jpg
昨年の春に大学院を卒業し、本格的にカウンセリングの勉強を始めています。
カウンセリングをしていてつくづく思うのは、自分が達していない境地には相手を導くことができないということ。
自分にとって大きな気づきがあった時に、患者さんにも同じ気づきが起こるということもあります。
理性よりもっと深いいのちの部分で、共鳴のような現象が起きる。
そういう意味では、ごまかしのきかない世界だと思います。

思い返してみると、私はずっと以前からこの仕事をしたいと思っていたのだと思います。
ただ、高校・大学時代に進路を決めようとするときには、まだ私には覚悟ができていませんでした。
人の心と真剣に対峙していき、そうすることで自分自身の運命までも変わっていく、ということに対しての覚悟です。

カウンセリングの実際の指導を受けるようになってから半年あまりが経とうとしていますが、カウンセリングでどうしても躓いてしまう私独特のパターンが、見えてきました。
誰に対するカウンセリングでも、ある地点から深まっていかないのです。
周辺ばかりに話が広がって、問題の核心に突っ込んでいくことができない。
私自身にはその自覚が無く、まるでベールに阻まれてその奥に何があるのかがよく見えないという感覚がありました。
でも、指導を受けながらその問題を少しずつ掘り下げていくと、自分自身の問題が見えてきた瞬間がありました。
それは、核心に触れることで、相手が傷つき苦しむことへの恐れでした。

その恐れにはっきりと気づいた時、同時に、自分自身が傷つくことを恐れていることに気付きました。
傷つけることへの恐れは結果としての現れであって、その根本に傷つくことを回避し、自己保身しようとしている自分がいたのです。
これに気付いた時は、愕然としました。
結局私は、自分のことしか考えていないじゃないか、と。
心理士には専門職として自己理解を深めていく“教育分析”を受けるシステムがあるのですが、その教育分析の当面のテーマとなりそうです。

指導を受けている先生から言われた言葉が、胸深くに響きました。
「相手が自分の目の前で苦しんでいるのを、ちゃんと見ていられるか?」

そして、この言葉も。
「どんどん傷つけばいい。
 本当は何も傷ついていないんだから。」
傷ついていると思っているのは私のちいさな我であって、本当の自分(真我)は誰にも傷つけることができない。

相手を知ることは、自分を知ること。
自己理解が深まるほど、相手への理解が深まる。
相手に対して、自分に対して、今年も真摯に向き合っていきたいと思わせてくれた気づきでした。



(写真は先日、息子のボーイスカウト活動で中山寺奥の院へ初詣に行った時の道中です)







[PR]
by ramram-yoga | 2017-01-24 09:17 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
<< 12・1・2月の読書本 あけましておめでとうございます >>